55件中 31 - 40件表示
  • ブラックジョーク

    ブラックジョークから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    著名なブラック・ユーモアの作家として認知されているのはロアルド・ダール、トマス・ピンチョン、カート・ヴォネガット、ウォーレン・ジヴォンとジョセフ・ヘラー、フィリップ・ロスが挙げられる。また他のユーモア同様にコメディ・ドラマとも切り離せない以上、役者でもそうしたブラックジョークを持ち味とする者達が現れた。後にトム・ハンクス主演で映画化もされた伝説的な風刺家レニー・ブルースをはじめ、ジョージ・カーリン、ビル・ヒックス、クリス・モーリス、モンティ・パイソンが挙げられる。ブラックジョーク フレッシュアイペディアより)

  • 1984年 (小説)

    1984年 (小説)から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    - 新訳版。タイトルも「一九八四年」と漢数字に改められている。解説はトマス・ピンチョン1984年 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • サルマン・ラシュディ

    サルマン・ラシュディから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2002年に刊行された論集 " Step Across This Line"では、イタロ・カルヴィーノやトマス・ピンチョンからの影響を告白している。また文学活動の初期には、ジェームズ・ジョイス、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、ルイス・キャロル、グラス、ブルガーコフから影響を受けた。アンジェラ・カーターとも親交が厚い。サルマン・ラシュディ フレッシュアイペディアより)

  • Vフォー・ヴェンデッタ

    Vフォー・ヴェンデッタから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ストーリーではアルファベットの「V」および数字の「5」(ローマ数字では「V」)が象徴的に使用されている。例えばトマス・ピンチョンの小説『V.』が登場したり、強制収容所で"V"が入れられていたのが5号室であったり。また各章のタイトルは全て「V」から始まる言葉になっている。Vフォー・ヴェンデッタ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ウォマック

    ジャック・ウォマックから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『時計じかけのオレンジ』、J・G・バラード、フィリップ・K・ディック、ウィリアム・バロウズ、デイモン・ラニアン、K・W・ジーター、ラッセル・ホーバン、マーティン・エイミス、ノーマン・メイラー、トマス・ピンチョン、『パリ、テキサス』、『テルマ&ルイーズ』、カート・ヴォネガット、ジェイムズ・M・ケイン、ミハイル・ブルガーコフ、グリール・マーカス、ハワード・ウォルドロップ、ジャック・ケルアック、P・G・ウッドハウスジャック・ウォマック フレッシュアイペディアより)

  • 大いなる業

    大いなる業から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    「大いなる業」という言葉は、大規模な仕事であることを要求され、一般的に創作者の最も成功した作品であることを要求されず、最高傑作とは区別されている。最高傑作は、小さかったり、短かったり、少なかったりするかも知れないが、高度に成功している。大いなる業は、概して失敗と見なされることもある。例えば、何人かの十九世紀の作曲家はオペラを書くのに膨大な時間を費やしたが、主としてもっと短く労力の少ない作品が覚えられた。シューベルト、シューマン、イサーク・アルベニス、フランツ・リスト等がそうである。また、文学の分野では、ウィリアム・ワーズワース、トマス・ピンチョン、ジョン・キーツ等である。他の芸術家は、ビートルズ、ベートーヴェン、ワーグナー、ミケランジェロ、ラファエロ等、彼らの作品の二つの言葉が合致している。??彼らの最大の作品がそれらの中で最高の作品になっている。大いなる業 フレッシュアイペディアより)

  • ヒトラーのキンタマ

    ヒトラーのキンタマから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンは彼の小説『V.』で歌詞を引用し、マルタのイギリス軍砲兵に歌わせている。ヒトラーのキンタマ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・マスター

    ザ・マスターから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2009年12月、アンダーソンがフィリップ・シーモア・ホフマン演じるキャラターが新興宗教(サイエントロジーに似ていると説明)を設立する物語の脚本を書いていると初めて報じられた。当初、ユニバーサル・ピクチャーズの下でプロジェクトは進行していたが、脚本の問題により最終的にワインスタイン・カンパニーへと移った。後にリバー・ロードが映画の資金を調達するために重大な交渉中であると報じられた。2011年2月、ラリー・エリソンの娘であるミーガン・エリソンが、『ザ・マスター』と、トマス・ピンチョンの小説『Inherent Vice』のアンダーソンによる翻案作品に融資すると報じられた。5月、ハーヴェイ・ワインスタインが世界配給権を手に入れたザ・マスター フレッシュアイペディアより)

  • 池澤夏樹

    池澤夏樹から見たピンチョントマス・ピンチョン

    世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで(新潮選書、2005)池澤夏樹 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ文学

    アメリカ文学から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    おおまかに言って1970年代初めから現在まで、最も良く知られた文学の分野は、ポストモダニズムであろうが、その呼び方には様々に異論がある。時代の知識人に受け入れられた(必ずしもポストモダンではない)作家としては、トマス・ピンチョン(1937年 - )、ティム・オブライエン(1946年 - )、ロバート・ストーン(1937年 - )、ドン・デリーロ(1936年 - )、ポール・オースター(1947年 - )、トニ・モリスン(1931年 - )、フィリップ・ロス(1933年 - )、コーマック・マッカーシー(1931年 - )、レイモンド・カーヴァー(1939年 - 1988年)、ジョン・チーバー(1912年 - 1982年)、ジョイス・キャロル・オーツ(1938年 - )およびアニー・ディラード(1945年 - )がいる。一般的にポストモダニズムとされる作家達は、大衆文化とマスメディアが平均的アメリカ人の世界に冠する概念と経験に影響を与えた多くの方法を扱い、また今日でも直接扱っている。それはアメリカ政府さらには多くの場合アメリカ史であるが、特に平均的アメリカ人自身の歴史感と共に批判されることが大変多い。アメリカ文学 フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード