140件中 21 - 30件表示
  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たイギリスグランプリ

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼがウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に速さを見せた。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得。続く母国イギリスGPではスタートから首位を快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤがパンクして涙を呑んだ。しかし、第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離してトップチェッカーを受け、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たオーストラリアグランプリ

    翌1997年、トム・ウォーキンショーが買収したアロウズに誘われ移籍。フランク・ダーニーが設計したシャーシA18とヤマハV10エンジンは信頼性が低く、開幕戦のオーストラリアGPではあわや予選落ちの危機に立たされ、決勝ではフォーメーションラップ中にマシントラブルでリタイアの憂き目にあう。第2戦ブラジルGPでは予選9位を獲得し、決勝では一時期はシューマッハを従え4位を走っていたが、残り4周でリタイヤした(結果は完走扱いの17位)。開幕戦を除いて、第6戦のスペインGPまでリタイヤが続き、マシンがまともに走らない間、ヒルはモチベーションを失っていた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たイタリアグランプリ

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼがウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に速さを見せた。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得。続く母国イギリスGPではスタートから首位を快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤがパンクして涙を呑んだ。しかし、第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離してトップチェッカーを受け、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たブリヂストン

    アクセルワークに関しては、1996年に鈴鹿サーキットで行ったブリヂストンのタイヤテスト(TWRから提供されていた1995年型リジェJS41を使用)に同伴していた無限のエンジニアは、エンジンブレーキの使い方がうまかったと証言している。別件でその場に居合わせていた星野一義は、数周乗っただけでマシン・タイヤの特性を把握し好タイムを連発した走りを見て、「さすがワールドチャンピオンをとっただけのことはある」と語っていた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たフォルクスワーゲン

    1986年 イギリスF3 最高2位 シリーズ9位(マーレイ・テーラー・レーシング ラルトRT30・VWデイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たトヨタ自動車

    1987年 イギリスF3 2勝 シリーズ5位(インタースポーツ・レーシング ラルトRT31・トヨタデイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たテレフォニカ

    現役時代にサポートを受けていたブリティッシュ・テレコム(正式には後にスペインの大手通信会社テレフォニカに買収された携帯部門O2の前身BTセルネット)の支援を受け、ミナルディの買収、トヨタのチーム代表に就任するという憶測が流れたこともあるが、噂の域で終わっている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たペドロ・ディニス

    5月10日付けでフェラーリから移籍したジョン・バーナードがテクニカル・ディレクターに就任し、テストの方向性を決めてから、A18の信頼性もあがっていた。ヒルも第7戦カナダGPでチームメイトのペドロ・ディニスと共に完走してから、第9戦イギリスGPで6位入賞と初ポイントを獲得した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たジョシュア・ヒル

    妻:ジョージー(スーザンマリー)、子:オリバー、ジョシュ、タビサ、ロジー、ペット:犬3匹、猫1匹デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たハインツ=ハラルド・フレンツェン

    1999年は新規定のタイヤの扱いに苦戦し、成績もチームメイトのハインツ=ハラルド・フレンツェンに圧倒された(予選2勝14敗、ポイント7対54)。カナダGP後に今季限りでの引退を表明したが、チームオーナーのエディ・ジョーダンは「シーズン途中での引退の可能性」を示唆。地元のイギリスGPが最後のレースとなると報道され、チームも後釜としてニック・ハイドフェルドを検討していたが、イギリスGP後に最終戦までの現役続行を表明した。引退レースとなった日本GPは戦意喪失による「レース棄権」で終えることになった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

140件中 21 - 30件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード