58件中 41 - 50件表示
  • 土田大

    土田大から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    マイ・ブラザー(サム・ケイヒル〈トビー・マグワイア〉)土田大 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智浩

    坪井智浩から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    ラスベガスをやっつけろ(ヒッチハイカー〈トビー・マグワイア〉)※旧盤DVD・ビデオ版坪井智浩 フレッシュアイペディアより)

  • 山口勝平

    山口勝平から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    あのころ僕らは(イアン〈トビー・マグワイア〉)山口勝平 フレッシュアイペディアより)

  • 宮野真守

    宮野真守から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    ボス・ベイビー(大人になったティム〈声:トビー・マグワイア〉、エルヴィス)※劇場公開版宮野真守 フレッシュアイペディアより)

  • ボス・ベイビー

    ボス・ベイビーから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    大人になったティム - トビー・マグワイア: 物語の語り手。ボス・ベイビー フレッシュアイペディアより)

  • リース・ウィザースプーン

    リース・ウィザースプーンから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    1997年、ライアン・フィリップとの時間を大切にするため休養した。1998年、『』、『カラー・オブ・ハート』、『トワイライト 葬られた過去』の3本の映画で復帰した。『カラー・オブ・ハート』では1990年代から1950年代のテレビ・ドラマの舞台に紛れ込んでしまう兄妹としてトビー・マグワイアと共に主演した。ウィザースプーンは外見、交友関係、人気ばかりを気にする妹ジェニファー役を演じた。この演技は好評で、ヤング・ハリウッド賞女優賞を受賞した。映画監督のゲイリー・ロスはこの頃からウィザースプーンは将来大物女優になると予見していた。リース・ウィザースプーン フレッシュアイペディアより)

  • 猿の惑星: 創世記

    猿の惑星: 創世記から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    アルツハイマー型認知症治療の研究者をジェームズ・フランコが演じる。当初、フランコの役にはトビー・マグワイアが検討されていた。猿の惑星: 創世記 フレッシュアイペディアより)

  • 猪野学

    猪野学から見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    声優としては『スパイダーマン』などのトビー・マグワイアの吹き替えでも知られる。猪野学 フレッシュアイペディアより)

  • 超時空要塞マクロス

    超時空要塞マクロスから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    「マクロス」は同じタツノコプロ制作の『超時空騎団サザンクロス』や『機甲創世記モスピーダ』と同じ世界・同じ時間軸のストーリーとして再編集したROBOTECH(ロボテック)の第一シーズン THE MACROSS SAGA( マクロス・サーガ ) としてアメリカ合衆国、カナダ連邦、欧州連合諸国、南米諸国ほか各国で放映され大人気となり、現在まで続く日本国外での日本アニメブームの先駆けとなった。それ以前に輸出され人気のあった『宇宙戦艦ヤマト』や『科学忍者隊ガッチャマン』は、編集によりストーリーが全く異なったり、暴力描写やメインキャラクターの死などがカットされているのに対し、ROBOTECHでは三作品を繋げるための設定変更や登場人物の英語圏向けの名前変更、一部の暴力描写の削除検閲以外は、ほぼそのまま翻訳して放映されている。その後も翻案作品である「ロボテック・シリーズ」の物語構成と設定に基づく米国独自の物語構成の続編『シャドウ・クロニクル』(「影の年代記」の意味 )が作られたほか、本人自身も上記作品の中核ファンである「トビー・マグワイアを主演・プロデュースに据えてワーナー・ブラザースが実写映画化を計画中と報じられた。詳細は「ロボテック」を参照。なお『マクロス』単独のハリウッド実写映画化企画も存在したが、実現しなかった。超時空要塞マクロス フレッシュアイペディアより)

  • スパイダーマン

    スパイダーマンから見たトビー・マグワイアトビー・マグワイア

    スパイダーマンの設定は「実写では再現不可能」と言われていたが、映画『スパイダーマン』は当時のCG技術を結集させ、再現に成功した。実写映画シリーズは3で完結する予定が好評のため4〜6の製作が発表されたが、学生期を描く作品にするため、ソニーピクチャーズはサム・ライミとトビー・マグワイアを降板にし、新たなリブート作品『アメイジング・スパイダーマン』を制作する事を発表した。同作以降は3D映画として公開されている。『アメイジング・スパイダーマン』も続編2作品とスピンオフ作品の制作が予定されていたが、2作目の興行収入が配給側の予想を大きく下回った影響もあり、ソニー・ピクチャーズは当初の予定を変更してマーベル・スタジオとのパートナーシップを締結し、『マーベル・シネマティック・ユニバース』の新シリーズとして再びシリーズをリブートすることが決定。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズは事実上の打ち切りとなったが、新シリーズの単独映画の配給はソニーが引き続き担当する。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)が新スパイダーマンのデビュー作となり、2017年には新シリーズ第1作となる『スパイダーマン:ホームカミング』が公開された。MCUでもスパイダーマンの登場に合わせ、『アイアンマン2』や『アベンジャーズ』の展開を基にした新設定が加えられた。スパイダーマン フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「トビー・マグワイア」のニューストピックワード