55件中 11 - 20件表示
  • ドナルド・バーセルミ

    ドナルド・バーセルミから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    その後新聞記者やヒューストン大学の『フォーラム』誌、美術誌『ロケーション』の編集者、教員などを経験しながら文学修行に励む。特に『ロケーション』に携わっている間に美術関係者と親交を持ち、現代芸術とその理論から多くを学んだ。1961年、ヒューストン美術館のディレクターに就任するとともに、『ニューヨーカー』に短編作品を寄稿、以後同誌を中心に短編作品を発表し続けた。パロディやメタフィクションの技法を駆使しつつ、シュールな情景の中に現代の風俗や言葉の断片をコラージュ的に繋ぎ合わせてゆく彼の短編は当時の若者から支持され、ピンチョン、バースなどともにニューフィクションの旗手と目された。代表的な短編集に『帰れ、カリガリ博士』『口に出せない習慣、奇妙な行為』など、他に寓話的な語り口をもつ断章形式の長編『雪白姫』『死父』などがある。ドナルド・バーセルミ フレッシュアイペディアより)

  • 競売ナンバー49の叫び

    競売ナンバー49の叫びから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『競売ナンバー49の叫び』(きょうばいナンバー49のさけび、The Crying of Lot 49)はアメリカの小説家トマス・ピンチョンの中編小説。1966年発表。終始女主人公の視点を通して語られるので、ピンチョンの小説の中で入門者向けと言われる一方、読めば読むほど複雑になる小説としても知られている。競売ナンバー49の叫び フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤良明

    佐藤良明から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン研究でデビューし、1980年代にはグレゴリー・ベイトソンの主著の翻訳・紹介を行う。佐藤良明 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田元幸

    柴田元幸から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    メイスン&ディクスン トマス・ピンチョン 新潮社 2010.6柴田元幸 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャディス

    ウィリアム・ギャディスから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    作風はポストモダンと呼ばれることが多いが、モダニズム的な色合いも濃く、デビュー当時はジェイムズ・ジョイスに似ていると評された。トマス・ピンチョンやドン・デリーロなどと並んで、作品はいずれも大部。特に『JR』以後の作品では、ト書きのない脚本のような書き方が顕著で、「誰がしゃべっているのか」、「この人物はどういう人物か」、「今しゃべっている人たちはしゃべりながら何をしているのか」などといった情報は、読者が発話内容から推測しながら読み進めなければならない。また、登場人物の発話も、言いかけて途中でやめたり、言い直したり、他人の話の最中にさえぎったりなどして、非文法的な不完全文が多いが、それによってリアルなせりふとなると同時に、そこにプロット上の仕掛けが施されていたりする。ウィリアム・ギャディス フレッシュアイペディアより)

  • イシュマエル・リード

    イシュマエル・リードから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    レイ・ソーヒルからは、漫画的ドタバタ感覚を持つ作家として、テリー・サザーンや初期トマス・ピンチョンと並称された。イシュマエル・リード フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・T・ヴォルマン

    ウィリアム・T・ヴォルマンから見たピンチョントマス・ピンチョン

    ウィリアム・T・ヴォルマン(William T.Vollmann、1959年7月28日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の小説家、ジャーナリスト。全米図書賞受賞者である。1990年代にはデヴィッド・フォスター・ウォレスと並んでピンチョン以降のポストモダン文学を代表する一人と見なされていた。きわめて多作な作家であり、長大な小説を数多く執筆する一方、取材のために世界各地を旅行してはその成果をルポルタージュや旅行記として発表している。近年は自然科学や日本の能舞台など幅広い分野のノンフィクションも手がけている。ウィリアム・T・ヴォルマン フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・フォスター・ウォレス

    デヴィッド・フォスター・ウォレスから見たピンチョントマス・ピンチョン

    デヴィッド・フォスター・ウォレス(David Foster Wallace、1962年2月21日 - 2008年9月12日)は、アメリカ・ニューヨーク州イサカ出身の作家。デイヴィッド・フォスター ウォーレスとも表記される。ウィリアム・T・ヴォルマンと並んでピンチョン以降のポストモダン文学の旗手の一人と呼ばれた。大学では論理学を学んでいたが文学に目覚める。24歳で『ヴィトゲンシュタインの箒』で作家デビュー、特に大作 Infinite Jest によって知られる。亡くなるまで大学の創作コースで教えていた。デヴィッド・フォスター・ウォレス フレッシュアイペディアより)

  • マジックリアリズム

    マジックリアリズムから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    イギリスにはアンジェラ・カーター、インド出身のサルマン・ラシュディ、ジャネット・ウィンターソンがおり、アメリカにはキャシー・アッカー、トマス・ピンチョンらがいる。マジックリアリズム フレッシュアイペディアより)

  • コーマック・マッカーシー

    コーマック・マッカーシーから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてマッカーシーとドン・デリーロ、フィリップ・ロス、トマス・ピンチョンの4人を挙げている。また、近年はノーベル文学賞の有力候補として注目を集めている。コーマック・マッカーシー フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード