前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 岩井商店

    岩井商店から見たトクヤマトクヤマ

    日本曹達工業→?山曹達(現トクヤマ岩井商店 フレッシュアイペディアより)

  • オカモト

    オカモトから見たトクヤマトクヤマ

    コンドーム、使い捨てカイロ、ゴム手袋、包装ラップのほか、タイヤチェーン、福祉用のベッド、そしてトクヤマ(旧:徳山曹達)の子会社であったトクヤマホームプロダクツから事業を譲受したハウスホールド製品、ナガオカ販売から事業を譲受したインピレスブランドの入浴剤、殺虫剤などを生産する。またシューズ販売も手掛けており、プロケッズのライセンス販売を行っている。オカモト フレッシュアイペディアより)

  • 徳山下松港

    徳山下松港から見たトクヤマトクヤマ

    江戸時代、毛利氏のいわゆる「三白政策」により、富田・徳山(以上現在の周南市)・下松の各地域に米・塩・紙を主に取り扱う商港が整備されたのが始まり。1904年(明治37年)、徳山に海軍煉炭製造所(後の海軍燃料廠)が設けられたのをきっかけに、大正時代には日本曹達工業(現トクヤマ徳山製造所)、日本汽船笠戸造船所(現日立製作所笠戸事業所)等多くの企業が進出する。これを受けて1922年(大正11年)、徳山港が開港、特別輸出入港に指定される。徳山下松港 フレッシュアイペディアより)

  • ソーダ工業

    ソーダ工業から見たトクヤマトクヤマ

    1914年(大正3年)に第一次世界大戦がはじまると、炭酸ナトリウムの輸入が激減し、価格が暴騰した。これを受け、1916年に旭硝子、1917年に台湾肥料、1918年に日本曹達工業(現・トクヤマ。日本曹達とは別法人)が相次いでソルベー法の工場を建設した。1921年、鈴木商店系の太陽曹達がケニアのマガディ湖の天然ソーダ販売権を取得すると、日本であえて高コストな炭酸ナトリウムを製造する必要はないとする国産ソーダ灰産業無用論が巻き起こった。しかし、天然ソーダの品質上の問題や、ユダヤ系であるブラナモンド社とマガディ・ソーダ社がいつまで低価格で卸してくれるか不透明であることなどから国産ソーダ灰産業無用論は終息に至る。ソーダ工業 フレッシュアイペディアより)

  • 山口放送

    山口放送から見たトクヤマトクヤマ

    山口県で最も歴史の長い民放局であり、在山局唯一のテレビ・ラジオ兼営局である。兼営局のメリットを生かしたテレビとラジオの共同企画も多い。略称のKRYは、1956年の開局当初、株式会社ラジオ山口(KK.RADIO YAMAGUCHI)という社名であったことに由来する。テレビ放送開始後、1961年に現在の社名となった。開局当初から本局が県庁所在地の山口市ではなく県東部の周南市(旧・徳山市)にあり、地元の徳山商工会議所などが株主として参加している。そのためか、特に周南地域の情報を取り上げることが多い。なお、議決権が最も大きい株主はキー局である日本テレビ放送網であり、周南市に主たる拠点を置く大手化学メーカーのトクヤマは現在は山口朝日放送 (yab) の大株主である。山口放送 フレッシュアイペディアより)

  • 宇部フロンティア大学短期大学部

    宇部フロンティア大学短期大学部から見たトクヤマトクヤマ

    文学科国語国文学専攻・英語英文学専攻(言語文化学科含む):宇部興産・セントラル硝子・トクヤマ・山口日本電気・山口合同ガス・西華産業・日本電気・ジェイティービー・サンデン交通・全日空ホテルズ・国際ホテル宇部・中央出版・あいおい損害保険・山口銀行・西京銀行・広島銀行・もみじ銀行・テレビ山口・ウベニチ新聞社・防長新聞など一般企業ほか宇部市立図書館・小郡町立図書館・宇部市役所など官公庁に勤めている人もいる。宇部フロンティア大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 玉津村 (愛媛県東宇和郡)

    玉津村 (愛媛県東宇和郡)から見た徳山曹達トクヤマ

    1938年(昭和13年) - 徳山曹達が玉津港を開設、高森山から切り出した石灰石の運搬を始める。玉津村 (愛媛県東宇和郡) フレッシュアイペディアより)

  • 徳山曹達

    徳山曹達から見たトクヤマトクヤマ

    徳山曹達 フレッシュアイペディアより)

  • 山口きらら博

    山口きらら博から見たトクヤマトクヤマ

    県内のメディアは民放テレビ3局全てが情報カメラを設置した他、山口放送は期間中、ラジオのサテライトスタジオを設置、テレビ山口、山口朝日放送も会場内から番組を放送した。また、期間中にイベントFMエフエムきららが開局した。その他県内に関係する企業ではマツダ、宇部興産、トクヤマ、山口銀行、松下グループなどがパビリオンを出展している。山口きらら博 フレッシュアイペディアより)

  • セメントタンカー

    セメントタンカーから見たトクヤマトクヤマ

    日本で最初のセメントタンカーは、宇部セメント製造(現・宇部興産)が三菱造船(現・三菱重工)神戸造船所に建造させた清忠丸(3,600DWT、全長98.21m、幅15.114m)である。同船は1936年(昭和11年)4月に就航した。その後は他のセメントメーカーも追随し、1960年(昭和35年)時点の各社の保有隻数は、小野田セメント(現・太平洋セメント)が12隻、宇部興産及び日本セメント(現・太平洋セメント)が各3隻、三菱セメント(現・三菱マテリアル)及び徳山曹達(現・トクヤマ)が各1隻の計20隻となっている。また、2008年(平成20年)時点における日本国内のセメントタンカー隻数は、134隻である。セメントタンカー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「トクヤマ」のニューストピックワード