22件中 11 - 20件表示
  • サシガメ

    サシガメから見たトコジラミトコジラミ

    種によっては、室内に生息する昆虫を求めて家屋内で生活するものがある。ヨーロッパではトコジラミを獲物として屋内に生息する種があり、人体に集まるナンキンムシを追って、やはり人体にくることがある。うっかり払いのけて刺されることがあり、しかもこれが痛むために嫌われる。特に唇を刺されることがよくあり、「接吻虫」の異名を持つと言う。サシガメ フレッシュアイペディアより)

  • 動物裁判

    動物裁判から見た南京虫トコジラミ

    17世紀のフランスで、痒みで人を苦しめた南京虫が銃殺刑に。動物裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 鍵

    から見たトコジラミトコジラミ

    南京錠もしくは西洋錠は、シリンダー錠の一種で、箱状の本体と、U字型の金属の足「弦」(ツル)からなる錠。鍵で内部のシリンダーを動かすことにより、弦が持ち上がり、一方の足と本体の間に空間が生まれる。この空間にチェーンなどを組み入れてロックさせる。既に、江戸時代初期には伝来していたと考えられており、海外から伝わった「小さい」、「珍しい」という当時の意味で南京と名付けられているだけで(他の用例: 南京豆、南京虫など)、南京市とは直接の関係はない。同じく江戸期に発展した「和錠」とは対を為す意味となる。最近の日本製の物では、本体に真鍮、ツルにはステンレスまたは真鍮メッキした鋼鉄などが主に使われる。防犯性を高めるためツルを熱処理し硬度を高めた物もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 南京市

    南京市から見た南京虫トコジラミ

    「南京」という言葉は明治?昭和初期の日本において、「外来の」「エキゾチックな」というニュアンスを含む接頭語としてしばしば用いられた。「南瓜(なんきん)=かぼちゃ」「南京虫」「南京錠」「南京豆」「南京袋」「南京玉すだれ」などの言葉はその名残りである。これらの品々は、必ずしも中国の南京から輸入されたとは限らない。南京市 フレッシュアイペディアより)

  • シラミ

    シラミから見たトコジラミトコジラミ

    咀顎目以外にも、外部寄生する小動物や、そうでなくとも動物に付着する生物に、「〜ジラミ」の名がつくものがいる。トコジラミ(カメムシ目)、ウオジラミ(甲殻綱鰓尾目)、クジラジラミ(甲殻綱端脚目)、ヤブジラミ(植物のセリ科)などである。シラミ フレッシュアイペディアより)

  • フッ化スルフリル

    フッ化スルフリルから見たトコジラミトコジラミ

    ダウ・ケミカルにより開発され、オゾン層を破壊する懸念のある臭化メチルに代わる燻蒸剤としてシロアリやキクイムシ、トコジラミなどの駆除に用いられる。住宅の燻蒸には、建物全体を丈夫なテントで覆って密閉し、短い場合で16~18時間、最長で72時間、テント内部をフッ化スルフリルで充満させたのち6時間換気する。燻蒸開始から換気が済むまでは人が立ち入ることはできないが、フッ化スルフリルは無色・無臭であるため、燻蒸開始時には確実に人が退去したか確認するため、刺激性のあるクロルピクリンをテント内に放出する。フッ化スルフリル フレッシュアイペディアより)

  • コリアンダー

    コリアンダーから見たトコジラミトコジラミ

    自体の語源については、キャラウェイまたはクミンを意味する / (/) の関連語だとする考察がある一方、「匂いがカメムシに似ている」として、近縁で類似の臭気をもつトコジラミ(南京虫)を意味する () に関連づけられることも多いが、たとえば博物学の始祖的名著とされるアリストテレス『動物誌』を見ても、 はノミやシラミとともに登場はするもののその臭気に関する解説は一切見られず、それが”臭い虫”として古代ギリシア人に意識されていたとは、少なくとも一般的な資料からは知ることが難しい。コリアンダー フレッシュアイペディアより)

  • スズメ

    スズメから見たナンキンムシトコジラミ

    中国においては1955年当時、大躍進政策の一環として行われた「四害追放運動」において、ネズミ、ハエ、カとともにスズメを撲滅させるという計画が実施され、大規模な人海戦術で、年に11億羽以上も捕獲したといわれている。1960年にはスズメは対象から外され、代わってナンキンムシが加えられた。スズメが外された理由は中国側が発表していないので良く分かっていないが、一説には、スズメを駆除したことで農作物の害虫が増え、全国的に凶作となったためともいわれている。スズメ フレッシュアイペディアより)

  • カメムシ目

    カメムシ目から見たナンキンムシトコジラミ

    前羽根の根元側半分が厚くなり、不透明になっている。後ろ羽根は大きく、膜状になる。静止時には、前羽根は左右を交差して、上から見ると、前羽根の根元半分が左右の背面を覆い、先半分は互いに重なって背中側を覆う。下羽根は折りたたまれて前羽根の下に収まる。前羽根の根元側半分の間には、背中面の外骨格が3角に見える。このように、外見的には羽根が背面に収まって、一見コウチュウ目の昆虫のような外見になる。カメムシ、サシガメ、グンバイムシ、ナンキンムシ、アメンボ、タガメ、コオイムシ、タイコウチ、ミズムシ、マツモムシなど様々な昆虫が含まれる。特に、水中生活のものは水生カメムシ類とも呼ばれ、魚介類の天敵として養魚害虫扱いされるものもある。多くは遊び相手として子供たちに好まれるが、多くは肉食なので、口針で刺されると麻痺性の神経毒を注入されて激痛が走る。カメムシ目 フレッシュアイペディアより)

  • 左門豊作

    左門豊作から見たトコジラミトコジラミ

    食べ物にも頓着せず、南京虫がたかっているパンなども平気で口にする。左門豊作 フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「トコジラミ」のニューストピックワード