81件中 31 - 40件表示
  • 尺には尺を

    尺には尺をから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの初期の短編小説「殺すも生かすもウィーンでは」("Mortality and Mercy in Vienna")のタイトルは芝居の中の韻文の台詞からとられており、内容的にも『尺には尺を』から触発されたものである。この短編の日本語訳は志村正雄訳『競売ナンバー49の叫び』(ちくま文庫、2010年)などに収録されている。尺には尺を フレッシュアイペディアより)

  • 小山太一

    小山太一から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン『V.』上下 佐藤良明共訳 新潮社 2011小山太一 フレッシュアイペディアより)

  • メイソン=ディクソン線

    メイソン=ディクソン線から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン - 小説「メイスン&ディクスン」を著したアメリカのポストモダン小説家。メイソン=ディクソン線 フレッシュアイペディアより)

  • V.

    V.から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『V.』(ブイ)は、トマス・ピンチョンによる処女長編小説。メタフィクション。1963年発表。フォークナー賞を受けるが、ピンチョンはマスコミを避けて遠くの山までバスで逃げだしたという。通常ポストモダン文学に分類されるものの、あらゆる分類を拒否するような複雑怪奇な物語はいかなる形容も困難である。V. フレッシュアイペディアより)

  • カズー

    カズーから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    アメリカの小説家トマス・ピンチョンの作品には、正統的なものを茶化す意味合いでしばしばカズーが登場する。例えばヴィヴァルディが作曲したとされる幻の「カズー協奏曲」など。もちろんヴィヴァルディの時代のヨーロッパにカズーは存在しない。カズー フレッシュアイペディアより)

  • ドン・デリーロ

    ドン・デリーロから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてデリーロとフィリップ・ロス、コーマック・マッカーシー、トマス・ピンチョンの4人を挙げている。ドン・デリーロ フレッシュアイペディアより)

  • エルフリーデ・イェリネク

    エルフリーデ・イェリネクから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2004年のノーベル文学賞受賞の際には「自分が公の人になってしまうのは残念だ」と述べ、トマス・ピンチョンや同じオーストリア出身のペーター・ハントケのほうがふさわしいのではないか、と語った。また2005年、イェリネクの作品を「不愉快なポルノグラフィ」「芸術的な構築を放棄した文章の山」としてノーベル賞の授賞に抗議し、クヌット・アーンルンド(en)がスウェーデン・アカデミーを退会している。エルフリーデ・イェリネク フレッシュアイペディアより)

  • 彩流社

    彩流社から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    「現代作家ガイド」『ポール・オースター』『スティーヴ・エリクソン』『ウィリアム・ギブスン』『トニ・モリスン』『マーガレット・アトウッド』『カート・ヴォネガット』『トマス・ピンチョン』以下続刊…彩流社 フレッシュアイペディアより)

  • オモデオ・タッソ

    オモデオ・タッソから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『競売ナンバー49の叫び』において、オモデオは と名を替えられた上で重要な役割を演じている。オモデオ・タッソ フレッシュアイペディアより)

  • ソフィア・コワレフスカヤ

    ソフィア・コワレフスカヤから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンがコワレフスカヤを題材にした小説を執筆していると噂された。その後、2006年に発表された『逆光』Against the Day ではコワレフスカヤの名が数度言及され、別の名前の女性数学者が登場する。ソフィア・コワレフスカヤ フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示