トマス・ピンチョン ニュース&Wiki etc.

トマス・ラッグルス・ピンチョン(英語:Thomas Ruggles Pynchon、1937年5月8日 - )は、アメリカの小説家。 (出典:Wikipedia)

「トマス・ピンチョン」最新ニュース

「トマス・ピンチョン」Q&A

  • Q&A

    英語について3点お聞きします。 1:1980年代の高校の授業で英語ⅡAという科目が…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年1月4日 16:04

  • Q&A

    トマスピンチョンの本は面白いと思いますか?私は、未だに読んだ事が無くて、興味だけです…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年11月2日 20:15

  • Q&A

    トマス・ピンチョンの『重力の虹』とマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』では …

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年10月15日 23:10

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「トマス・ピンチョン」のつながり調べ

  • ヴィトゲンシュタインの箒

    ヴィトゲンシュタインの箒から見たトマス・ピンチョン

    1999年の日本語訳出版時には帯に「ジョイスのような言葉遊びと、ナボコフのような美しくも偏執的モノローグ、ピンチョンを思わせる多重構造、ヴォネガットのシュールレアリズム」と書かれていた。(ヴィトゲンシュタインの箒 フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ムーア

    アラン・ムーアから見たトマス・ピンチョン

    アメリカン・コミック原作者としてのムーアは、子供向けでつまらないものとして退けられがちなこのジャンルに、成熟した文学的な感覚を持ち込んだ功績により評価されている。ムーアの実験は、文学からの影響や成人向けのテーマ、挑戦的な題材などの作品内容にとどまらず、独特な効果の採用や、文字と絵の異なる組み合わせなどの表現形式にまで及ぶ。ムーアの作品は、ウィリアム・S・バロウズ、トマス・ピンチョン、イアン・シンクレアなどの文学者や、ニューウェーブSF作家のマイケル・ムアコック、ホラー作家のクライヴ・バーカー、映像作家のニコラス・ローグなど、幅広いジャンルからの影響を受けている。コミックに成人向けのテーマを持ち込んだ先駆的作品『The Adventures of Luther Arkwright(ルーサー・アークライトの冒険)』で知られるイギリスの漫画家ブライアン・タルボットは、間違いなくムーアの作品に最も大きな影響を与えている。(アラン・ムーア フレッシュアイペディアより)

「トマス・ピンチョン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード