154件中 81 - 90件表示
  • ハンガロリンク

    ハンガロリンクから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    低速サーキットのハンガロリンクでは、思わぬ波乱が起こる事も多い。特にコースが改修された2003年以降は波乱が多く起こり、2002年から2008年まで毎年、ハンガリーGPの勝者は変わっている。デイモン・ヒル、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトン、ヘイキ・コバライネンとここで初優勝を挙げた者も多い。予選重視という事でポールシッター有利と思われがちであるが、これまでのハンガリーGPのポールシッターは31戦13勝であり、勝率がかなり低い。ハンガロリンク フレッシュアイペディアより)

  • 1993年ブラジルグランプリ

    1993年ブラジルグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    アラン・プロスト(ウィリアムズ)はチームメイトのデイモン・ヒルに1秒近い差をつけて2戦連続ポールポジションを獲得した。地元GPを迎えたアイルトン・セナ(マクラーレン)はミハエル・シューマッハ(ベネトン)を抑えて3番グリッドを確保したが、フォードV8エンジンのパワー不足を訴えた。1993年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    キャメルの撤退に伴い、メインスポンサーとして日本たばこ産業と契約。銘柄もマイルドセブンに変わり、チーム名も「マイルドセブン・ベネトンフォーミュラ」となった。前年までのフォードHBエンジンから、同じV8ではあっても全くの新設計のZETEC-Rエンジンを搭載したB194を投入、セナを獲得したウィリアムズ・ルノーに挑んだ。シューマッハは開幕2戦で完全にセナを凌駕し2連勝。セナの死後も優勝を重ねるが、イギリスGPではフォーメーションラップでシューマッハがデイモン・ヒルを追い越し5秒のペナルティストップが課せられ黒旗掲示されるが、レース終了後の5秒加算ペナルティと判断したチームは、すぐにはシューマッハをピットインさせなかった。シューマッハは2位でゴールしたが、規定の周回数以内にペナルティストップを行わなかったことが黒旗無視とみなされ失格とされ、2レースの出場停止処分が課された(ペナルティはベルギーGP後に実施された)。翌ドイツGPではヨス・フェルスタッペンの再給油中に、給油口から漏れ出したガソリンが高温のエキゾーストパイプにかかり出火したが、ドライバー、メカニックとも軽傷で済んだ。この火災の原因は、チームが給油口を改造した事が原因とされているが、処分は不問になった。ベルギーGPではシューマッハは先頭でゴールしたがレース後の車検でマシンの規定違反(ステップド・ボトムが規定以上に削られていた)で失格処分を受けた。ベネトンはこの処分に対し、レース中にスピンして縁石を乗り越えた際に削られたものだと主張した(不可抗力で削られた場合は規定以上に削られていても認められる)が、処分は覆らなかった。それでもシューマッハはヒルを振り切りドイツ人初のドライバーズチャンピオンを獲得した。もう1人のドライバーについてはミケーレ・アルボレートとのシート争奪戦を制したJ.J.レートが起用されるも開幕前のテストでクラッシュし、テストドライバーのヨス・フェルスタッペンが開幕2戦でドライブ。第3戦でレートが復帰するも成績不振でフェルスタッペンと代わられる。シューマッハの出場停止時に再びレートにチャンスが与えられるが結果を残せず結局シーズン途中で解雇。フェルスタッペンもシューマッハには遠く及ばず最終2戦はリジェから出向のかたちでジョニー・ハーバートが加入。コンストラクターズ獲得のための切札ともいわれたが決勝ではトラブルもありポイントは獲得できず。結局セカンドドライバーが活躍できずコンストラクターズではウィリアムズに逆転で敗れ2位に終わるも、ベネトンとしては最上位を獲得した。なお、シューマッハは2年契約で残留を決めるも度重なるチームを廻るスキャンダルに嫌気がさしたか、契約年数を1995年までの1年に短縮している。またシーズン中に片山右京とも交渉をしていたがスポンサーの問題から合意には至らなかった。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年ドイツグランプリ

    1997年ドイツグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    ベルガーは病み上がりの影響を微塵も感じさせない完璧な走りを見せポールポジションからトップでチェッカー。ファステストラップも記録する完全勝利(ハットトリック)を達成、1年前の同じグランプリで終盤デイモン・ヒル(当時ウィリアムズ)の追撃を受けながら激しいトップ争いを演じるも残り3周でエンジンブローに泣いた無念を晴らした。2位にシューマッハ、3位にはマクラーレンのミカ・ハッキネンが入った。4位にはルーキーのトゥルーリが健闘を見せ、5位にも同じくルーキーのラルフ・シューマッハ、6位にベルガーのチームメイトジャン・アレジが入賞を果たした。残り4周でマシンを降りたフィジケラは11位完走扱い。1997年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年ドイツグランプリ

    1994年ドイツグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    3位にデイモン・ヒル、4位にはシューマッハがつけた。また、ティレルの片山右京が当時の日本人の予選最高位となる5位を獲得した。1994年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年ドイツグランプリ

    1998年ドイツグランプリから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    デイモン・ヒルは1ストップ戦略を採ったが、4位に入賞しシーズン初のポイントを獲得した。ミハエルが5位、ラルフが6位に入賞した。1998年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のF1世界選手権

    1995年のF1世界選手権から見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    前年の最終戦、デイモン・ヒルとの相討ち決着で物議を醸したミハエル・シューマッハは、1992年のナイジェル・マンセルに並ぶシーズン9勝(1992年は年間16戦)を記録し、ドライバーズタイトルを連覇した。ポールポジション数ではウィリアムズ勢の12回に対しシューマッハは4回ながら、ピットストップの回数やタイミングの妙で逆転する勝ちパターンを確立。シューマッハ人気に沸く地元ドイツで開催されたドイツGPとヨーロッパGPの2レースとも勝利した。1995年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ブラバム

    ブラバムから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    その後はアマティの後釜として加入したデーモン・ヒルの名前繋がりで、デーモン小暮率いる聖飢魔IIがスポンサーに付くなど、なりふり構わぬ姿勢で参戦を継続した。しかし、日本のバブル景気の終えんで資金難に陥り、ミドルブリッジレーシングの資金も枯渇し、いよいよ深刻となった資金難に伴い、ヒルのみが参戦した(この年の開幕からドイツGPまで在籍したエリック・ヴァン・デ・ポールはハンガリーGPからフォンドメタルに移籍していた)ハンガリーGPを最後にF1から撤退した。別のオーナーによる1993年の復帰を企図するも叶わず、結局そのままチームは消滅した。ブラバム フレッシュアイペディアより)

  • ジョバンナ・アマティ

    ジョバンナ・アマティから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    F1では久々となる女性ドライバーの参戦とあってその走りに注目が集まったが、その注目度とは裏腹に、開幕からの3戦ですべて予選落ちを喫し、また約束した資金を予定日までに入金しなかったこともあり解雇された。空いたアマティのシートには、デイモン・ヒルが座った。ジョバンナ・アマティ フレッシュアイペディアより)

  • M-TEC

    M-TECから見たデイモン・ヒルデイモン・ヒル

    からジョーダンにエンジンを供給することになり、同年のベルギーGPで、元ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルが勝利し、このシーズンでチームはコンストラクターズランキングで4位となった。翌はハインツ=ハラルド・フレンツェンが2勝を挙げ、終盤までドライバーズチャンピオン争いに絡む活躍を見せ、コンストラクターズランキングで3位にまで躍進した。M-TEC フレッシュアイペディアより)

154件中 81 - 90件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード