トマス・ピンチョン ニュース&Wiki etc.

トマス・ラッグルス・ピンチョン(英語:Thomas Ruggles Pynchon、1937年5月8日 - )は、アメリカの小説家。現代のアメリカ文学を代表する小説家のひとりであり、1990年代以降定期的にノーベル文学賞候補に挙げられている。公の場に姿を見せない覆面作家で、公式なインタビューはおこなわず、顔写真も学生時代… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「トマス・ピンチョン」のつながり調べ

  • The Witness

    The Witnessから見たトマス・ピンチョン

    ブローはThe Witnessを大衆向けではなく、高度な知能ゲームとして開発したと証言している。彼はこの戦略を「アンチ任天堂」としており、一般的な任天堂のゲームと違ってプレイヤーにほとんど何も情報を与えない。プローによると、この時に開発されていたゲームのほとんどは、プレイヤーを「何も知らない人」として扱っており、The Witnessではプレイヤーを、「好奇心旺盛で知恵のある人」として扱うようにしたという。ブローはこの考え方を、トマス・ピンチョンの『重力の虹』と対象化させる。この小説では「文章理解の手助けとなるもの」を付け加えようとせず、彼はこれをビデオゲームにも応用できると考えた。ブローによると、タイムアタックのチャレンジで自動生成されるパズルは、比較的難しくなるようになっており、「どれだけ深くパズルのルールを理解しているか、どれだけ早く新パズルの解放を見いだせるかをテストする」よう仕向けているという。(The Witness フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ウォマック

    ジャック・ウォマックから見たトマス・ピンチョン

    『時計じかけのオレンジ』、J・G・バラード、フィリップ・K・ディック、ウィリアム・バロウズ、デイモン・ラニアン、K・W・ジーター、ラッセル・ホーバン、マーティン・エイミス、ノーマン・メイラー、トマス・ピンチョン、『パリ、テキサス』、『テルマ&ルイーズ』、カート・ヴォネガット、ジェイムズ・M・ケイン、ミハイル・ブルガーコフ、グリール・マーカス、ハワード・ウォルドロップ、ジャック・ケルアック、P・G・ウッドハウス(ジャック・ウォマック フレッシュアイペディアより)

「トマス・ピンチョン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ