前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • カラー・オブ・ハート

    カラー・オブ・ハートから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    『カラー・オブ・ハート』(Pleasantville)は、1998年に製作されたトビー・マグワイア主演のファンタジー映画。カラー・オブ・ハート フレッシュアイペディアより)

  • ロボテック

    ロボテックから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    2007年9月7日、アメリカの映画業界紙 ハリウッド・リポーターは、ワーナー・ブラザース社がハーモニーゴールド USA社から『ロボテック』の公開期日未定の実写映画化権を取得したと報じた。主演・プロデュースは『スパイダーマン』のトビー・マグワイア(Tobey Maguire)と、その製作会社マグワイア・エンターテイメント社と契約した。ロボテック フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なるギャツビー (2013年の映画)

    華麗なるギャツビー (2013年の映画)から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    『華麗なるギャツビー』(かれいなるギャツビー)(原題: The Great Gatsby)は、2013年のアメリカ合衆国の恋愛・である。F・スコット・フィッツジェラルドの1925年の小説『グレート・ギャツビー』を原作としており、バズ・ラーマンが監督・脚本を務めている。出演はレオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラークらである。華麗なるギャツビー (2013年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • シービスケット (映画)

    シービスケット (映画)から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    大恐慌時代のアメリカに実在した競走馬シービスケットと、それを取り巻く3人の男たちの姿を描いたローラ・ヒレンブランドの同名の小説を原作としている。最後のレースシーンは当時の映像を参考にレース運びから着順にいたるまで極めて忠実に再現された。ゲイリー・ロスが監督と製作、さらに脚本を兼任した。また、主演のトビー・マグワイアは製作総指揮も担当した。第76回アカデミー賞では、作品賞を初め7部門にノミネートされた。報知映画賞海外作品賞を受賞。日本アカデミー賞優秀外国作品賞も受賞(最優秀賞ノミネートにあたる)。シービスケット (映画) フレッシュアイペディアより)

  • スパイダーマンの映画作品

    スパイダーマンの映画作品から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    スパイダーマンの映画化権は1985年に購入され、様々なスタジオを渡り歩き、ジェームズ・キャメロンが監督する話が持ち上がった後、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが手に入れた。ソニーはコミックファンであるサム・ライミを監督に雇い、『スパイダーマン』(2002年)、『スパイダーマン2』(2004年)、『スパイダーマン3』(2007年)が製作された。これらの作品ではピーター・パーカー(トビー・マグワイア)がメリー・ジェーン・ワトソン(キルスティン・ダンスト)と交際し、スパイダーマンとなった彼はグリーン・ゴブリン(ウィレム・デフォー)、ドクター・オクトパス(アルフレッド・モリーナ)、ニューゴブリン(ジェームズ・フランコ)、(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、ヴェノム(トファー・グレイス)と対決する。ライミの三部作は総製作費5億9700万ドルに対し、全世界で25億ドルを売り上げた。スパイダーマンの映画作品 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ヴァイパー・ルーム

    ザ・ヴァイパー・ルームから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    開店の年に起こったリヴァー・フェニックスの死にも関わらず、このクラブはハリウッドで最も人気のある若い俳優やミュージシャンたちの溜まり場であり続けている。常連客には、ジェニファー・アニストン、リサ・マリー・プレスリー、ジャレッド・レト、クリスティナ・アップルゲイト、アンジェリーナ・ジョリー、ロザリオ・ドーソン、トビー・マグワイア、レオナルド・ディカプリオらがいる。カウンティング・クロウズのリード・シンガー、アダム・デュリッツ (Adam Duritz)は、バンドが急に有名になったことから逃避するため、1994年の遅い時期から1995年はじめにかけて、ザ・ヴァイパー・ルームでバーテンダーとして働いていた。ザ・ヴァイパー・ルーム フレッシュアイペディアより)

  • 第31回サターン賞

    第31回サターン賞から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    トビー・マグワイア - 『スパイダーマン2』第31回サターン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第77回アカデミー賞

    第77回アカデミー賞から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    年々視聴率が落ちているアカデミー賞授賞式のため、司会には過激な発言で知られている若手スタンダップ・コメディアンのクリス・ロックを起用。ロックは授賞式以前からアカデミー賞を批判するような発言をしていたため、一部からは起用を危惧する声もあった。しかし、ジュード・ロウやトビー・マグワイア、ジョージ・W・ブッシュ等をネタにしたものの、放送禁止用語は使わず、比較的無難なものであったと言える。第77回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ダルドリー

    スティーブン・ダルドリーから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    2005年にはマイケル・シェイボンのピューリッツァー賞受賞小説『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』を、ナタリー・ポートマンとトビー・マグワイア主演で制作すると報道されたが、現在中止されている。スティーブン・ダルドリー フレッシュアイペディアより)

  • サターン若手俳優賞

    サターン若手俳優賞から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    1998年度(第25回):トビー・マグワイア 『カラー・オブ・ハート』サターン若手俳優賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「トビー・マグワイア」のニューストピックワード