162件中 61 - 70件表示
  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤのファンであることも公言している。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たジョン・バーナード

    5月10日付けでフェラーリから移籍したジョン・バーナードがテクニカル・ディレクターに就任し、テストの方向性を決めてから、A18の信頼性もあがっていた。ヒルも第7戦カナダGPでチームメイトのペドロ・ディニスと共に完走してから、第9戦イギリスGPで6位入賞と初ポイントを獲得した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たジョバンナ・アマティ

    ウィリアムズで開発作業をこなしつつ、1992年スペインGPでジョバンナ・アマティに替わりブラバムからF1に初めてエントリーした。しかしブラバムは既に深刻な資金難からチームの存続自体が危ぶまれていた状態に陥っており、マシンも前年度の小改良に留まるなど競争力に欠け、多くのレースで予選落ちを重ねた。母国のイギリスGPで初めて予選を通過し決勝レースに出走(記録上のF1デビュー)し完走した。その後ハンガリーGPでも予選通過、決勝レース出走および最下位ながらも完走を果たした(なお翌1993年から引退する1999年まで、ハンガリーGPでは2勝含め全て入賞し、現役生活でのリタイアは一度も無かった)。そのハンガリーGPをもって、かつて父グラハムも所属した名門ブラバムは活動を停止、これ以降デイモンもこの年のレース出場を果たす機会は訪れずに終わった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たグラハム・ヒル

    1996年のF1ワールドチャンピオン。1960年代に2度のチャンピオンを獲得したグラハム・ヒルの息子。2006年にブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ (BRDC) 会長に就任し、2011年8月末まで同職を勤めた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たケケ・ロズベルグ

    1996年はマクラーレンに移籍したクルサードの後釜として、前年のCARTチャンピオンで「驚異の新人」と言われたジャック・ヴィルヌーヴが加入。FW18が他チームを圧倒する戦闘力だった事もあり、奇しくも「2世ドライバー」同士にしてチームメイト同士のチャンピオン争いと言う展開となった。ヒルは開幕戦オーストラリアGPからの3連勝など前半9戦中6勝を挙げたが、後半戦はやや精彩を欠いてヴィルヌーヴの猛追を受け、タイトル争いは最終戦の日本GPまでもつれ込む。しかしこの時点でヒルとヴィルヌーブとの得点差は9点であり、日本GPでヴィルヌーブが優勝してもヒルは6位1ポイント以上で自動的にチャンピオン決定と言う非常に有利な状況にあった。その日本GPでヒルは予選2位ながらスタート時にポールポジションのヴィルヌーヴをかわして先頭に立って一気に優位に立ち、ヴィルヌーヴがタイヤ脱落トラブルでリタイアした瞬間に自身初のワールドチャンピオンが決定、その後は一度も先頭を譲らない完勝劇も演じた。「イギリスで勝ったことより96年最終戦の鈴鹿での勝利が一番嬉しかった」と喜びを語っている。F1史上初となる親子2代でワールドチャンピオンとなり、その後2016年にニコ・ロズベルグ(父、ケケ・ロズベルグは1982年のチャンピオン)がチャンピオンになるまでの20年間、彼が唯一の存在だった。なおヒルはこの年の全てのレースでフロントローを獲得しており、コースによって安定感を欠く事もあったヴィルヌーヴとは、この点で決定的な差を付けた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た桜井淑敏

    1995年は4勝7ポールポジションを獲得したが、決勝ではマシントラブルや他マシンとの接触、自分自身とチーム戦略のミスなどが重なり、ポイントを取れない展開となった。スペインGPではゴール直前リタイア(結果は完走扱いの4位)。モナコGPでは桜井淑敏をもってして「プロストをも凌ぐ」という走りでポールポジションを獲得するも、決勝では1ストップ作戦をとったシューマッハに逆転負けで2位。イギリスGPとイタリアGPではチャンピオン争いをしているシューマッハに追突して両者リタイア。イタリアGPではレース後に1戦執行猶予付き出場停止処分を受ける。ドイツGPとヨーロッパGPと日本GPでは単独スピンでリタイア(ドイツはパトリック・ヘッドが「原因はリアのジョイント磨耗」と発表)。後半戦はサスペンションを改良したFW17Bを投入するも、チームメイトのデビッド・クルサードに4戦連続ポールポジションを奪われる場面もあり、最終的にはシューマッハの2年連続チャンピオン獲得を阻止できなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たトト・ヴォルフ

    2012年7月、デイモンが古巣ウィリアムズの新代表になるとのうわさが流れたが、同チームの共同オーナーであるトト・ヴォルフはこの件を否定した。また同年、1862年に設立したスイスの名門ブランド「CYMA(シーマ)」のアンバサダーに就任した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たトム・ウォーキンショー

    1997年、トム・ウォーキンショーが買収したアロウズに誘われ移籍。スチュワートにも興味を抱いたが、「参戦初年度と言う事もあり、リスクが高すぎる」「古くから続くジャッキー・スチュワート一家との関わりを拗れさせたくなかった」との理由で見送り、他チームからのオファーも2年契約で、ニューウェイが移籍したマクラーレンへの翌年移籍を視野に入れていたヒルの意向とは合わなかった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たハンガリーグランプリ

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼが揃ってウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に次第に存在感を見せるようになる。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得すると(決勝でもプロストを猛追するもチームオーダー発令で2位キープに切り替えた)、続く母国イギリスGPでは激しいポール争いの末にプロストに敗れるもスタートで首位に躍り出て快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤバーストで涙を呑む。しかし第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離し、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たベルギーグランプリ

    1993年、前年まで在籍していたナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼが揃ってウィリアムズを離脱。チームはアラン・プロストを招聘する一方、ヒルをテストドライバーからレギュラーに昇格させた。経験不足ながらも大抜擢に応え、3度のワールドチャンピオンを相手に次第に存在感を見せるようになる。プロストの地元フランスGPで初ポールポジションを獲得すると(決勝でもプロストを猛追するもチームオーダー発令で2位キープに切り替えた)、続く母国イギリスGPでは激しいポール争いの末にプロストに敗れるもスタートで首位に躍り出て快走したが、エンジントラブルでリタイア。ドイツGPでも残り3周でタイヤバーストで涙を呑む。しかし第11戦ハンガリーGPでは2位以下を1分以上引き離し、F1参戦19戦目(レースは13戦目)にして初優勝を達成した。これを皮切りにベルギーGP、イタリアGPと3連勝し、この時点ではチャンピオン獲得の可能性が浮上した。ポルトガルGPでもポールポジションを獲得したが、フォーメーションラップにスタートできず最後尾にまわり好機を逸した。年間ランキングはプロスト、セナに続く3位で終えている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

162件中 61 - 70件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード