75件中 11 - 20件表示
  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た梶谷隆幸

    1球セーブ:2015年4月17日、対横浜DeNAベイスターズ4回戦(明治神宮野球場)、9回表2死2、3塁に2番手で救援登板・完了、梶谷隆幸を投直に打ち取り試合終了(セ・リーグ31人目、通算35度目)トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たウラディミール・バレンティン

    2014年8月19日の対巨人戦では、九回の表の守備で長野久義が打った左翼線の打球をアキレス腱痛のウラディミール・バレンティンが2塁打にして、同点に追いつかれたことからチェンジ後にバーネットがバレンティンに激怒したことから両者揉み合いになり、次の九回裏のバレンティンの打席でボール球を打ってショートゴロでアウトになりベンチからロッカールームに行く際、再びベンチでバーネットと乱闘騒ぎになった。なお、このシーンはテレビでも流された(バレンティンとは後に和解)。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た青木宣親

    4月5日の開幕2戦目のシアトル・マリナーズ戦で初登板を果たすが、ヤクルト時代の同僚だった青木宣親に適時打を打たれるなど2失点で敗戦投手となる、メジャーデビューとなった。しかし次第に適応して監督の信頼も勝ち取り、最終的には53試合にリリーフ登板して防御率2.09・7勝3敗15ホールド・WHIP1.16という好成績を記録して、チームの地区優勝に大きく貢献。特に、16回のホールド機会のうち失敗をわずか1回に留める安定感で、レンジャーズのブルペン陣の一角として欠かせない存在へと成長した。11月6日にFAとなった。12月4日にレンジャーズと1年150万ドルで契約を結んだ。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た大島洋平

    2013年4月17日の対中日戦で2死1塁2塁の場面で、中日の打者のエクトル・ルナが放ったサードゴロを宮本慎也がセカンドに送球したが判定はセーフ(この時の走者は俊足の大島洋平だった)、セカンドでアウトだと思った森岡良介の判断が遅れ2塁走者の岩崎恭平にホームを突かれて勝ち越し点を奪われた。その際に2塁セーフの判定を下した2塁塁審の橋本信治に激怒、仕切り直して、続く松井佑介に左越3点本塁打を浴び、その後再びマウンドから再び橋本塁審に激怒、橋本塁審もバーネットに詰め寄りあわや退場の騒ぎを起こした。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た呉昇桓

    は新加入のローガン・オンドルセクとの競争の末に、クローザーの座を維持すると、公式戦の開幕直後から23試合連続無失点を記録。オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、来日後2回目の出場を果たした。レギュラーシーズンでは、前述のオンドルセク、秋吉亮、オーランド・ロマン、久古健太郎が揃った救援陣の一角を担いながら、チーム14年振りのリーグ優勝に貢献。セーブが付く場面での救援失敗(ブラウンセーブ)をわずか1回にとどめるほど好調で、呉昇桓(阪神タイガース)と共に41セーブを挙げた末に、来日後2回目の最多セーブ投手になった。また、ポストシーズンでは、巨人とのクライマックス ファイナルステージで2セーブを記録した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見た阪神タイガース

    は新加入のローガン・オンドルセクとの競争の末に、クローザーの座を維持すると、公式戦の開幕直後から23試合連続無失点を記録。オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、来日後2回目の出場を果たした。レギュラーシーズンでは、前述のオンドルセク、秋吉亮、オーランド・ロマン、久古健太郎が揃った救援陣の一角を担いながら、チーム14年振りのリーグ優勝に貢献。セーブが付く場面での救援失敗(ブラウンセーブ)をわずか1回にとどめるほど好調で、呉昇桓(阪神タイガース)と共に41セーブを挙げた末に、来日後2回目の最多セーブ投手になった。また、ポストシーズンでは、巨人とのクライマックス ファイナルステージで2セーブを記録した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たシアトル・マリナーズ

    4月5日の開幕2戦目のシアトル・マリナーズ戦で初登板を果たすが、ヤクルト時代の同僚だった青木宣親に適時打を打たれるなど2失点で敗戦投手となる、メジャーデビューとなった。しかし次第に適応して監督の信頼も勝ち取り、最終的には53試合にリリーフ登板して防御率2.09・7勝3敗15ホールド・WHIP1.16という好成績を記録して、チームの地区優勝に大きく貢献。特に、16回のホールド機会のうち失敗をわずか1回に留める安定感で、レンジャーズのブルペン陣の一角として欠かせない存在へと成長した。11月6日にFAとなった。12月4日にレンジャーズと1年150万ドルで契約を結んだ。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たテキサス・レンジャーズ

    アンソニー・リー・バーネット(Anthony Lee "Tony" Barnette, 1983年11月9日 - )は、アメリカ合衆国アラスカ州アンカレッジ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・テキサス・レンジャーズ所属。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たエクトル・ルナ

    2013年4月17日の対中日戦で2死1塁2塁の場面で、中日の打者のエクトル・ルナが放ったサードゴロを宮本慎也がセカンドに送球したが判定はセーフ(この時の走者は俊足の大島洋平だった)、セカンドでアウトだと思った森岡良介の判断が遅れ2塁走者の岩崎恭平にホームを突かれて勝ち越し点を奪われた。その際に2塁セーフの判定を下した2塁塁審の橋本信治に激怒、仕切り直して、続く松井佑介に左越3点本塁打を浴び、その後再びマウンドから再び橋本塁審に激怒、橋本塁審もバーネットに詰め寄りあわや退場の騒ぎを起こした。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・バーネット

    トニー・バーネットから見たローガン・オンドルセク

    は新加入のローガン・オンドルセクとの競争の末に、クローザーの座を維持すると、公式戦の開幕直後から23試合連続無失点を記録。オールスターゲームには、セントラル・リーグの監督推薦選手として、来日後2回目の出場を果たした。レギュラーシーズンでは、前述のオンドルセク、秋吉亮、オーランド・ロマン、久古健太郎が揃った救援陣の一角を担いながら、チーム14年振りのリーグ優勝に貢献。セーブが付く場面での救援失敗(ブラウンセーブ)をわずか1回にとどめるほど好調で、呉昇桓(阪神タイガース)と共に41セーブを挙げた末に、来日後2回目の最多セーブ投手になった。また、ポストシーズンでは、巨人とのクライマックス ファイナルステージで2セーブを記録した。トニー・バーネット フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「トニー・バーネット」のニューストピックワード