81件中 21 - 30件表示
  • ウルフ・トーン

    ウルフ・トーンから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ウルフ・トーン・ルーニーというキャラクターがトマス・ピンチョンの小説「逆光」に少しだけ登場する。ウルフ・トーン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ギャディス

    ウィリアム・ギャディスから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    作風はポストモダンと呼ばれることが多いが、モダニズム的な色合いも濃く、デビュー当時はジェイムズ・ジョイスに似ていると評された。トマス・ピンチョンやドン・デリーロなどと並んで、作品はいずれも大部。特に『JR』以後の作品では、ト書きのない脚本のような書き方が顕著で、「誰がしゃべっているのか」、「この人物はどういう人物か」、「今しゃべっている人たちはしゃべりながら何をしているのか」などといった情報は、読者が発話内容から推測しながら読み進めなければならない。また、登場人物の発話も、言いかけて途中でやめたり、言い直したり、他人の話の最中にさえぎったりなどして、非文法的な不完全文が多いが、それによってリアルなせりふとなると同時に、そこにプロット上の仕掛けが施されていたりする。ウィリアム・ギャディス フレッシュアイペディアより)

  • イアン・マキューアン

    イアン・マキューアンから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2006年、『贖罪』(2001年)の一節が1977年にルシラ・アンドリューズが刊行した回顧録"No Time for Romance" からの剽窃であると訴えられ、彼の作品が情報源であることを認めた。他にも、『贖罪』にアンドリューズの自伝や他の作品から短いながらも流用したことを認めたことで、この件はますます長引き、デビュー作『セメント・ガーデン』の鍵となるプロットが、イギリス人作家ジュリアン・グローグ (Julian Gloag) が1963年に発表しドラマ化もされた"Our Mother's House" に酷似していることが露見した。マキューアン自身は初期の作品については気が付かなかったと主張し、盗作を否定した。アンドリューズの死から1か月後の2006年11月、マキューアンは『ガーディアン』で盗作については知らないとしながらも、"No Time for Romance" の作者には恩があると認めた。ジョン・アップダイク、マーティン・エイミス、マーガレット・アトウッド、トマス・キニーリー、カズオ・イシグロ、ゼイディー・スミス、トマス・ピンチョンなど複数の作家がマキューアンを擁護した。イアン・マキューアン フレッシュアイペディアより)

  • 復讐悲劇

    復讐悲劇から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『競売ナンバー49の叫び』の中に、架空のリチャード・ウォーフィンガーが書いた『急使の悲劇(The Courier's Tragedy)』という題名のジャコビアン時代の復讐悲劇のパロディが登場する。復讐悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・バーセルミ

    ドナルド・バーセルミから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    パロディやメタフィクションの技法を駆使しつつ、シュールな情景の中に現代の風俗や言葉の断片をコラージュ的に繋ぎ合わせてゆく彼の短編は当時の若者から支持され、ピンチョン、バースなどともにニューフィクションの旗手と目された。代表的な短編集に『帰れ、カリガリ博士』『口に出せない習慣、奇妙な行為』など、他に寓話的な語り口をもつ断章形式の長編『雪白姫』『死父』などがある。ドナルド・バーセルミ フレッシュアイペディアより)

  • Vフォー・ヴェンデッタ

    Vフォー・ヴェンデッタから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ストーリーではアルファベットの「V」および数字の「5」(ローマ数字では「V」)が象徴的に使用されている。例えばトマス・ピンチョンの小説『V.』が登場したり、強制収容所で"V"が入れられていたのが5号室であったり。また各章のタイトルは全て「V」から始まる言葉になっている。Vフォー・ヴェンデッタ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ムーア

    アラン・ムーアから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    アメリカン・コミック原作者としてのムーアは、子供向けでつまらないものとして退けられがちなこのジャンルに、成熟した文学的な感覚を持ち込んだ功績により評価されている。ムーアの実験は、文学からの影響や成人向けのテーマ、挑戦的な題材などの作品内容にとどまらず、独特な効果の採用や、文字と絵の異なる組み合わせなどの表現形式にまで及ぶ。ムーアの作品は、ウィリアム・S・バロウズ、トマス・ピンチョン、イアン・シンクレアなどの文学者や、ニューウェーブSF作家のマイケル・ムアコック、ホラー作家のクライヴ・バーカー、映像作家のニコラス・ローグなど、幅広いジャンルからの影響を受けている。コミックに成人向けのテーマを持ち込んだ先駆的作品『The Adventures of Luther Arkwright(ルーサー・アークライトの冒険)』で知られるイギリスの漫画家ブライアン・タルボットは、間違いなくムーアの作品に最も大きな影響を与えている。アラン・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • ほら話

    ほら話から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    東北部のヤンキーの風刺的なユーモアと対照的なほら話のユーモアは、またアメリカの近代文学の源流の一つでもある。マーク・トゥエインの「」やの「アーカンソーの大熊」、ワシントン・アーヴィングの「リップ・ヴァン・ウィンクル」などはほら話の古典であり、またエドガー・アラン・ポーの疑似科学を題材にした作品もほら話の流れを汲むものと見ることもできる。こうした伝統は20世紀以降も、大げさな表現を頻発する少年が語り手のサリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』や、歴史を誇張たっぷりに捏造するピンチョン、バースといった作家の作品のなかに連綿と受け継がれている。ほら話 フレッシュアイペディアより)

  • 栩木玲子

    栩木玲子から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン『LAヴァイス』佐藤良明共訳 新潮社 2012栩木玲子 フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・イーガン

    グレッグ・イーガンから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    科学小説、SF小説を幼少期から親しみ、10代の初めの頃はアシモフ、クラーク、フィリップ・K・ディック、J・G・バラードなどを読んでいた。特に興味を持ったのは、15歳頃に読んだカート・ヴォネガットとラリー・ニーヴンで、それぞれの著者での特に好きな小説は「スローターハウス5」と「プロテクター」を挙げている。その後10代終わりから20代初めにかけては、ウィリアム・ギャディスやトマス・ピンチョンなどのSF以外の小説を読むようになるが、グレッグ・ベアのブラッド・ミュージックを読み、再びSF小説に惹かれるようになったという。グレッグ・イーガン フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示