前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示
  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たトニ・ブランコ

    これらの活躍により、自身初のオールスター選出を決めている。33セーブを挙げ、中日の岩瀬仁紀と共にセーブ王になった。しかし、クライマックスシリーズ第3戦で、中日のトニ・ブランコに、決勝の満塁本塁打を浴びてしまい、チームはファイナルステージ進出を逃した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た岩瀬仁紀

    これらの活躍により、自身初のオールスター選出を決めている。33セーブを挙げ、中日の岩瀬仁紀と共にセーブ王になった。しかし、クライマックスシリーズ第3戦で、中日のトニ・ブランコに、決勝の満塁本塁打を浴びてしまい、チームはファイナルステージ進出を逃した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たマーク・クルーン

    2009年はダイヤモンドバックス傘下3Aリノで14勝8敗、防御率5.79。マイナー通算97試合39勝27敗、防御率4.36。オフにはアリゾナの同じ施設で練習していたマーク・クルーンから米国と日本のストライクゾーンの違いなどレクチャーを受けた。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たジェイソン・ベバリン

    2010年4月2日の横浜戦で先発を務め、7回無失点二桁奪三振の快投で、チームの外国人投手としては、2003年のジェイソン・ベバリン以来、来日初登板初勝利を記録した。しかしその後は打ちこまれたり四球の多さなど乱調に陥り、度々二軍に降格した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た東京ヤクルトスワローズ

    トニー・バーネット(Anthony Lee "Tony" Barnette , 1983年11月9日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国アラスカ州出身。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た阿部茂樹

    平均球速約145km/h、最速151km/hの手元で動く速球(フォーシーム、シュート系のツーシーム、シンカー)とスライダー、カットボール、平均球速約134km/hのチェンジアップを投げ分ける。マイナー通算97試合登板の内96試合が先発での登板だったが、中継ぎに配置転換された2011年からはブルペン捕手の阿部茂樹の助言からストレートとカットボール、ツーシームを軸とした投球スタイルに変え、制球が安定し高い奪三振率を誇っている。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た帆足和幸

    初安打:2010年6月4日、対埼玉西武ライオンズ3回戦(明治神宮野球場)、5回裏に帆足和幸から右前安打トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た林昌勇

    2012年は林昌勇の不調もあってクローザーに転じた。3月、4月は自責点0で10セーブを挙げる活躍を見せる。5月17日のオリックス戦で李大浩に本塁打を浴びるまで、失点を許さなかった。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た松岡健一

    2011年は先発ローテーション枠の関係でリリーフへ配置転換される。先発だった前年とは打って変わり、開幕から中継ぎとして安定した投球を続け、松岡健一が離脱して以降は8回を投げる勝利の方程式として起用される。5月16日、兄が急死したため一時帰国したものの、復帰後も変わらぬ活躍を続けたが、9月5日に右手首の剥離骨折で離脱。クライマックスシリーズ第2ステージで復帰したものの、中日に敗れシーズンを終えた。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た李大浩

    2012年は林昌勇の不調もあってクローザーに転じた。3月、4月は自責点0で10セーブを挙げる活躍を見せる。5月17日のオリックス戦で李大浩に本塁打を浴びるまで、失点を許さなかった。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示

「トニー・バーネット」のニューストピックワード