55件中 41 - 50件表示
  • ARPANET

    ARPANETから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『』(2009) - トマス・ピンチョンの小説。1970年ごろの南カリフォルニアが舞台で、"ARPAnet"にアクセスする人物が全編に渡って登場する。ARPANET フレッシュアイペディアより)

  • V2ロケット

    V2ロケットから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    V2 はトマス・ピンチョンの長編小説『重力の虹』で重要な役割を果たす。V2ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ソフィア・コワレフスカヤ

    ソフィア・コワレフスカヤから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンがコワレフスカヤを題材にした小説を執筆していると噂された。その後、2006年に発表された『逆光』Against the Day ではコワレフスカヤの名が数度言及され、別の名前の女性数学者が登場する。ソフィア・コワレフスカヤ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ムーア

    アラン・ムーアから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    アメリカン・コミック原作者としてのムーアは、子供向けでつまらないものとして退けられがちなこのジャンルに、成熟した文学的な感覚を持ち込んだ功績により評価されている。ムーアの実験は、文学からの影響や成人向けのテーマ、挑戦的な題材などの作品内容にとどまらず、独特な効果の採用や、文字と絵の異なる組み合わせなどの表現形式にまで及ぶ。ムーアの作品は、ウィリアム・S・バロウズ、トマス・ピンチョン、イアン・シンクレアなどの文学者や、ニューウェーブSF作家のマイケル・ムアコック、ホラー作家のクライヴ・バーカー、映像作家のニコラス・ローグなど、幅広いジャンルからの影響を受けている。コミックに成人向けのテーマを持ち込んだ先駆的作品『The Adventures of Luther Arkwright(ルーサー・アークライトの冒険)』で知られるイギリスの漫画家ブライアン・タルボットは、間違いなくムーアの作品に最も大きな影響を与えている。アラン・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック小説

    ゴシック小説から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ゴシック小説的手法を用いた作品として知られるものには、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』(1847年)や、トマス・ピンチョン『V.』(1963年)がある。『オトラント城奇譚』は20世紀になるとシュルレアリスト達によって再評価され、特にアンドレ・ブルトンはこの作品が夢から着想を得た点に注目した。アメリカではシャーリイ・ジャクスンら、ゴシック・ノベル、ゴシック・ホラーなどと呼ばれる現代的ゴシック小説が高い人気を保っており、1990年代にはポスト・モダンがE.A.ポーと言われるパトリック・マグラアなどのニュー・ゴシックが注目された。ゴシック小説 フレッシュアイペディアより)

  • サン=ロー

    サン=ローから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『重力の虹』には、サン=ローの廃墟の下に埋まった酒蔵からシャンパーニュを探し出すアメリカ兵が登場する。サン=ロー フレッシュアイペディアより)

  • V.

    V.から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『V.』(ブイ)は、トマス・ピンチョンによる処女長編小説。メタフィクション。1963年発表。フォークナー賞を受けるが、ピンチョンはマスコミを避けて遠くの山までバスで逃げだしたという。通常ポストモダン文学に分類されるものの、あらゆる分類を拒否するような複雑怪奇な物語はいかなる形容も困難である。V. フレッシュアイペディアより)

  • スロー・ラーナー

    スロー・ラーナーから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    スロー・ラーナー(SLOW LEARNER)はトマス・ピンチョンによる初期の作品を集めた短編集。1984年発表。スロー・ラーナー フレッシュアイペディアより)

  • マクスウェルの悪魔

    マクスウェルの悪魔から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    競売ナンバー49の叫び - トマス・ピンチョンの小説。マクスウェルの悪魔のモチーフが扱われる箇所がある。マクスウェルの悪魔 フレッシュアイペディアより)

  • ユリシーズ

    ユリシーズから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『ユリシーズ』の影響を受けた最初の文学作品は小説ではなく、『ユリシーズ』を出版前から熱心に読んでいたT・S・エリオットの詩『荒地』(1923年)であった。前述のように『ユリシーズ』に対して辛辣だったヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ夫人』(1925年)にも「意識の流れ」やテーマなどの点で『ユリシーズ』との共通点を多く持っており、ジョイスを強く意識していたことをうかがわせる。「意識の流れ」はウルフのほかにもシャーウッド・アンダーソン(『黒い笑い』)、トマス・ウルフ(『天使よ故郷を見よ』)、ウィリアム・フォークナー(『響きと怒り』)などで模倣されており、神話的方法はジョン・アップダイク(『ケンタウロス』)など、百科全書的手法はトマス・ピンチョン(『重力の虹』)などにもつながる。またジョイスの影響を受けているナボコフは『ユリシーズ』のロシア語訳を企てて果たせなかった。ドイツ語圏で『ユリシーズ』の影響を受けた作家には、意識の流れや引用などの『ユリシーズ』的な手法で都市小説『ベルリン・アレクサンダー広場』を書いたデーブリーン、18時間のあいだのヴェルギリウスの意識の変化を追った長編『ヴェルギリウスの死』を書いたヘルマン・ブロッホ(彼はジョイスの助力を受けて亡命した)などがいる。そのほか辺境の土俗性に注目し『百年の孤独』を書いたガルシア・マルケスなど、『ユリシーズ』から直接間接に影響を受けた作家は枚挙に暇がない。日本では伊藤整、丸谷才一がそれぞれ作家としての活動初期に『ユリシーズ』を翻訳し影響を受けている。ユリシーズ フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード