121件中 71 - 80件表示
  • マクラーレン・MP4/8

    マクラーレン・MP4/8から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    コンストラクターズ選手権ではウィリアムズに2倍の得点差をつけられたが、フォードHBエンジンのトップチームを巡ってライバル関係だったベネトンを凌いで2位となった。ドライバーズ選手権ではセナがウィリアムズのデイモン・ヒルを上回る2位となった。マクラーレン・MP4/8 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW18

    ウィリアムズ・FW18から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバーはデイモン・ヒルとマクラーレンへ移籍したデビッド・クルサードの後任として新人ジャック・ヴィルヌーヴを起用。1995年インディカーのチャンピオンであるヴィルヌーヴはルーキーながら驚異的とも言える活躍を見せる。結果的にチームメイト同士のタイトル争いとなり,最終戦までもつれ込んだが,ヒルがチャンピオンに輝き,ヴィルヌーヴのルーキーチャンピオンの夢は叶わなかったが,デビューイヤーに4勝・ドライバーズランキング2位という成績は2009年の時点で最高位タイ(2007年のルイス・ハミルトンと並ぶ)である。ウィリアムズ・FW18 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW19

    ウィリアムズ・FW19から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ドライバー陣は、昨年から残留のジャック・ヴィルヌーヴとチャンピオンに輝きながらも解雇されたデイモン・ヒルの後任としてハインツ=ハラルド・フレンツェンが加入、若手2人でのダブルタイトル防衛に臨むこととなった。ウィリアムズ・FW19 フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ・A19

    アロウズ・A19から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    アロウズ・A19は、アロウズが1998年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、ジョン・バーナードが設計した。チーム2年目のペドロ・ディニスと、ジョーダンに移籍したデイモン・ヒルに代わってティレルから移籍してきたミカ・サロがドライブした。アロウズ・A19 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンセンツォ・ソスピリ

    ヴィンセンツォ・ソスピリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ソスピリは15歳のときにイタリアの100ccカート選手権でレース生活を始める。長い間カートでの競争を続け、1987年にカート世界チャンピオンとなる。その後フォーミュラ・フォードにステップアップし、イギリスFF1600で10戦6勝を挙げると、一躍注目される。しかし翌1989年にF3に挑戦も失敗。1990年はフォーミュラ・ボグソール・ロータスに転向、ルーベンス・バリチェロとタイトルを争う。同年国際フォーミュラ3000にスポット参戦した後、1991年にはフル参戦する。デイモン・ヒルのチームメイトとして、ローラ・T91/50で戦ったが、戦闘力に欠けるマシンではシーズン9ポイントを獲得するのがやっとであった。この年はホッケンハイムリンクでの2位が最高位であった。1992年はイタリアF3選手権にステップダウンし、1993年に再びF3000に参戦する。今回はミトス・レーシングでレイナード・93Dを使用した。翌年にはスーパーノヴァ・レーシングに移籍、井上隆智穂と共に参戦した。優勝こそ無かったものの、選手権を争った。翌95年も同チームから参戦、この年は3勝を挙げ、チームメイトのリカルド・ロセットと共にシーズンを支配、92年のルカ・バドエル以来のイタリア人チャンピオンに輝く。ヴィンセンツォ・ソスピリ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・フォード

    フォーミュラ・フォードから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    このカテゴリーを経てF1などのトップフォーミュラで活躍しているドライバーも多く、F1チャンピオン経験者としては、アイルトン・セナやナイジェル・マンセル、デイモン・ヒル、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトンなどがこのカテゴリーからフォーミュラのキャリアを開始している。フォーミュラ・フォード フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ

    アロウズから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1997年には、前年にウィリアムズでチャンピオンになったデイモン・ヒルを獲得し、A18はカーナンバー"1"を纏った。エンジンはヤマハ、タイヤはブリヂストンと奇しくも日本関連の陣容となった。開幕当初はヒルをもってしても苦戦が続いていたが、ハンガリーGPで快走を見せ、ファイナルラップ途中でマシントラブルによりジャック・ヴィルヌーヴに抜かれるまではトップを独走していた(最終的には2位でフィニッシュ)。アロウズ フレッシュアイペディアより)

  • ガムボール3000

    ガムボール3000から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    第三回は四月に開催された。106台の車が参加し、その中にはF1元世界王者のデイモン・ヒルなどもいた。優勝したのはメルセデス・ブラバスSV12を使用したキム・シュミッツ。ルートはロンドンを出発し、ライプツィヒ、ベルリン、マルボルク(ポーランド)、ビリニュス(リトアニア)、サンクトペテルブルク、ヘルシンキ、ストックホルム、コペンハーゲンを経てロンドンに戻ってくるものだった。ガムボール3000 フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ディニス

    ペドロ・ディニスから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1997年、アロウズに移籍し、前年度のワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルとコンビを組んだ。この年は、ディニスにとっての転機となった。ドライバーズサーキットとして知られるスパ・フランコルシャンサーキットで開催されたベルギーGPを始め、何度か予選でヒルを上回ることに成功した。これにより、周囲からの評価を高めた。ディニス自身、後にこのシーズンを回想し、「ドライバーとしてヒルから学んだことは多かった」と成長の契機となったことを認め、ヒルに感謝の言葉を述べている。ペドロ・ディニス フレッシュアイペディアより)

  • デレック・ワーウィック

    デレック・ワーウィックから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    2011年8月25日に開かれたブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)の年次総会で会長に選ばれた。ワーウィクはデイモン・ヒルの後を継いでの会長就任は重責だと語ったが、BRDCが所有するシルバーストーン・サーキットのさらなる開発という差し迫った難題に取り組むことを楽しみにしているとも述べている。デレック・ワーウィック フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード