前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • カメムシ亜目

    カメムシ亜目から見たトコジラミトコジラミ

    肉食のものは、餌を探して歩き回り、あるいは待ち伏せして獲物を捕らえる。このような捕食性のものはたいてい獲物の体内に口針を突き刺して麻痺性の毒素と消化酵素を含んだ唾液を注入し、消化されて液状になった体組織と体液を吸収する。ただし、サシガメ類や肉食の水生カメムシ類がヒトの指を刺すと耐え難いほどの激痛が走るが、同様に体外消化を行うゲンゴロウの幼虫に食いつかれたときのように皮下組織の広範な壊死は起こらないようなので、獲物を仕留める神経毒と消化液は別々に注入する可能性が指摘されている。一部のものは哺乳類や鳥類の血管から血液を摂取する吸血性となり、大型動物の巣に住み着いている種もある。トコジラミ(ナンキンムシ)は、人家に住み着いてヒトの血を吸うことで有名であったが、近年は見ることがまれである。カメムシ亜目 フレッシュアイペディアより)

  • 体内受精

    体内受精から見たナンキンムシトコジラミ

    雄の陰茎は存在するが、膣はないものもある。たとえばナンキンムシの場合、雄は雌の腹部の皮膚を突き破って内部に精子を注入し、精子はそのまま体内を移動して受精に至る。体内受精 フレッシュアイペディアより)

  • パラフィルム

    パラフィルムから見たトコジラミトコジラミ

    昆虫学者はパラフィルムを、蚊やトコジラミといった吸血昆虫に給餌するための膜として使用している。パラフィルム フレッシュアイペディアより)

  • シラミ

    シラミから見たトコジラミトコジラミ

    トコジラミ(カメムシ目)、ウオジラミ(甲殻綱鰓尾目)、クジラジラミ(甲殻綱端脚目)、ヤブジラミ(植物のセリ科)など)。シラミ フレッシュアイペディアより)

  • サラシナショウマ属

    サラシナショウマ属から見たトコジラミトコジラミ

    属名 Cimicifuga は「トコジラミを撃退するもの」を意味する。サラシナショウマ属 フレッシュアイペディアより)

  • ショウマ (植物の名)

    ショウマ (植物の名)から見たナンキンムシトコジラミ

    なお、升麻の本来のものはコウライショウマであり、この属の学名もリンネがこの種を元に「ナンキンムシを退ける」の意味で、種小名は「悪臭のある」の意味でつけたものである。実際には悪臭はないが、『ナンキンムシが逃げる程臭い』の意味が籠もっているという。中国には近縁の別属に含められている Souliea vaginata があり、これは中国では「長果升麻」と呼ばれる。ショウマ (植物の名) フレッシュアイペディアより)

  • 加熱乾燥車

    加熱乾燥車から見たトコジラミトコジラミ

    害虫の駆除における効果としては、体内構成物質であるタンパク質が45℃以上の熱で変性するものを利用した駆除になり、ダニ・トコジラミ・カビなどの駆除・殺菌・除菌に効果がある。加熱乾燥車 フレッシュアイペディアより)

  • ピンデトッ

    ピンデトッから見たトコジラミトコジラミ

    朝鮮語でピンデ()は南京虫を意味し、貧者のことをも指す。トッ(?)は餅(トック)の意である。ピンデトッ フレッシュアイペディアより)

  • 三大仙

    三大仙から見た南京虫トコジラミ

    虎力大仙と三蔵の座禅比べの際、体毛を南京虫に変えて三蔵に噛み付かせた。しかし悟空に気づかれて失敗する。三大仙 フレッシュアイペディアより)

  • 床虱

    床虱から見たトコジラミトコジラミ

    床虱 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示