121件中 81 - 90件表示
  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    キャメルの撤退に伴い、メインスポンサーとして日本たばこ産業と契約。銘柄もマイルドセブンに変わり、チーム名も「マイルドセブン・ベネトンフォーミュラ」となった。前年までのフォードHBエンジンから、同じV8ではあっても全くの新設計のZETEC-Rエンジンを搭載したB194を投入、セナを獲得したウィリアムズ・ルノーに挑んだ。シューマッハは開幕2戦で完全にセナを凌駕し2連勝。セナの死後も優勝を重ねるが、イギリスGPではフォーメーションラップでシューマッハがデイモン・ヒルを追い越し5秒のペナルティストップが課せられ黒旗掲示されるが、レース終了後の5秒加算ペナルティと判断したチームは、すぐにはシューマッハをピットインさせなかった。シューマッハは2位でゴールしたが、規定の周回数以内にペナルティストップを行わなかったことが黒旗無視とみなされ失格とされ、2レースの出場停止処分が課された(ペナルティはベルギーGP後に実施された)。翌ドイツGPではヨス・フェルスタッペンの再給油中に、給油口から漏れ出したガソリンが高温のエキゾーストパイプにかかり出火したが、ドライバー、メカニックとも軽傷で済んだ。この火災の原因は、チームが給油口を改造した事が原因とされているが、処分は不問になった。ベルギーGPではシューマッハは先頭でゴールしたがレース後の車検でマシンの規定違反(ステップド・ボトムが規定以上に削られていた)で失格処分を受けた。ベネトンはこの処分に対し、レース中にスピンして縁石を乗り越えた際に削られたものだと主張した(不可抗力で削られた場合は規定以上に削られていても認められる)が、処分は覆らなかった。それでもシューマッハはヒルを振り切りドイツ人初のドライバーズチャンピオンを獲得した。もう1人のドライバーについてはミケーレ・アルボレートとのシート争奪戦を制したJ.J.レートが起用されるも開幕前のテストでクラッシュし、テストドライバーのヨス・フェルスタッペンが開幕2戦でドライブ。第3戦でレートが復帰するも成績不振でフェルスタッペンと代わられる。シューマッハの出場停止時に再びレートにチャンスが与えられるが結果を残せず結局シーズン途中で解雇。フェルスタッペンもシューマッハには遠く及ばず最終2戦はリジェから出向の形でジョニー・ハーバートが加入。コンストラクターズ獲得のための切札とも言われたが決勝ではトラブルもありポイントは獲得できず。結局セカンドドライバーが活躍できずコンストラクターズではウィリアムズに逆転で敗れ2位に終わるも、ベネトンとしては最上位を獲得した。なお、シューマッハは2年契約で残留を決めるも度重なるチームを廻るスキャンダルに嫌気がさしたか、契約年数を1995年までの1年に短縮している。またシーズン中に片山右京とも交渉をしていたがスポンサーの問題から合意には至らなかった。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・ニューウェイ

    エイドリアン・ニューウェイから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1992年に投入したFW14Bは、FW14にアクティブサスペンション(商標登録上「リアクティブ・サスペンション」と呼ばれた)とトラクションコントロールシステムを搭載した、マイナーチェンジのマシンであったが、車高を任意の状態で維持することが可能となった。全16戦中10勝、ポールポジションを15回獲得し、マンセルは初のワールドチャンピオンを獲得し、ウィリアムズは1987年以来のコンストラクターズタイトルを手にした。ニューウェイが手掛けたマシンがタイトルを獲得したのもこの年が初である。1993年にはFW15Cを駆るアラン・プロストとデイモン・ヒルによって2度目の両タイトルを得た。エイドリアン・ニューウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム・BT60

    ブラバム・BT60から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    開幕時のドライバーはエリック・ヴァン・デ・ポールとジョバンナ・アマティ。アマティは史上5人目の女性F1ドライバーであったが、予選通過もできず、資金持ち込みも行えなかったことで解雇された。第4戦スペインGP以降は、ルーキーで後に世界チャンピオンとなるデイモン・ヒルがドライブすることとなった。ブラバム・BT60 フレッシュアイペディアより)

  • 107%ルール

    107%ルールから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1999年のオーストラリアGPでは、ミナルディのマルク・ジェネが107%ルールをクリアすることができなかったが、フリー走行時の走行制限があった事と超過が107.242%と軽微なものであったため、レーススチュワードが決勝に参加することを認めた。フランスGPではデイモン・ヒル、マルク・ジェネ、ルカ・バドエル、ペドロ・デ・ラ・ロサ、高木虎之介が107%ルールに該当したが、ドライウェットな状況で予選出走の順番によって著しく予選結果が混乱するような状況であったことから決勝レース出場が許された。この年は107%ルールをクリアできなかったすべてのドライバーが決勝参加が許されている。107%ルール フレッシュアイペディアより)

  • ゲルハルト・ベルガー

    ゲルハルト・ベルガーから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ベネトンへ10年ぶりに復帰した1996年は、「シューマッハ・スペシャル」と呼ばれるマシン特性に苦労し、シーズン序盤から調子が上がらなかった。そんな中第11戦ドイツGPは、この年ベストグリッドとなる予選2位からスタート、決勝でもスタートを決めて最終盤までレースをリードするが、残り3周というところでエンジンブローに見舞われ勝利を逃した(13位完走扱い。この時、レースを制したのは、3年前にやはり同じく残り3周というところでドイツGPを落としたことのあるデイモン・ヒルだった)。結局この年はこのレースがハイライトとなる(ランキング6位)。ゲルハルト・ベルガー フレッシュアイペディアより)

  • ゲルハルト・ベルガー

    ゲルハルト・ベルガーから見たデーモン・ヒルデイモン・ヒル

    低迷期にあえぐフェラーリに4年ぶりに復帰するが、不可解な場面で話題に挙がることの多いシーズンとなる。第6戦モナコGPでは、チームメイトのジャン・アレジを半ば突き飛ばすように強引に追い抜き、その後デーモン・ヒルにも強引な追い抜きを試みた結果、接触しリタイヤ。この際、後方にいたマイケル・アンドレッティも巻き添えでリタイヤし、ヒルもリタイヤは免れたものの大きく遅れる結果となった。第13戦イタリアGP予選では、セッション終了後にもかかわらずアタックを続けアレジと絡みかけ、避けたもののスピンを起こし大クラッシュ。第14戦ポルトガルGPでは、アクティブサスペンションのトラブルから、ピットアウト直後に突然マシンのバランスを崩し、コースを横断するかたちでクラッシュしリタイヤ(この際、あわやデレック・ワーウィックを巻き込みかけている)。ゲルハルト・ベルガー フレッシュアイペディアより)

  • コリン・マクレー

    コリン・マクレーから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    葬儀はマクレー家の強い要望により親族と友人のみで静かに営まれた。9月30日夕方にはラナークの聖ニコラス教会で関係者を招いた追悼式が行われ、続いて追悼パレードがラナークのメインストリートで行われた。沿道にはラナークの人口(約8500人)を超える21000人以上のファンが詰め掛け、通りには100台を超えるスバル・インプレッサが配置された。一連の式典にはマーチ卿ことチャールズ・ゴードン=レノックス伯爵(グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの主催者)、スバルテクニカインターナショナル(STI)社長の工藤一郎、デビッド・リチャーズ(プロドライブ創設者)、マルコム・ウィルソン(Mスポーツ代表)夫妻と息子のマシュー、ギィ・フレクラン(シトロエン・ラリーチーム代表)、アンドリュー・コーワン(元三菱モータースポーツ(MMSP)監督)、デレク・リンガーとニッキー・グリスト(それぞれコリンのコ・ドライバーを勤めた)、アリ・バタネンとマーカス・グロンホルム、ディディエ・オリオールら歴代WRC世界王者、パニエラ・ワルフリッドソン(ペター・ソルベルグの妻で元ラリードライバー。都合により出られなくなったペターの代理として出席)、デイモン・ヒル(元F1ドライバー。1996年世界王者。ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ会長)、ダリオ・フランキッティ(IRL2007年王者。スコットランド出身)などイギリス国内外の多くのモータースポーツ関係者が姿を見せ、また日本GPに参戦していたデビッド・クルサードは日本からビデオでメッセージを寄せた1。コリン・マクレー フレッシュアイペディアより)

  • チームオーダー

    チームオーダーから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    レース終盤ジョーダンのデイモン・ヒルとラルフ・シューマッハが1、2位を走行。ジョーダンにとってF1初優勝が懸かる状況で、シューマッハは自身のF1初優勝を目指してヒルを追い上げた。チームは共倒れのリスクを避けるためシューマッハにポジションキープを指示し、ワンツー勝利を達成した。表彰台で笑顔を見せるヒルの横で、シューマッハは不満げな表情を浮かべた。チームオーダー フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    1996年、1997年の王者となったデイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴは往年の名手、グラハム・ヒル、ジル・ヴィルヌーヴの息子であり、二世ドライバーの活躍はF1誕生から半世紀の歴史を象徴するものとなった。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジョバンナ・アマティ

    ジョバンナ・アマティから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    F1では久々となる女性ドライバーの参戦とあってその走りに注目が集まったが、その注目度とは裏腹に、開幕からの3戦ですべて予選落ちを喫し、また約束した資金を予定日までに入金しなかったこともあり解雇された。空いたアマティのシートには、デイモン・ヒルが座った。ジョバンナ・アマティ フレッシュアイペディアより)

121件中 81 - 90件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード