前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • リチャード・ファリーニャ

    リチャード・ファリーニャから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ファリーニャはニューヨーク市のブルックリン区に生まれ、キューバ系とアイルランド系の血をひいている。コーネル大学で始めは工学を専攻したが後に英文学に転向している。在学中いくつかの短編小説を執筆し地元文芸誌だけでなくTransatlantic ReviewやMademoiselleといった雑誌にも投稿した。大学ではトマス・ピンチョンやピーター・ヤーロウらと親交を結んだ。学生デモに参加して停学処分になったのち復学するが1959年に卒業を目前にして大学を退学した。リチャード・ファリーニャ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・エリクソン

    スティーヴ・エリクソンから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    スティーブ・エリクソン(Steve Erickson、1950年4月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の小説家。1985年に『彷徨う日々』で作家デビュー。現在、カリフォルニア芸術大学で創作を教え、文芸誌編集長も兼任している。「幻視の作家」として知られ、その作風は縦横無尽に展開される想像力による幻想的な光景の描写、歴史の再構築、黙示録的なイメージの提示などによって特徴付けられる。特に、アメリカ独立宣言の起草者トーマス・ジェファーソンとその奴隷の(愛人だったという説のある)サリー・ヘミングスとの愛と葛藤とを軸に、時代と場所を越えて物語を繰り広げる長篇『Xのアーチ』は、トマス・ピンチョンによって「独立宣言以降のアメリカのいかなる文章にも増して大胆で、クレイジーで、パッションに満ちている」と絶賛された。スティーヴ・エリクソン フレッシュアイペディアより)

  • 木原善彦

    木原善彦から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    鳥取県生まれ。京都大学文学部卒業。1998年同大学大学院博士後期課程修了、「流浪の身の歌 -トマス・ピンチョンの小説」で文学博士。1996年姫路獨協大学外国語学部講師、2000年助教授、2001年大阪大学言語文化部助教授、2007年同言語文化研究科准教授。木原善彦 フレッシュアイペディアより)

  • 志村正雄

    志村正雄から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    20世紀アメリカ文学専攻で、トマス・ピンチョン、ジョン・バースなどを研究、翻訳した。志村正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 越川芳明

    越川芳明から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン、佐伯泰樹、植野達郎、畠山秀明共訳『重力の虹』国書刊行会、1993年越川芳明 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーヨーダイン

    ヨーヨーダインから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ヨーヨーダインは作家トマス・ピンチョンの作品『V.』で登場し、『競売ナンバー49の叫び』においてスポットをあてられた軍需企業である。 後者の作品中において「航空宇宙産業における最大手」とされる。第二次世界大戦を経験した退役軍人であるクレイトン・「ブラッディー」・チクリッツによって創業された。カリフォルニアの架空の都市であるサン・ナルシソに巨大な製造工場を持つ。ヨーヨーダイン フレッシュアイペディアより)

  • 鐘楼 (サンマルコ広場)

    鐘楼 (サンマルコ広場)から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    またシカゴ万博から第一次世界大戦までを描いた2006年のトマス・ピンチョンの小説「アゲインスト・ザ・デイ」にも1902年に起こった鐘楼の崩壊が航空戦の被害という形で登場する。鐘楼 (サンマルコ広場) フレッシュアイペディアより)

  • 復讐悲劇

    復讐悲劇から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『競売ナンバー49の叫び』の中に、架空のリチャード・ウォーフィンガーが書いた『急使の悲劇(The Courier's Tragedy)』という題名のジャコビアン時代の復讐悲劇のパロディが登場する。復讐悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • カズー

    カズーから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    アメリカの小説家トマス・ピンチョンの作品には、正統的なものを茶化す意味合いでしばしばカズーが登場する(ヴィヴァルディが作曲したとされる幻の「カズー協奏曲」など。もちろんヴィヴァルディの時代のヨーロッパにカズーは存在しない)。カズー フレッシュアイペディアより)

  • ほら話

    ほら話から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    東北部のヤンキーの風刺的なユーモアと対照的なほら話のユーモアは、またアメリカの近代文学の源流の一つでもある。マーク・トゥエインの「」やの「アーカンソーの大熊」、ワシントン・アーヴィングの「リップ・ヴァン・ウィンクル」などはほら話の古典であり、またエドガー・アラン・ポーの疑似科学を題材にした作品もほら話の流れを汲むものと見ることもできる。こうした伝統は20世紀以降も、大げさな表現を頻発する少年が語り手のサリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』や、歴史を誇張たっぷりに捏造するピンチョン、バースといった作家の作品のなかに連綿と受け継がれている。ほら話 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード