前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 佐藤良明

    佐藤良明から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン研究でデビューし、1980年代に人類学者グレゴリー・ベイトソンの研究、紹介、翻訳を軸とした評論活動を行う。佐藤良明 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯泰樹

    佐伯泰樹から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    アメリカ文学者・佐伯彰一の子として富山県に生まれる。1975年東京大学英文科卒、1978年同大学院修士課程修了、東工大助手、東工大助教授を経て、東工大外国語教育センター教授。1994年、トマス・ピンチョン『重力の虹』の共訳によりBABEL国際翻訳大賞日本翻訳大賞受賞。佐伯泰樹 フレッシュアイペディアより)

  • BABEL国際翻訳大賞

    BABEL国際翻訳大賞から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    大賞:越川芳明,佐伯泰樹,植野達郎,幡山秀明、トマス・ピンチョン『重力の虹』国書刊行会BABEL国際翻訳大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年 (小説)

    1984年 (小説)から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    - トマス・ピンチョンの序論が追加されたペーパーバック。1984年 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ファリーニャ

    リチャード・ファリーニャから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ファリーニャはニューヨーク市のブルックリン区に生まれ、キューバ系とアイルランド系の血をひいている。コーネル大学で始めは工学を専攻したが後に英文学に転向している。在学中いくつかの短編小説を執筆し地元文芸誌だけでなくTransatlantic ReviewやMademoiselleといった雑誌にも投稿した。大学ではトマス・ピンチョンやピーター・ヤーロウらと親交を結んだ。学生デモに参加して停学処分になったのち復学するが1959年に卒業を目前にして大学を退学した。リチャード・ファリーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・T・ヴォルマン

    ウィリアム・T・ヴォルマンから見たピンチョントマス・ピンチョン

    ウィリアム・T・ヴォルマン(William T.Vollmann、1959年7月28日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の小説家、ジャーナリスト。全米図書賞受賞者である。1990年代にはデヴィッド・フォスター・ウォレスと並んでピンチョン以降のポストモダン文学を代表する一人と見なされていた。きわめて多作な作家であり、長大な小説を数多く執筆する一方、取材のために世界各地を旅行してはその成果をルポルタージュや旅行記として発表している。近年は自然科学や日本の能舞台など幅広い分野のノンフィクションも手がけている。ウィリアム・T・ヴォルマン フレッシュアイペディアより)

  • 鐘楼 (サンマルコ広場)

    鐘楼 (サンマルコ広場)から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    またシカゴ万博から第一次世界大戦までを描いた2006年のトマス・ピンチョンの小説「アゲインスト・ザ・デイ」にも1902年に起こった鐘楼の崩壊が航空戦の被害という形で登場する。鐘楼 (サンマルコ広場) フレッシュアイペディアより)

  • 逆光 (小説)

    逆光 (小説)から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『逆光』(ぎゃっこう、原題:Against the Day )は、トマス・ピンチョンの長編小説。2006年に出版され、ピンチョンの小説で最長の作品である。日本語訳は2010年、木原善彦の翻訳で新潮社から出版された。逆光 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァインランド

    ヴァインランドから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『ヴァインランド』(原題『Vineland』)はアメリカの作家トマス・ピンチョンの4作目にあたる長編小説。1990年刊。ヴァインランド フレッシュアイペディアより)

  • レイノルズ・プライス

    レイノルズ・プライスから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    プライスは、ベストセラーになった小説の成功や、雑誌「タイム」の表紙で全国的に認知されたにも拘わらす、同時代のアメリカ文学界の多くの作家と比べて、そこその認知を得たとは言い難い。ジェイムズ・シフは、「プライスには、書評家からの賞賛はあったが、学者からの注目は受けなかった。同世代のジョン・アップダイク、フィリップ・ロス、トマス・ピンチョン、ジョイス・キャロル・オーツ、トニ・モリスン、ジョン・バース、シルヴィア・プラス、スーザン・ソンタグ、ドン・デリーロ、シンシア・オジック達文学者と比べて、確かに評価が低い」と説明している。しかし、それらの作家たちより知られていないとしても、プライスは文学界や多くの読者から広く祝されてもいる。レイノルズ・プライス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示