162件中 41 - 50件表示
  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たBMW

    しかし、この年のイタリアGP直前の8月26日にヒルはチームから翌シーズンの契約を行わないことを通告された。これは1997年でルノーエンジンとの契約を終了することが決定していたウィリアムズが、BMWエンジン獲得のためにドイツ人ドライバーとの契約を必要としていた事が遠因にある。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たロン・デニス

    1998年はジョーダン無限ホンダに移籍。マクラーレンからのオファーはあったが、当時のオーナーのロン・デニスから出された「年俸ゼロ、1勝ごとの報酬制」「年間100日の無償プロモーション活動」などの条件を受け入れられずに拒否、ザウバーやプロストからもオファーを受けていた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たビートルズ

    音楽関係者との交友が多く、ヒルと顔がそっくりと云われた元ビートルズの故ジョージ・ハリスンとの仲の良さは特に有名である。デイモンがF3参戦時、参戦資金不足からジョージに支援依頼の手紙を送った際、ジョージはこの申し入れを快諾。後にF1チャンピオンになったデイモンは返済を申し出るが、ハリスンはこれを笑って辞退したと言うエピソードもある。ハリスンは応援に駆けつけた1995年のオーストラリアGP終了後、親友デイモンが優勝して上機嫌だったのか『ビートルズ・アンソロジー』の発売を公式発表の前に思わず漏らしてしまった。また、マーティン・スコセッシ監督が務めたハリスンの58年の生涯を振り返るドキュメンタリー映画『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』ブルーレイ&DVD(2011年12月23日発売)の映像特典の中にデイモンのジョージについて語ったインタビューが収録されている)。ジョージ・ハリスンの没後、ジョージの愛車であったマクラーレン・F1を譲り受け、現在もガレージで保管している。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たリカルド・パトレーゼ

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼが揃ってウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に次第に存在感を見せるようになる。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得すると(決勝でもプロストを猛追するもチームオーダー発令で2位キープに切り替えた)、続く母国イギリスGPでは激しいポール争いの末にプロストに敗れるもスタートで首位に躍り出て快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤバーストで涙を呑む。しかし第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離し、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た井上隆智穂

    イタリアGPでは4位走行中、周回遅れの井上隆智穂を処理する際に3位走行中のシューマッハに追突。ともにリタイアに終わっている。このとき、シューマッハは掴み掛からんばかりの勢いでヒルに詰め寄った。このレース後、今度はヒルが執行猶予付きの1レース出場停止処分を受けた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たデレック・ワーウィック

    2011年、8月25日に開催されるBRDCの年次総会で会長職を退任。退任の理由について「家族や自分の関心事、息子ジョシュのレーシング・キャリアにもっと時間をかける正しいタイミングだ」を語っており、後任にはデレック・ワーウィックが選出された。新会長に就任したワーウィックは前任者のヒルに「まずは会長として活動する中でBRDCに対する忠誠と献身を発揮したデイモンに感謝を述べたい。数々の困難を抱えたにもかかわらず、われわれを導き、最終的には成果を納めてくれた。私の目標はデイモンが去ったところから継続することだ」 と今までの労をねぎらった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たケニー・ロバーツ

    2輪レースへの参戦歴があるように、オートバイ世界グランプリ(MotoGP)のファンである。F1にステップアップする以前に受けた自宅訪問インタビューでは自室の棚にタミヤ模型製のケニー・ロバーツ・ヤマハ・YZR500の1/12スケールモデルが飾られていた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たセバスチャン・ベッテル

    ミハエル・シューマッハはヒルのドライバーとしての評価について「カート経験者との差を感じたね。いざバトルとなると、デイモンはいつもどこか自信がないようだった。私は相手を限界ギリギリまで追い込むのが得意だったが、彼は明らかにそういう状況が苦手だった」と語っている。また、浜島も「(プレッシャーに晒された時の)デイモンはちょっと弱い、M・シューマッハやS・ベッテルとはそこが違う」と評している。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たムーンクラフト

    1988年はベネトンのF1テストドライブを経験し、シーズン終盤には国際F3000選手権にデビューし、1991年まで参戦した。1989年はシーズン途中より片山右京に代わりムーンクラフトシャシーを使用するフットワークチームから参戦したが、マシンの戦闘力が低く目立った成績は残せなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た浜島裕英

    F1デビュー当時、下位カテゴリーでの成績が平凡だった上に31歳とすでにベテランの年齢だったため、期待される存在ではなかった。ウィリアムズ在籍時には「ヒルの成績はトップチームであるウィリアムズのマシンパワーのおかげ」とする声も少なくなかった(ブリヂストンのF1プロジェクトリーダーだった浜島裕英も、初めて眼の前でヒルの走りを見るまでは、そう思っていたと語る)。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

162件中 41 - 50件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード