34件中 11 - 20件表示
  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た内川聖一

    初奪三振:同上、1回表に内川聖一からトニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たペ英洙

    11月4日、一度自由契約選手となるが、獲得を検討していた裴英洙投手のメディカルチェックが不合格になった為にその代役で2011年1月12日にヤクルトと再契約した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た中日ドラゴンズ

    2011年は先発ローテーション枠の関係でリリーフへ配置転換される。先発だった前年とは打って変わり、開幕から中継ぎとして安定した投球を続け、松岡健一が離脱して以降は8回を投げる勝利の方程式として起用される。5月16日、兄が急死したため一時帰国したものの、復帰後も変わらぬ活躍を続けたが、9月5日に右手首の剥離骨折で離脱。クライマックスシリーズ第2ステージで復帰したものの、中日に敗れシーズンを終えた。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たアリゾナ・ダイヤモンドバックス

    のMLBドラフト10巡目でアリゾナ・ダイヤモンドバックスに入団。パイオニア・リーグで優勝を経験。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たオリックスバファローズ

    2012年は林昌勇の不調もあってクローザーに転じた。3月、4月は自責点0で10セーブを挙げる活躍を見せる。5月17日のオリックス戦で李大浩に本塁打を浴びるまで、失点を許さなかった。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た埼玉西武ライオンズ

    初安打:2010年6月4日、対埼玉西武ライオンズ3回戦(明治神宮野球場)、5回裏に帆足和幸から右前安打トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た痛風

    尿酸値が高く、2010年シーズン途中に痛風を発症し登録抹消されたことがある。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た千葉ロッテマリーンズ

    ハリウッド俳優顔負けの端正な顔立ちが特徴で、外国人選手ながら女性ファン人気も高い。テレビ中継で実況解説陣が容姿に触れることも多く、2010年シーズン前に初来日した際には、空港でバーネットの姿を目撃した千葉ロッテマリーンズの梶原紀章広報が「格好良すぎる」と絶賛していた。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た2009年

    2009年はダイヤモンドバックス傘下3Aリノで14勝8敗、防御率5.79。マイナー通算97試合39勝27敗、防御率4.36。オフにはアリゾナの同じ施設で練習していたマーク・クルーンから米国と日本のストライクゾーンの違いなどレクチャーを受けた。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た速球

    平均球速約145km/h、最速151km/hの手元で動く速球(フォーシーム、シュート系のツーシーム、シンカー)とスライダー、カットボール、平均球速約134km/hのチェンジアップを投げ分ける。マイナー通算97試合登板の内96試合が先発での登板だったが、中継ぎに配置転換された2011年からはブルペン捕手の阿部茂樹の助言からストレートとカットボール、ツーシームを軸とした投球スタイルに変え、制球が安定し高い奪三振率を誇っている。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「トニー・バーネット」のニューストピックワード