140件中 61 - 70件表示
  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たジョバンナ・アマティ

    ウィリアムズで開発作業をこなしつつ、1992年スペインGPでジョバンナ・アマティに替わりブラバムからF1に初めてエントリーした。しかしブラバムは競争力に欠けており、多くのレースで予選落ちを重ねた。母国のイギリスGPで初めて予選を通過し決勝レースに出走(記録上のF1デビュー)し完走した。名門ブラバムのファイナルレースとなったハンガリーGPでも予選に通過し、決勝レース出走を果たした。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たグラハム・ヒル

    1996年のF1ワールドチャンピオン。1960年代に2度のチャンピオンを獲得したグラハム・ヒルの息子。2006年にブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ (BRDC) 会長に就任し、2011年8月末まで同職を勤めた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た桜井淑敏

    1995年は4勝7ポールポジションを獲得したが、決勝ではマシントラブルや他マシンとの接触、自分自身とチーム戦略のミスなどが重なり、ポイントを取れない展開となった。スペインGPではゴール直前リタイア(結果は完走扱いの4位)。モナコGPでは桜井淑敏をもってして「プロストをも凌ぐ」という走りでポールポジションを獲得するも、決勝では1ストップ作戦をとったシューマッハに逆転負けで2位。イギリスGPとイタリアGPではチャンピオン争いをしているシューマッハと接触。ドイツGP。ヨーロッパGPと日本GPでは単独スピンでリタイア(ドイツはパトリック・ヘッドが「原因はリアのジョイント磨耗」と発表)。後半戦はサスペンションを改良したFW17Bを投入するも、チームメイトのデビッド・クルサードに4戦連続ポールポジションを奪われる場面もあり、最終的にはシューマッハの2年連続チャンピオン獲得を阻止できなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たベルギーグランプリ

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼがウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に速さを見せた。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得。続く母国イギリスGPではスタートから首位を快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤがパンクして涙を呑んだ。しかし、第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離してトップチェッカーを受け、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たカナダグランプリ

    5月10日付けでフェラーリから移籍したジョン・バーナードがテクニカル・ディレクターに就任し、テストの方向性を決めてから、A18の信頼性もあがっていた。ヒルも第7戦カナダGPでチームメイトのペドロ・ディニスと共に完走してから、第9戦イギリスGPで6位入賞と初ポイントを獲得した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たモナコGP

    1995年は4勝7ポールポジションを獲得したが、決勝ではマシントラブルや他マシンとの接触、自分自身とチーム戦略のミスなどが重なり、ポイントを取れない展開となった。スペインGPではゴール直前リタイア(結果は完走扱いの4位)。モナコGPでは桜井淑敏をもってして「プロストをも凌ぐ」という走りでポールポジションを獲得するも、決勝では1ストップ作戦をとったシューマッハに逆転負けで2位。イギリスGPとイタリアGPではチャンピオン争いをしているシューマッハと接触。ドイツGP。ヨーロッパGPと日本GPでは単独スピンでリタイア(ドイツはパトリック・ヘッドが「原因はリアのジョイント磨耗」と発表)。後半戦はサスペンションを改良したFW17Bを投入するも、チームメイトのデビッド・クルサードに4戦連続ポールポジションを奪われる場面もあり、最終的にはシューマッハの2年連続チャンピオン獲得を阻止できなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たダウン症

    長男がダウン症のため、夫婦そろって慈善活動には積極的である。1999年のイギリスGPで売り上げたヒルブランドの売上全額を寄付した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たロンドンオリンピック (2012年)

    2012年の ロンドンオリンピックの馬術でドイツから参加した女性選手、ランゲハネンベルグの愛馬の名前が“デイモン・ヒル”という名で、個人競技で4位、団体戦でイギリスに次ぐ2位に入り銀メダルに貢献した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たギター

    若い頃は「セックス・ヒトラー・アンド・ホルモンズ」というパンクロック・バンドをやっていた。ジョーダン・チームのオーナーであるエディ・ジョーダンとは、よくイベントで一緒に演奏していたようである。ギターの腕はプロ級で、親交のあるイギリスHRバンドデフ・レパードの1999年発売のアルバム『Euphoria』に収録されている「Demolition Man」では、彼のギターソロを聴く事ができる。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たアメリカグランプリ

    1992年チャンピオンのマンセルと、1993年チャンピオンのプロストがそれぞれウィリアムズでタイトルを獲得して離脱してしまったため、カーナンバー1を付ける選手が不在の1993年と1994年に、ヒルはカーナンバー0を付けていた。ヒルの他にF1でカーナンバー0を付けたドライバーの例は、1973年のカナダGPとアメリカGPのジョディー・シェクター(当時マクラーレン)のみである。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード