前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    7日 - 【NPB】東京ヤクルトスワローズがトニー・バーネット投手の獲得を発表。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    はオールスター戦を前後してリリーフを失敗する場面が目立ち始め、7月14日の巨人との首位攻防戦では1対0で9回に登板。巨人は8回までわずか2安打に抑えられていたが先頭の高橋由伸に死球、その後一死一、三塁となり代打の阿部慎之助に逆転タイムリーを打たれて敗戦投手となり、巨人の首位独走のきっかけとなる。この試合を境に調子を大きく落とし、2日後の広島戦ではスクイズを決められ逆転負け、その後も自身のエラーで逆転負けするなど不振が続き、8月2日に左肘の違和感を訴えて自ら二軍調整を申し出た。故障・成績不振で一軍登録を抹消されるのは2002年6月以来約10年ぶり。後半戦は代役の山井大介が好投していたこともあり、山井との併用で中継ぎに降格することもあった。終盤は調子を取り戻し、8月24日の対ヤクルト戦で自己記録を更新する「8年連続30セーブ」を達成。最終的にバーネットと並んで最多セーブのタイトルを獲得した。最多セーブ獲得はセ・リーグ史上最多の5度目、最年長記録を更新。しかし防御率は前年を大きく下回り、33セーブはストッパーに定着した2004年以降では自己ワースト記録、救援失敗数は8度と両リーグ最多タイ記録を樹立してしまう。巨人とのクライマックスシリーズでは第3戦でセーブを上げるが、第5戦の9回裏に1死満塁のピンチを招き降板、後続が打たれて敗戦投手となった。シーズン終了後の10月31日に山崎、川上、山本昌と共に球団首脳と個別に面談。佐藤球団代表によると「引退についてお互い思っていることを直接言い合いましょうという話」だという。契約更改では8千万円減とプロ入り後で初の減俸となった。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • フランキー・デラクルーズ

    フランキー・デラクルーズから見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    12月14日、NPBの東京ヤクルトスワローズに入団することが発表された。推定年俸は1,500万円、登録名はエウロ・デラクルス(Eulo De La Cruz)。なお、この時、ハイチ地震の影響でアメリカでのビザの発給が遅れ、ヤクルトのキャンプに6日ほど遅れてしまうというトラブルがあった。同年は9試合に登板し0勝0敗、防御率7.84という成績だったが、年齢が若く伸びしろが期待できることから残留の可能性もあった。しかし、ヤクルトがクローザー林昌勇の引き留めに高額の費用を投じたこともあり、割を食う形で11月30日にトニー・バーネット、ジェイミー・デントナ、李恵践らとともに自由契約となり、退団した(バーネットは後に再契約)。フランキー・デラクルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山本哲哉

    山本哲哉から見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    2011年は怪我明けの影響から思うようなピッチングができなかったものの、翌年の2012年は見違えるようなピッチングを披露。シーズン中盤にバーネットが離脱して以降は、セットアッパーに定着し、勝ちパターンでの起用が多くなる。2012年度の成績は50試合に登板して防御率1.21と好成績を記録した。山本哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ボウカー

    ジョン・ボウカーから見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    初盗塁:同上、9回裏に二盗(投手:トニー・バーネット、捕手:相川亮二)ジョン・ボウカー フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅規

    石川雅規から見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    は5年連続の開幕投手を務め、開幕戦の巨人戦(東京ドーム)で9回1死まで巨人打線を無安打に抑えた。史上初の開幕戦ノーヒットノーランは果たせなかったが、トニー・バーネットとの完封リレーで4年ぶりに開幕戦を勝利で飾り、球団新記録である開幕戦4勝目を挙げた。8月21日の巨人戦(神宮)で谷佳知から史上132人目の通算1000奪三振を達成した。しかしシーズン通しての防御率は3点台後半にとどまり、二桁勝利も途切れた。石川雅規 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    セ・パ交流戦50本塁打:2012年6月10日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、10回表にトニー・バーネットから左越2ラン ※史上初中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 李大浩

    李大浩から見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    開幕戦で4番を務め、チーム初打点となる適時打を放つも、開幕15試合目にして初の長打、17試合目にして初本塁打を記録する等、3・4月は月間打率.233と開幕当初は日本の野球への順応に苦労した。しかし、5月に入ると緩やかに調子を上げていき、5月19日の対ヤクルト戦では9回表2死の土壇場でトニー・バーネットから逆転2ランを放ち、その裏に同点に追いつかれるも延長戦の末に勝利したチームの連敗を6で止める契機となる一撃となった。すると、この試合から3試合連続本塁打、5月25日の対広島戦では延長10回裏に岸本秀樹から来日初のサヨナラ打を放つ等、5月は月間打率.322、8本塁打19打点の活躍で月間MVPを受賞した。その後も6月2日の対巨人戦では1試合4安打、7月も打率.338、7本塁打18打点の活躍で、2度目の月間MVPを受賞した。8月以降は疲労からかやや調子を落としていったが、9月8日の対日本ハム戦でも延長10回裏に石井裕也から2度目のサヨナラ打を放つ等、随所で勝負強い打撃を発揮し続けた。最終的には全試合で4番打者として出場し、打率.286、24本塁打91打点の成績で、最下位に喘いだチームにあって主軸として奮闘する働きを見せ、在日韓国人ではない韓国人選手としては初の個人タイトルとなるパ・リーグ打点王に輝いた。李大浩 フレッシュアイペディアより)

  • 松元ユウイチ

    松元ユウイチから見たトニー・バーネットトニー・バーネット

    2012年はキャンプ・開幕ともに二軍スタートとなった。5月に打線のてこ入れのために1軍に昇格するも結果が残せず登録抹消。8月にもトニー・バーネット・ウラディミール・バレンティン・宮本慎也と相次ぐ主力の離脱によって再登録される。9月には畠山和洋・松井淳・ラスティングス・ミレッジの離脱などが重なって1軍に昇格。クライマックスシリーズを争う広島東洋カープとの直接対決では3番ファーストで3試合連続でスタメンを任され、連勝に貢献したが、結局前年と同様にクライマックスシリーズ前に抹消されてシーズンを終えた。オフには第3回WBCブラジル代表としてチームメイトのラファエル・フェルナンデス・金伏ウーゴ、元ヤクルトのツギオ・曲尾マイケと共に予選ラウンドに出場。ユウイチ自身は、主将を務め、5番ファーストとしてスタメンで固定され、パナマ・コロンビアに勝利、決勝で再びパナマと当たり1-0の完封勝利を収め初出場のブラジルの2013年3月に行われる第一ラウンド進出に貢献した。松元ユウイチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示

「トニー・バーネット」のニューストピックワード