81件中 11 - 20件表示
  • 飛火野耀

    飛火野耀から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    デビュー作『イース』の略歴では、尊敬する人物として、トマス・ピンチョン、大島弓子、カール・テオドア・ドライヤーの名をあげており、趣味として、競馬場での瞑想とルネサンス音楽の鑑賞をあげている。また、『イース』第2巻の略歴では、牡羊座であることを明かし、好きな物としてデューク・エリントンの音楽、ジャン・ルノワールの映画、エスプレッソのコーヒーを挙げ、嫌いなものとして、雷、歯科医、甲殻類を挙げている。飛火野耀 フレッシュアイペディアより)

  • TAMALA2010 a punk cat in space

    TAMALA2010 a punk cat in spaceから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    このアニメはほぼ白黒で構成されていながら、3Dと2Dの両方を用いている。ストーリーはトマス・ピンチョンの『競売ナンバー49の叫び』のアニメ版ともいえる内容となっている 。キャッチコピーは「ファッキンな一日が始まりますね」。TAMALA2010 a punk cat in space フレッシュアイペディアより)

  • 20世紀の文学

    20世紀の文学から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    20世紀文学の代表的作家としては、マルセル・プルースト、ジェイムズ・ジョイス、フランツ・カフカの3人をはじめ、アンドレ・ジッド、トーマス・マン、ロベルト・ムージル、ヴァージニア・ウルフ、ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイ、アルベール・カミュ、サミュエル・ベケット、ガブリエル・ガルシア=マルケス、トマス・ピンチョンらが挙げられる。20世紀の文学 フレッシュアイペディアより)

  • イシュマエル・リード

    イシュマエル・リードから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    リードの作品は、漫画的なドタバタ感覚を持つとして、テリー・サザーンや初期のトマス・ピンチョンと並び称されるほか、等閑視されてきたアフリカ人やアフリカ系アメリカ人からの視点を表しているとされることが多い。しかし、リードの熱意と励ましは、文化的出自にとらわれず、顧みられることのない人々とその視点をひろく対象としている。イシュマエル・リード フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ウォマック

    ジャック・ウォマックから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『時計じかけのオレンジ』、J・G・バラード、フィリップ・K・ディック、ウィリアム・バロウズ、デイモン・ラニアン、K・W・ジーター、ラッセル・ホーバン、マーティン・エイミス、ノーマン・メイラー、トマス・ピンチョン、『パリ、テキサス』、『テルマ&ルイーズ』、カート・ヴォネガット、ジェイムズ・M・ケイン、ミハイル・ブルガーコフ、グリール・マーカス、ハワード・ウォルドロップ、ジャック・ケルアック、P・G・ウッドハウスジャック・ウォマック フレッシュアイペディアより)

  • スロー・ラーナー

    スロー・ラーナーから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『スロー・ラーナー』(Slow Learner)は、アメリカの小説家トマス・ピンチョンの初期の作品を集めた短編小説集。1984年発表。スロー・ラーナー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・エリクソン

    スティーヴ・エリクソンから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ラテンアメリカ文学の影響も感じさせる文体を持つ「幻視の作家」として知られ、その作風は縦横無尽に展開される想像力による幻想的な光景の描写、歴史の再構築、黙示録的なイメージの提示などによって特徴付けられる(スリップストリームに分類されることもある)。特に、アメリカ独立宣言の起草者トーマス・ジェファーソンとその奴隷(愛人だったという説もある)のサリー・ヘミングスとの愛と葛藤とを軸に、時代と場所を越えて物語を繰り広げる長篇『Xのアーチ』は、トマス・ピンチョンをして「独立宣言以降のアメリカのいかなる文章にも増して大胆で、クレイジーで、パッションに満ちている」と絶賛せしめた。スティーヴ・エリクソン フレッシュアイペディアより)

  • 1973年の文学

    1973年の文学から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン 『重力の虹』 ※邦訳版は1993年刊行1973年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • LAヴァイス

    LAヴァイスから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『LAヴァイス』 (エルエーヴァイス、Inherent Vice)は、トマス・ピンチョンの長編小説。2009年発表。探偵小説風の物語で、1970年当時の様々なポップカルチャーへの言及が多数ある。LAヴァイス フレッシュアイペディアより)

  • ポリティカル・フィクション

    ポリティカル・フィクションから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『ヴァインランド』(1990) トマス・ピンチョンポリティカル・フィクション フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示