154件中 71 - 80件表示
  • ヤルノ・トゥルーリ

    ヤルノ・トゥルーリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    2000年は、前年に引退したデイモン・ヒルが、自身の後任に強く推薦したこともあり、ジョーダンのシートを獲得。第7戦モナコGPの予選では見事2位を獲得。迎えた決勝では、トップのミハエル・シューマッハに離されながらも2位をキープしていたが、マシントラブルによりリタイアした(シューマッハもマシントラブルでリタイアしたため,初優勝のチャンスでもあった)。なおこの年、新人であり後のチームメイトとなるジェンソン・バトンとは幾度も接触事故をおこしている(ほぼすべてバトン側に非があった)。ヤルノ・トゥルーリ フレッシュアイペディアより)

  • ドニントン・パーク

    ドニントン・パークから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1993年にはF1ヨーロッパGPが開催され、マクラーレン・フォードに乗るアイルトン・セナが、当時マシンパフォーマンスに勝るウィリアムズ・ルノーに乗るアラン・プロストやデイモン・ヒルらを1周目で抜いた後、雨が降ったり止んだり霧雨になったりと不安定な天候の中、セナは安定した走りで優勝した。ドニントン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ベルギーグランプリ

    1998年ベルギーグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    その後処理が終わり、2回目のリスタート。最初のリスタートでトップを奪ったジョーダンのデイモン・ヒルが堅実にトップを死守する。しかし7周目には、フェラーリのミハエル・シューマッハがバスストップシケインでヒルを抜いてトップに立った。1998年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・グランプリ

    プロスト・グランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ロイック・ビゴワ作のAP01は見栄えこそ良かったものの、グルーブドタイヤへの対応に失敗し、成績は全くの期待はずれであった。パニスもトゥルーリも下位を走るのが精一杯で、入賞はベルギーGPでのトゥルーリの6位1回のみ。それもトップから2周遅れだった上、優勝したのは皮肉にもエンジンを交換する形となったジョーダン・無限のデイモン・ヒルであった。パニスはF1デビュー以来初のノーポイントに終わる。コンストラクターズランキングは9位。失意のシーズンであった。プロスト・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ヨアキム・ボニエ

    ヨアキム・ボニエから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    BRM時代に同僚だったグラハム・ヒルの息子、デイモンの命名者。ヨアキム・ボニエ フレッシュアイペディアより)

  • 日本グランプリ (4輪)

    日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    激しい雨のため赤旗中断となり、2ヒート合計タイムで最終順位が決まった。ベネトンのミハエル・シューマッハとウィリアムズのデイモン・ヒルとのチャンピオン争いは、ヒルが粘りの走りでタイムレースを制し、タイトル決定を最終戦へ持ち越した。日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1993年日本グランプリ (4輪)

    1993年日本グランプリ (4輪)から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ミハエル・シューマッハはマクラーレン勢に次ぐ4位。一時トップタイムを記録したゲルハルト・ベルガーが5位。デイモン・ヒルはアタック中にスピンして6位。アーバインは走り慣れた鈴鹿でチームメイトのルーベンス・バリチェロのタイムを上回り、8位という好位置からのスタートとなる。鈴木亜久里は9位、片山右京は13位、鈴木利男は23位となった。1993年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1996年モナコグランプリ

    1996年モナコグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    予選ではデイモン・ヒルが暫定トップタイムを記録し、ポールポジションが確実と思われた。しかし、セッション終了間際にラストアタックに入ったミハエル・シューマッハが、最終区間(セクター3)でタイムを縮めてヒルを0.5秒上回り、ポールポジションの座を奪い取った。シューマッハはサンマリノGPに続いて2戦連続のポール獲得。モナコ3連覇に向けて好位置をえた。1996年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1993年イギリスグランプリ

    1993年イギリスグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ウィリアムズ勢2台が終始激しいポールポジション争いを展開する。一時はアラン・プロストを上回り、初の母国GPポールかと思われたデイモン・ヒルであったが、土壇場でプロストが逆転でポールを奪う。1993年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4/8

    マクラーレン・MP4/8から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    コンストラクターズ選手権ではウィリアムズに2倍の得点差をつけられたが、トップチームとなりつつあったベネトンを凌いで2位となり、ドライバーズ選手権でもセナがウィリアムズのデイモン・ヒルを上回る2位となった。マクラーレン・MP4/8 フレッシュアイペディアより)

154件中 71 - 80件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード