154件中 61 - 70件表示
  • 1996年日本グランプリ (4輪)

    1996年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ウィリアムズに所属するデイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴ両名によるドライバーズチャンピオン争いは、ヒルが9ポイントリードして最終戦を迎えた。ヴィルヌーヴが逆転チャンピオンとなるには優勝(10ポイント)かつヒルが無得点以外に無かった。ヴィルヌーヴが優勝しヒルが6位(1ポイント)の場合、合計88ポイントで並ぶが、優勝回数の差(ヒル7勝、ヴィルヌーヴ5勝)でヒルがチャンピオンとなる。ヒルはすでにウィリアムズ離脱が決定しており、悲願のタイトルまであと1ポイントという状況で日本GPを迎えた。1996年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • スーパーF1サーカス

    スーパーF1サーカスから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ブラバムのドライバーはNo.1にジョバンナ・アマティ、No.2にエリック・ヴァン・デ・ポールだったが、リミテッド版ではNo.1にヴァン・デ・ポール、No.2にデイモン・ヒルに変更。スーパーF1サーカス フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンセンツォ・ソスピリ

    ヴィンセンツォ・ソスピリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1991年は国際F3000にフル参戦。デイモン・ヒルのチームメイトとして、ローラ・T91/50で戦ったが、戦闘力に欠けるマシンではシーズン9ポイントを獲得するのがやっとで、ホッケンハイムリンクでの2位が最高位であった。1992年はイタリアF3選手権にステップダウン。ヴィンセンツォ・ソスピリ フレッシュアイペディアより)

  • 鶴 (バンド)

    鶴 (バンド)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ベース・コーラス担当。1996年のF1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルのファン。鶴 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ハンガリーグランプリ

    ハンガリーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年 - デイモン・ヒル(ウィリアムズ)がF1初優勝。父親のグラハムに続き史上初の親子2代ウィナーとなった。ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ヒル

    フィル・ヒルから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    同時期にF1に参戦していたグラハム・ヒルとの血縁関係はないが、同姓ということで親交はあり、グラハムの息子デイモン・ヒルは幼い頃フィル・ヒルに可愛がってもらっていたという。フィル・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • 2016年アブダビグランプリ

    2016年アブダビグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ルイス・ハミルトンが4連勝で2016年シーズンを締めくくったが、ドライバーズランキング首位のニコ・ロズベルグが2位となったため、ロズベルグが初のドライバーズチャンピオンを獲得。父のケケ・ロズベルグものドライバーズチャンピオンを獲得しており、親子2代でチャンピオンとなった(グラハム・ヒルとデイモン・ヒル以来2組目)。3位にセバスチャン・ベッテル、4位にマックス・フェルスタッペンが僅差で続いた。2016年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • コリン・マクレー

    コリン・マクレーから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    葬儀はマクレー家の強い要望により親族と友人のみで静かに営まれた。9月30日夕方にはラナークの聖ニコラス教会で関係者を招いた追悼式が行われ、続いて追悼パレードがラナークのメインストリートで行われた。沿道にはラナークの人口(約8500人)を超える21000人以上のファンが詰め掛け、通りには100台を超えるスバル・インプレッサが配置された。一連の式典にはマーチ卿ことチャールズ・ゴードン=レノックス伯爵(グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの主催者)、工藤一郎(スバルテクニカインターナショナル (STI) 社長)、デビッド・リチャーズ(プロドライブ創設者)、マルコム・ウィルソン(Mスポーツ代表)夫妻と息子のマシュー、ギィ・フレクラン(シトロエン・ラリーチーム代表)、アンドリュー・コーワン(元三菱モータースポーツ (MMSP) 監督)、デレック・リンガーとニッキー・グリスト(それぞれコリンのコ・ドライバーを勤めた)、アリ・バタネンとマーカス・グロンホルム、ディディエ・オリオールら歴代WRC世界王者、パニエラ・ワルフリッドソン(ペター・ソルベルグの妻で元ラリードライバー、都合により出られなくなったペターの代理として出席)、デイモン・ヒル(元F1ドライバー、世界王者、ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ会長)、ダリオ・フランキッティ(IRL2007年王者、スコットランド出身)などイギリス国内外の多くのモータースポーツ関係者が姿を見せ、また日本GPに参戦していたデビッド・クルサードは日本からビデオでメッセージを寄せた。コリン・マクレー フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のF1世界選手権

    1994年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ベネトンのミハエル・シューマッハが、ウィリアムズのデイモン・ヒルとの争いを制してチャンピオンに輝いた。一方で、第3戦サンマリノGPにおけるアイルトン・セナと、ローランド・ラッツェンバーガーの死亡事故等、安全性の確保が課題、さらにはレギュレーションの作り方を考えさせられる年であった。1994年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアグランプリ

    イタリアグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1994年は、フェラーリのジャン・アレジがF1キャリア初のポールポジションを獲得し、2位には同僚のゲルハルト・ベルガーでフェラーリ勢がフロントローを独占した。レースは、初優勝を狙うアレジがトップを快走をしていたが、マシントラブルでリタイアした。代わってベルガーがトップとなったが、ピットストップでトラブルが生じ、優勝争いから陥落した。その後、ウィリアムズのデイモン・ヒルとデビッド・クルサードの1-2体制となったが、ファイナルラップのパラボリカ前でクルサードのマシンにトラブルが生じ、リタイア(6位完走扱い)となった。レースは、ヒルが勝ち、チャンピオン争いでリードしている(当GPから2戦出場停止中の)ミハエル・シューマッハとのポイント差を縮めた。イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

154件中 61 - 70件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード