162件中 31 - 40件表示
  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たジョシュア・ヒル

    妻:ジョージー(スーザンマリー)、子:オリバー、ジョシュ、タビサ、ロジー、ペット:犬3匹、猫1匹デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たハインツ=ハラルド・フレンツェン

    1999年は新規定のタイヤの扱いに苦戦し、成績もチームメイトのハインツ=ハラルド・フレンツェンに圧倒された(予選2勝14敗、ポイント7対54)。カナダGP後に今季限りでの引退を表明したが、チームオーナーのエディ・ジョーダンは「シーズン途中での引退の可能性」を示唆。地元のイギリスGPが最後のレースとなると報道され、チームも後釜としてニック・ハイドフェルドや中野信治、ヨス・フェルスタッペンを検討していたが、イギリスGP後に最終戦までの現役続行を表明した。引退レースとなった日本GPは戦意喪失による「レース棄権」で終えることになり、一部ジャーナリストからは批判を浴びた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たパトリック・ヘッド

    1991年にF1の名門チームウィリアムズにテストドライバーとして起用された。前任者のマーク・ブランデルがブラバムに加入することを小耳に挟み、クリスマスの日にダメもとでテクニカル・ディレクターのパトリック・ヘッドに電話をかけたのがきっかけであった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たジャッキー・スチュワート

    1997年、トム・ウォーキンショーが買収したアロウズに誘われ移籍。スチュワートにも興味を抱いたが、「参戦初年度と言う事もあり、リスクが高すぎる」「古くから続くジャッキー・スチュワート一家との関わりを拗れさせたくなかった」との理由で見送り、他チームからのオファーも2年契約で、ニューウェイが移籍したマクラーレンへの翌年移籍を視野に入れていたヒルの意向とは合わなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たフォーミュラ1

    デイモン・グラハム・デベリュー・ヒル(Damon Graham Devereux Hill OBE, 1960年9月17日 - )は、イギリス人の元F1ドライバー。デーモン・ヒルと表記されることもある。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たドイツグランプリ

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼが揃ってウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に次第に存在感を見せるようになる。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得すると(決勝でもプロストを猛追するもチームオーダー発令で2位キープに切り替えた)、続く母国イギリスGPでは激しいポール争いの末にプロストに敗れるもスタートで首位に躍り出て快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤバーストで涙を呑む。しかし第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離し、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たスペイングランプリ

    1995年は4勝7ポールポジションを獲得したが、決勝ではマシントラブルや他マシンとの接触、自分自身とチーム戦略のミスなどが重なり、ポイントを取れない展開となった。スペインGPではゴール直前リタイア(結果は完走扱いの4位)。モナコGPでは桜井淑敏をもってして「プロストをも凌ぐ」という走りでポールポジションを獲得するも、決勝では1ストップ作戦をとったシューマッハに逆転負けで2位。イギリスGPとイタリアGPではチャンピオン争いをしているシューマッハに追突して両者リタイア。イタリアGPではレース後に1戦執行猶予付き出場停止処分を受ける。ドイツGPとヨーロッパGPと日本GPでは単独スピンでリタイア(ドイツはパトリック・ヘッドが「原因はリアのジョイント磨耗」と発表)。後半戦はサスペンションを改良したFW17Bを投入するも、チームメイトのデビッド・クルサードに4戦連続ポールポジションを奪われる場面もあり、最終的にはシューマッハの2年連続チャンピオン獲得を阻止できなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たヨーロッパグランプリ

    1995年は4勝7ポールポジションを獲得したが、決勝ではマシントラブルや他マシンとの接触、自分自身とチーム戦略のミスなどが重なり、ポイントを取れない展開となった。スペインGPではゴール直前リタイア(結果は完走扱いの4位)。モナコGPでは桜井淑敏をもってして「プロストをも凌ぐ」という走りでポールポジションを獲得するも、決勝では1ストップ作戦をとったシューマッハに逆転負けで2位。イギリスGPとイタリアGPではチャンピオン争いをしているシューマッハに追突して両者リタイア。イタリアGPではレース後に1戦執行猶予付き出場停止処分を受ける。ドイツGPとヨーロッパGPと日本GPでは単独スピンでリタイア(ドイツはパトリック・ヘッドが「原因はリアのジョイント磨耗」と発表)。後半戦はサスペンションを改良したFW17Bを投入するも、チームメイトのデビッド・クルサードに4戦連続ポールポジションを奪われる場面もあり、最終的にはシューマッハの2年連続チャンピオン獲得を阻止できなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たル・マン24時間レース

    しかし1990年にはミドルブリッジのローラでポールポジション3回、ファステストラップ2回を獲得し、5戦でレースをリードするなど活躍したが、勝利を挙げることはできなかった。1991年にはエディ・ジョーダン・レーシングより参戦した。1989年にはル・マン24時間レースにも参戦した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たマクラーレン

    1997年、トム・ウォーキンショーが買収したアロウズに誘われ移籍。スチュワートにも興味を抱いたが、「参戦初年度と言う事もあり、リスクが高すぎる」「古くから続くジャッキー・スチュワート一家との関わりを拗れさせたくなかった」との理由で見送り、他チームからのオファーも2年契約で、ニューウェイが移籍したマクラーレンへの翌年移籍を視野に入れていたヒルの意向とは合わなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

162件中 31 - 40件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード