前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たトニ・ブランコ

    は林の不調などで開幕からクローザーに転じると、3月・4月の登板だけで10セーブを記録。また、シーズン初登板から、5月17日のオリックスバファローズ戦で李大浩に本塁打を浴びるまで失点を許さなかった。このような活躍によって、オールスターゲームに、セントラル・リーグの監督推薦選手として初出場を果たした。レギュラーシーズン通算では、中日の岩瀬仁紀と並んで33セーブを記録した末に、来日後初の最多セーブ投手になった。中日と対戦したクライマックスシリーズでは、第3戦で1点リードの8回途中から登板したが、トニ・ブランコに逆転満塁本塁打を浴びたことでチームのシリーズ敗退につながった。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た宮本慎也

    2013年4月17日の対中日戦で2死1塁2塁の場面で、中日の打者のエクトル・ルナが放ったサードゴロを宮本慎也がセカンドに送球したが判定はセーフ(この時の走者は俊足の大島洋平だった)、セカンドでアウトだと思った森岡良介の判断が遅れ2塁走者の岩崎恭平にホームを突かれて勝ち越し点を奪われた。その際に2塁セーフの判定を下した2塁塁審の橋本信治に激怒、仕切り直して、続く松井佑介に左越3点本塁打を浴び、その後再びマウンドから再び橋本塁審に激怒、橋本塁審もバーネットに詰め寄りあわや退場の騒ぎを起こした。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た岩瀬仁紀

    は林の不調などで開幕からクローザーに転じると、3月・4月の登板だけで10セーブを記録。また、シーズン初登板から、5月17日のオリックスバファローズ戦で李大浩に本塁打を浴びるまで失点を許さなかった。このような活躍によって、オールスターゲームに、セントラル・リーグの監督推薦選手として初出場を果たした。レギュラーシーズン通算では、中日の岩瀬仁紀と並んで33セーブを記録した末に、来日後初の最多セーブ投手になった。中日と対戦したクライマックスシリーズでは、第3戦で1点リードの8回途中から登板したが、トニ・ブランコに逆転満塁本塁打を浴びたことでチームのシリーズ敗退につながった。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たマーク・クルーン

    はAAA級リノ・エーシズで14勝8敗・防御率5.79を記録。シーズン終了後には、アリゾナ州の球団施設での練習中に、クローザーとしてNPBで活躍したマーク・クルーンからアメリカと日本のストライクゾーンの違いなどに関するレクチャーを受けた。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たジェイソン・ベバリン

    1月7日にNPBの東京ヤクルトスワローズと1年契約を結んだ。4月2日の横浜ベイスターズ戦(神宮球場)に先発投手として一軍公式戦初登板を果たすと、7回無失点2桁奪三振という内容で初勝利を挙げた。ヤクルトの外国人投手が来日初登板で初勝利を挙げたのは、のジェイソン・ベバリン以来である。しかし、以降は乱調に陥ったため、一軍と二軍を何度も往復。このため、シーズン終了後には、NPBから一旦自由契約選手として公示された。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た松井佑介

    2013年4月17日の対中日戦で2死1塁2塁の場面で、中日の打者のエクトル・ルナが放ったサードゴロを宮本慎也がセカンドに送球したが判定はセーフ(この時の走者は俊足の大島洋平だった)、セカンドでアウトだと思った森岡良介の判断が遅れ2塁走者の岩崎恭平にホームを突かれて勝ち越し点を奪われた。その際に2塁セーフの判定を下した2塁塁審の橋本信治に激怒、仕切り直して、続く松井佑介に左越3点本塁打を浴び、その後再びマウンドから再び橋本塁審に激怒、橋本塁審もバーネットに詰め寄りあわや退場の騒ぎを起こした。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た団野村

    なお、2015年でヤクルトとの契約期間を満了したことから、交渉代理人の団野村を通じてMLB移籍を模索。11月2日にポスティングシステムの利用を表明したが、12月6日(アメリカ東部時間)の交渉期限までに、MLB球団との契約が成立しなかった。ヤクルト球団では、バーネットへ残留を要請する方針の下に、12月2日付でNPBから公示された保留選手名簿にバーネットを記載。しかし、バーネット自身の意向やMLBの複数球団からの身分照会を受けて、移籍を事実上容認する姿勢に転じた。結局、保留選手名簿からの除外を経て、同月8日付でNPBから自由契約選手として公示された。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た岩崎恭平

    2013年4月17日の対中日戦で2死1塁2塁の場面で、中日の打者のエクトル・ルナが放ったサードゴロを宮本慎也がセカンドに送球したが判定はセーフ(この時の走者は俊足の大島洋平だった)、セカンドでアウトだと思った森岡良介の判断が遅れ2塁走者の岩崎恭平にホームを突かれて勝ち越し点を奪われた。その際に2塁セーフの判定を下した2塁塁審の橋本信治に激怒、仕切り直して、続く松井佑介に左越3点本塁打を浴び、その後再びマウンドから再び橋本塁審に激怒、橋本塁審もバーネットに詰め寄りあわや退場の騒ぎを起こした。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た秋吉亮

    は新加入のローガン・オンドルセクとの競争の末に、クローザーの座を維持すると、公式戦の開幕直後から23試合連続無失点を記録。オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、来日後2回目の出場を果たした。レギュラーシーズンでは、前述のオンドルセク、秋吉亮、オーランド・ロマン、久古健太郎が揃った救援陣の一角を担いながら、チーム14年振りのリーグ優勝に貢献。セーブが付く場面での救援失敗(ブラウンセーブ)をわずか1回にとどめるほど好調で、呉昇桓(阪神タイガース)と共に41セーブを挙げた末に、来日後2回目の最多セーブ投手になった。また、ポストシーズンでは、巨人とのクライマックス ファイナルステージで2セーブを記録した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たオーランド・ロマン

    は新加入のローガン・オンドルセクとの競争の末に、クローザーの座を維持すると、公式戦の開幕直後から23試合連続無失点を記録。オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、来日後2回目の出場を果たした。レギュラーシーズンでは、前述のオンドルセク、秋吉亮、オーランド・ロマン、久古健太郎が揃った救援陣の一角を担いながら、チーム14年振りのリーグ優勝に貢献。セーブが付く場面での救援失敗(ブラウンセーブ)をわずか1回にとどめるほど好調で、呉昇桓(阪神タイガース)と共に41セーブを挙げた末に、来日後2回目の最多セーブ投手になった。また、ポストシーズンでは、巨人とのクライマックス ファイナルステージで2セーブを記録した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「トニー・バーネット」のニューストピックワード