70件中 31 - 40件表示
  • トコジラミ

    トコジラミから見た加熱乾燥車

    ピレスロイドに耐性をもった耐性種への対策として、製薬会社ではオキサジアゾール系(メトキサジアゾンなど)を配合することで対処している。また加熱乾燥車など熱風を利用した駆除も効果的である。アメリカ合衆国などではフッ化スルフリルが使用されるが、強い毒性や温室効果などの問題がある。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見た薬剤

    薬剤の使用、エアゾール状の薬剤を通り道に散布する。絨毯や畳の裏などにはピレスロイド系のフェノトリン(商品名スミスリンなど。粉末状の薬剤)を散布することが有効である。パラジクロロベンゼンなどの防虫剤を嫌うため、旅行先などで付着されないためには荷物へ防虫剤を入れる。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見た唾液

    刺咬する際に唾液を宿主の体内に注入するが、この中に含まれる物質が引き起こすアレルギー反応で激しいかゆみが生じる。俗に、刺されると肌に2つの赤い痕跡(刺し口)が残ると言われるが、実際には刺し口は1つであることの方が多い。かゆみは刺された当日よりも2日目以降の方が強い。刺咬の痕跡は1ないし2週間以上消えない。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見た旅籠

    一方、トコジラミ研究に先鞭をつけた人物といわれている博物学者の田中芳男は『南京虫又床虱』と題した報告を残し、繁殖状況、性質、駆除の方法などを述べている。同報告によると、南京虫は明治維新前に幕府が外国から古船を購入した際、その古船に潜んで日本に上陸したものであるといい、神戸港界隈に一番多くいたということである。このことはトコジラミが江戸時代の日本国内では一般には知られていなかったことを意味する。1878年に日本を訪れた旅行家、イザベラ・バードは著書『日本奥地紀行』(Unbeaten Tracks in Japan)で、行く先々の宿で南京虫による被害に遭ったことを記述しており、当時すでに一般家庭や旅籠などに蔓延していたことが推測される。終戦後も不衛生な地域や古い木造の建物、特に公衆の出入りする安ホテルや警察の留置場などにはきわめて普遍的に見られた害虫である。江戸川乱歩が回想記『わが青春記』(1957年11月)の中で、上京後住み込みで働いた印刷工場の寮で南京虫に悩まされたことを記している。だが1965年頃より使用されだした有機リン系の殺虫剤がよく効き、1975年頃にはほとんど目にすることはなくなった。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見た

    成虫は5-7mm程度に成長する。不完全変態で、幼虫と成虫はほぼ同じ形をしている。また成虫もを持たない。体色は吸血前は薄黄色からやや赤褐色を呈すが、吸血後は吸血した血液が透けて見えるためより濃い茶色となる。成虫は卵形で、背腹軸に扁平である。タイワントコジラミとは形態的によく似ているが、トコジラミは前胸の縦横比が2.5倍程度であるのに対しタイワントコジラミは2倍程度と少し細長くなっている。雄成虫は腹部の末端が雌成虫よりも尖っており、末端に良く発達したペニスを持つ。メス成虫には腹部第4節の腹側の中央より左に特徴的な切れ込みがある。交尾の際に雄はこの切れ込みにペニスを挿入し雌に精子を提供する(ギャラリー参照)。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見た寄生

    トコジラミ(床虱。学名:Cimex lectularius 英語:Bed bug)とは、吸血性の寄生昆虫である。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見たフッ化スルフリル

    ピレスロイドに耐性をもった耐性種への対策として、製薬会社ではオキサジアゾール系(メトキサジアゾンなど)を配合することで対処している。また加熱乾燥車など熱風を利用した駆除も効果的である。アメリカ合衆国などではフッ化スルフリルが使用されるが、強い毒性や温室効果などの問題がある。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見たオキサジアゾール

    ピレスロイドに耐性をもった耐性種への対策として、製薬会社ではオキサジアゾール系(メトキサジアゾンなど)を配合することで対処している。また加熱乾燥車など熱風を利用した駆除も効果的である。アメリカ合衆国などではフッ化スルフリルが使用されるが、強い毒性や温室効果などの問題がある。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見た首里方言

    「南京虫」の「南京」とは、江戸時代には海外から伝わってきた小さいもの、珍しいものに付けられる名だった(他の用例として南京錠、南京豆などが挙げられる)。この昆虫は海外からの荷物に付着して伝わってきたと考えられている。ただし、実際に中国南部の広東省から江蘇省にかけても多く生息しているため、南京という地名に由来するとの説もあながち間違いではない。中国語では「臭虫」と呼ばれ、本種を「温帯臭虫」、タイワントコジラミを「熱帯臭虫」と称して区別する。タイワントコジラミとの混称と思われるが、地方名に、「あーぬん」(沖縄県石垣島)、「あやぬん」(沖縄県小浜島)、「ひーらー」、「っちゅくぇびーら(人食いひら)」(首里方言)、「あかめ」(東京都八丈島)などがある。布団やベッドに潜み、そこで被害を受けることが多いので「トコジラミ」や後述の「トコムシ」の名称が付いた。英語ではトコジラミ、タイワントコジラミともに「bedbug」の名称が使われるが、トコジラミを特に指す場合は「common bedbug」と言う。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

  • トコジラミ

    トコジラミから見た小浜島

    「南京虫」の「南京」とは、江戸時代には海外から伝わってきた小さいもの、珍しいものに付けられる名だった(他の用例として南京錠、南京豆などが挙げられる)。この昆虫は海外からの荷物に付着して伝わってきたと考えられている。ただし、実際に中国南部の広東省から江蘇省にかけても多く生息しているため、南京という地名に由来するとの説もあながち間違いではない。中国語では「臭虫」と呼ばれ、本種を「温帯臭虫」、タイワントコジラミを「熱帯臭虫」と称して区別する。タイワントコジラミとの混称と思われるが、地方名に、「あーぬん」(沖縄県石垣島)、「あやぬん」(沖縄県小浜島)、「ひーらー」、「っちゅくぇびーら(人食いひら)」(首里方言)、「あかめ」(東京都八丈島)などがある。布団やベッドに潜み、そこで被害を受けることが多いので「トコジラミ」や後述の「トコムシ」の名称が付いた。英語ではトコジラミ、タイワントコジラミともに「bedbug」の名称が使われるが、トコジラミを特に指す場合は「common bedbug」と言う。トコジラミ フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示