140件中 71 - 80件表示
  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たブラジルグランプリ

    翌1997年、トム・ウォーキンショーが買収したアロウズに誘われ移籍。フランク・ダーニーが設計したシャーシA18とヤマハV10エンジンは信頼性が低く、開幕戦のオーストラリアGPではあわや予選落ちの危機に立たされ、決勝ではフォーメーションラップ中にマシントラブルでリタイアの憂き目にあう。第2戦ブラジルGPでは予選9位を獲得し、決勝では一時期はシューマッハを従え4位を走っていたが、残り4周でリタイヤした(結果は完走扱いの17位)。開幕戦を除いて、第6戦のスペインGPまでリタイヤが続き、マシンがまともに走らない間、ヒルはモチベーションを失っていた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たモナコグランプリ

    モナコ・マイスターと呼ばれた父グラハムに対し、デイモンはモナコGPで1勝もあげることが出来なかった。1996年には、トップを独走しながらエンジンブローで好機を逸した。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た2009年

    次男ジョシュア・ヒル(ジョシュ)はヒル家3世代目のレーサーとなっている。2008年にBTCCの前座レース、ジネッタ・ジュニア・シリーズに参戦。初参戦ながらもポールポジション、ファステスト・ラップを記録し、上位に食い込む活躍をみせ、同選手権を3位で終了。翌2009年から2年間フォーミュラ・フォードに参戦し、2010年は5勝し同選手権5位で終了。2011年からフォーミュラ・ルノーイギリス選手権に参戦予定。デイモンは息子のレースデビュー時に以下のように答えている。「彼がどの程度成長するかについて大げさに言うつもりはない。単に試しにやっているだけだ」。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たアライヘルメット

    ブリヂストンの浜島裕英モータースポーツタイヤ開発部長もトラクションの掛け方の的確さを賞賛していた。また、アライヘルメットの福田毅によると「例えばヘルメットの内装は、それぞれの人間に合わせて作るカスタムフィットなのですが、どうしても誤差が出てしまう。ほとんどのドライバーはその誤差に気付かないんですが、ヒルだけはその指摘ができるんですよ。そんな指摘ができるのは世界で彼だけでしょうね。ヘルメットつくりから見ると彼の開発能力は非常に優れていて、やっぱチャンピオンになる人間は違うなというのが率直な意見です」と述べている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たM-TEC

    アクセルワークに関しては、1996年に鈴鹿サーキットで行ったブリヂストンのタイヤテスト(TWRから提供されていた1995年型リジェJS41を使用)に同伴していた無限のエンジニアは、エンジンブレーキの使い方がうまかったと証言している。別件でその場に居合わせていた星野一義は、数周乗っただけでマシン・タイヤの特性を把握し好タイムを連発した走りを見て、「さすがワールドチャンピオンをとっただけのことはある」と語っていた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た鈴鹿サーキット

    アクセルワークに関しては、1996年に鈴鹿サーキットで行ったブリヂストンのタイヤテスト(TWRから提供されていた1995年型リジェJS41を使用)に同伴していた無限のエンジニアは、エンジンブレーキの使い方がうまかったと証言している。別件でその場に居合わせていた星野一義は、数周乗っただけでマシン・タイヤの特性を把握し好タイムを連発した走りを見て、「さすがワールドチャンピオンをとっただけのことはある」と語っていた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たブリティッシュ・テレコム

    現役時代にサポートを受けていたブリティッシュ・テレコム(正式には後にスペインの大手通信会社テレフォニカに買収された携帯部門O2の前身BTセルネット)の支援を受け、ミナルディの買収、トヨタのチーム代表に就任するという憶測が流れたこともあるが、噂の域で終わっている。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たグッドイヤー

    第11戦ハンガリーGPでは一人だけブリヂストンのタイヤの性能を生かし、予選3位を獲得、決勝では、序盤でグッドイヤータイヤの性能劣化に苦しむミハエル・シューマッハを1コーナーでパスし、そのままトップを快走。レース終盤にギヤボックストラブルで失速し、ファイナルラップでジャック・ヴィルヌーヴに抜かれ、優勝は逃したものの2位に入った。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見た無限ホンダ

    1998年にジョーダン無限ホンダに移籍。前半戦は苦戦を強いられたものの、雨の波乱含みのベルギーGPでジョーダンに初勝利をもたらした。これはヒル本人にとって現役最後の勝利であり、また、ウィリアムズ以外のチームで挙げた唯一の勝利でもあった。後半戦はコンスタントにポイントを獲得し、最終戦日本GPでチームをコンストラクターズ4位に導いた。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たエッソ

    1985年 フォーミュラ・フォード1600 6勝 エッソ選手権3位・RAC選手権5位デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

140件中 71 - 80件表示

「デーモン・ヒル」のニューストピックワード