前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示
  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た片山右京

    1988年はベネトンのF1テストドライブを経験し、シーズン終盤には国際F3000選手権にデビューし、1991年まで参戦した。1989年はシーズン途中より片山右京に代わりムーンクラフトシャシーを使用するフットワークチームから参戦したが、目立った成績は残せなかった。1990年にはミドルブリッジのローラでポールポジション3回、ファステストラップ2回を獲得し、5戦でレースをリードすることもあったが、勝利を挙げることはできなかった。1991年にはエディ・ジョーダン・レーシングより参戦した。1989年にはル・マン24時間レースにも参戦した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たアラン・プロスト

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼがウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に速さを見せた。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得。続く母国イギリスGPではスタートから首位を快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤがパンクして涙を呑んだ。しかし、第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離してトップチェッカーを受け、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たミカ・ハッキネン

    どのチームメイトとも良好な関係を築いており、ミカ・ハッキネンと並び人格的にバランスの取れたナイスガイであった。ウィリアムズの広報だったアン・ブラッドショーによれば、素顔のデイモンは父グラハム似のひょうきんな性格だという。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たアイルトン・セナ

    翌1994年、アラン・プロストと入れ替わりにエース・ドライバーとなったアイルトン・セナとともにウィリアムズから継続参戦。しかし、サンマリノGPでのセナの事故死により、ヒルは唐突にエース・ドライバーになってしまった。ミハエル・シューマッハの出場停止もあって6勝をもぎ取り、最終戦直前では1点差まで追いつく。最終戦オーストラリアGP、レース中にシューマッハがコースアウト。戻ってきたシューマッハとヒルがサイドバイサイドになる。次の右コーナーでヒルがシューマッハのインを突くが、シューマッハはアウトから被せる。両者激突し、シューマッハは車体の右半分が浮き上がりコントロールを失い、そのままコース脇のタイヤバリアに直行し、激突。ヒルも左フロントサスペンションを破損、スローペースでピットへ戻るがそこでストップ。この結果2人ともリタイアし、初のワールドチャンピオンをシューマッハに奪われた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たジャック・ヴィルヌーヴ

    1996年は前年のCARTチャンピオンで「驚異の新人」と言われたジャック・ヴィルヌーヴが加入し、チームメイト同士のチャンピオン争いとなった。ヒルは開幕戦オーストラリアGPからの3連勝など前半9戦中6勝してポイントをリードしたが、後半戦はヴィルヌーヴの猛追にあい、タイトル争いは最終戦の日本GPまでもつれ込んだ。日本GPでヒルは予選2位ながらスタート時にポールポジションのヴィルヌーヴをかわして先頭に立ち、一度も先頭を譲らない完勝で初のワールドチャンピオンを獲得した。「イギリスで勝ったことより96年最終戦の鈴鹿での勝利が一番嬉しかった」と喜びを語っている。親子2代でワールドチャンピオンを獲得した史上初の例であり、2012年シーズン終了現在でも唯一の例である。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たミハエル・シューマッハ

    翌1994年、アラン・プロストと入れ替わりにエース・ドライバーとなったアイルトン・セナとともにウィリアムズから継続参戦。しかし、サンマリノGPでのセナの事故死により、ヒルは唐突にエース・ドライバーになってしまった。ミハエル・シューマッハの出場停止もあって6勝をもぎ取り、最終戦直前では1点差まで追いつく。最終戦オーストラリアGP、レース中にシューマッハがコースアウト。戻ってきたシューマッハとヒルがサイドバイサイドになる。次の右コーナーでヒルがシューマッハのインを突くが、シューマッハはアウトから被せる。両者激突し、シューマッハは車体の右半分が浮き上がりコントロールを失い、そのままコース脇のタイヤバリアに直行し、激突。ヒルも左フロントサスペンションを破損、スローペースでピットへ戻るがそこでストップ。この結果2人ともリタイアし、初のワールドチャンピオンをシューマッハに奪われた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たエディ・ジョーダン

    1988年はベネトンのF1テストドライブを経験し、シーズン終盤には国際F3000選手権にデビューし、1991年まで参戦した。1989年はシーズン途中より片山右京に代わりムーンクラフトシャシーを使用するフットワークチームから参戦したが、目立った成績は残せなかった。1990年にはミドルブリッジのローラでポールポジション3回、ファステストラップ2回を獲得し、5戦でレースをリードすることもあったが、勝利を挙げることはできなかった。1991年にはエディ・ジョーダン・レーシングより参戦した。1989年にはル・マン24時間レースにも参戦した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た鈴木亜久里

    F1デビュー当時は下位カテゴリーの成績が平凡だった上に31歳とすでにベテランの年齢だったため、期待される存在ではなかった。ウィリアムズ在籍時には「ヒルの成績はトップチームであるウィリアムズのマシンパワーのおかげ」とする声も少なくなかった。しかしウィリアムズを離れた後のアロウズやジョーダンといった中堅チームでも、時に上位陣を食う印象的な走りをしたことから、そういった過小評価は覆されていった。アロウズ時代のチームメイト、ペドロ・ディニスも「デイモンから学んだことは多かった」と述べ、ヒルからの影響を認めている。また、鈴木亜久里は、かつて自らがドライブしていたマシンに初めて乗ったヒルがいきなり好走を見せたことから、ヒルのドライバーとしての能力を見直し、後のテレビ解説などでヒルを擁護する発言が目立つようになった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た聖飢魔II

    1992年当時、ブラバムに聖飢魔IIがスポンサーとしてついていたが、そのことについてデーモン小暮閣下曰く、「ドライバーが“デーモン”ヒルだから」と笑っていいとものテレフォンショッキングで語っていた。尚、人名としての“デイモン”の綴りはDamon(ギリシャ伝説で、進んで友人の身代わりとなった人物Damonに由来)であり、悪魔を意味する“デーモン”はdemonと綴るため、両者に意味上の関連性はない。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たラルフ・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハは1994年、1995年にチャンピオンを争ったライバルであり、接触による同士討ちなど因縁を残している。他方、1998年には弟のラルフ・シューマッハとコンビを組んでいる。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード