35件中 11 - 20件表示
  • 床虫

    床虫から見たトコジラミトコジラミ

    床虫 フレッシュアイペディアより)

  • ボルクヴァルトIV

    ボルクヴァルトIVから見たトコジラミトコジラミ

    1945年4月に56輌が改造されて製作された。“Wanze”とは、カメムシもしくはトコジラミを意味する。ボルクヴァルトIV フレッシュアイペディアより)

  • フッ化スルフリル

    フッ化スルフリルから見たトコジラミトコジラミ

    ダウ・ケミカルにより開発され、オゾン層を破壊する懸念のある臭化メチルに代わる燻蒸剤としてシロアリやキクイムシ、トコジラミなどの駆除に用いられる。住宅の燻蒸には、建物全体を丈夫なテントで覆って密閉し、短い場合で16~18時間、最長で72時間、テント内部をフッ化スルフリルで充満させたのち6時間換気する。燻蒸開始から換気が済むまでは人が立ち入ることはできないが、フッ化スルフリルは無色・無臭であるため、燻蒸開始時には確実に人が退去したか確認するため、刺激性のあるクロルピクリンをテント内に放出する。フッ化スルフリル フレッシュアイペディアより)

  • 木賃宿

    木賃宿から見た南京虫トコジラミ

    宿場制度のなくなった明治以後は単に安価で粗末な宿泊施設や安宿を意味する言葉となった。1887年の「宿屋営業取締規則」においては、木賃宿を宿泊施設の一形態として、「賄(まかない)を為さず木賃その他の諸費を受けて人を宿泊せしむるもの」と定義している。場所も街道から都市部のいわゆる貧民街に増加し、労働者や無宿人を畳一枚程度で雑魚寝させる貧民の巣窟となった。明治末期に横山源之助、幸徳秋水などが体験調査を行い記録を残しているが、室内や寝具は不潔きわまりなく、ノミや南京虫など寄生虫の跳梁する「見るにも聞くにもただただ驚き恐るるのほかなき別世界、黄泉にもかかる生き地獄のあるべきや」と表現される劣悪な施設であった。「やど」を逆にした「ドヤ」という言葉ができるのもこの頃である。木賃宿 フレッシュアイペディアより)

  • つる (落語)

    つる (落語)から見たトコジラミトコジラミ

    散髪屋で物知りの男の噂を聞きつけ、問答に来たアホの男。「南京虫は脚気になるか」「トンボはめばちこ(物貰い)を患うか」などを聞くが、常識的なことを聞けとたしなめられる。 それではと、散髪屋にあった掛軸の絵の鶴について尋ねると、昔は「首長鳥」と呼んでいたと聞かされ、重ねてなぜその後「つる」と呼ぶようになったかを尋ねる。つる (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 動物誌 (アリストテレス)

    動物誌 (アリストテレス)から見たナンキンムシトコジラミ

    第31章 - 生殖発生14 (ノミとシラミ、ナンキンムシ、魚の寄生虫)動物誌 (アリストテレス) フレッシュアイペディアより)

  • 満州リーグ戦

    満州リーグ戦から見たトコジラミトコジラミ

    選手や関係者は大歓迎を受け、公式戦終了後にファン投票によるオールスター紅白戦まで行われるなど興行的には成功したが、列車での長距離移動による疲労や南京虫などの虫害に悩まされた。満州リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • カメムシ目

    カメムシ目から見たナンキンムシトコジラミ

    前翅の根元側半分が厚くなり、不透明になっている。後翅は大きく、膜状になる。静止時には、前翅は左右を交差して、上から見ると、前翅の根元半分が左右の背面を覆い、先端部半分は互いに重なって背中側を覆う。後翅は折りたたまれて前翅の下に収まる。前翅の根元側半分の間には、背中面の外骨格が3角に見える。このように、外見的には翅が背面に収まって、一見コウチュウ目の昆虫の外見に似る。カメムシ、サシガメ、グンバイムシ、ナンキンムシ、アメンボ、タガメ、コオイムシ、タイコウチ、ミズムシ、マツモムシなど様々な種類が含まれる。特に、水中生活のものは水生カメムシ類とも呼ばれ、養殖魚の捕食者として漁業関係者から害虫扱いされるものもある。多くは遊び相手として子供たちに好まれるが、多くは肉食なので、口針で刺されると麻痺性の神経毒を注入されて激痛が走る。カメムシ目 フレッシュアイペディアより)

  • 左門豊作

    左門豊作から見たトコジラミトコジラミ

    食べ物にも頓着せず、南京虫がたかっているパンなども平気で口にする。左門豊作 フレッシュアイペディアより)

  • ナヴォイ劇場

    ナヴォイ劇場から見た南京虫トコジラミ

    また、収容所では自由時間に建築現場の床材から麻雀パイを作ったり、紙から将棋、囲碁、トランプ、花札を作ったりした娯楽により捕虜たちの気分転換を奨励したり、地元のウズベク人を招いた演芸大会も行なわれた。生活の悩みは住居であった収容所に多量にいた南京虫。ベッドの隙間に無数に生息し、当初かまれるとかゆくて寝られないこともあったが、徐々に免疫が出来てかゆくなくなってきた。殺虫剤はないので、退治のために晴れた休日に庭にベッドを出して日光を当てて焼き、効果はあったが全滅させることはできなかった。ナヴォイ劇場 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示