55件中 21 - 30件表示
  • TAMALA2010 a punk cat in space

    TAMALA2010 a punk cat in spaceから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    このアニメはほぼ白黒で構成されていながら、3Dと2Dの両方を用いている。ストーリーはトマス・ピンチョンの『競売ナンバー49の叫び』のアニメ版ともいえる内容となっている 。キャッチコピーは「ファッキンな一日が始まりますね」。TAMALA2010 a punk cat in space フレッシュアイペディアより)

  • キルロイ参上

    キルロイ参上から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『V.』では、キルロイ参上の図はバンドパスフィルタの回路図が元だと述べている。キルロイ参上 フレッシュアイペディアより)

  • 20世紀の文学

    20世紀の文学から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    20世紀文学の代表的作家としては、マルセル・プルースト、ジェイムズ・ジョイス、フランツ・カフカの三人をはじめ、アンドレ・ジッド、トーマス・マン、ロベルト・ムージル、ヴァージニア・ウルフ、ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイ、アルベール・カミュ、サミュエル・ベケット、ガブリエル・ガルシア・マルケス、トマス・ピンチョンらが挙げられる。20世紀の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 青木淳悟

    青木淳悟から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    青木 淳悟(あおき じゅんご、1979年 - )は、日本の小説家。埼玉県出身。早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。早稲田大学在学中の2003年、「四十日と四十夜のメルヘン」で第35回新潮新人賞を受賞し小説家デビュー。受賞作はポストに溜まったチラシを集める「私」を主軸にした複雑な構成を持つ作品で、選考委員の保坂和志より「ピンチョンが現れた!」と絶賛を受ける。2005年、「クレーターのほとりで」が第18回三島由紀夫賞候補。同年に上記2作を収めた作品集『四十日と四十夜のメルヘン』で第27回野間文芸新人賞受賞。2009年、『このあいだ東京でね』で第22回三島由紀夫賞候補。2012年、『わたしのいない高校』で第25回三島由紀夫賞受賞。青木淳悟 フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・ミショー

    アンリ・ミショーから見たピンチョントマス・ピンチョン

    アンリ・ミショー(Henri Michaux,1899年5月24日 - 1984年10月19日)はベルギー生まれのフランスの詩人・画家。特異なイメージや内面的風景をそなえた詩によって、またアンフォルメルの先駆けとなった絵によって、20世紀の文学と美術において独自の地位を占めた。長らくブランショやピンチョンと同様の「顔のない作家」だったが、晩年にはブラッサイらによるポートレイトも公開されている。アンリ・ミショー フレッシュアイペディアより)

  • メイソン・ディクソン線

    メイソン・ディクソン線から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン - 小説「メイスン&ディクスン」を著したアメリカのポストモダン小説家。メイソン・ディクソン線 フレッシュアイペディアより)

  • 重力の虹

    重力の虹から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『重力の虹』(じゅうりょくのにじ、Gravity's Rainbow)はトマス・ピンチョンの長編小説。1973年発表。多数のストーリーと(工学・化学・心理学・オカルト・神話・映画・ドラッグなど)百科全書的な知識が織り合わされた長大な作品(原文約35万語、日本語訳で約100万字)。20世紀後半の英語圏文学のなかで、もっとも詳しく研究されている一冊である。重力の虹 フレッシュアイペディアより)

  • メタフィクション

    メタフィクションから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    こうした特徴は、古くは9世紀の『千夜一夜物語』やセルバンテス『ドン・キホーテ』、14世紀のチョーサー『カンタベリー物語』にも見られるが、メタフィクションといえばまず想起されるのはポストモダン文学である。1960年代にジョン・バース、ロバート・クーヴァー、カート・ヴォネガット、ウィリアム・H・ギャスといった作家たちを通じて脚光を浴びた。この時期に書かれた古典的な例として、バース『びっくりハウスの迷子』、クーヴァー『The Babysitter』、ヴォネガット『スローターハウス5』、ギャス『Willie Master's Lonesome Wife』が挙げられる。またイタロ・カルヴィーノの『冬の夜ひとりの旅人が』は下記の「小説を読む人物に関する小説」にあたり、メタフィクションの習作と見ることができる。ほかにも、アラン・ロブ=グリエ、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、トマス・ピンチョン、ポール・オースター、莫言といった幻想文学作家やスタニスワフ・レム、フィリップ・K・ディック、筒井康隆らSF作家にメタフィクションの作品が多い。メタフィクション フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルプルギスの夜

    ヴァルプルギスの夜から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『重力の虹』 - トマス・ピンチョン作の小説。ヴァルプルギスの夜 フレッシュアイペディアより)

  • 全米図書賞

    全米図書賞から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    第25回(1974年)- トマス・ピンチョン 『重力の虹』 "Gravity's Rainbow"全米図書賞 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード