81件中 41 - 50件表示
  • 競売ナンバー49の叫び

    競売ナンバー49の叫びから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『競売ナンバー49の叫び』(きょうばいナンバー49のさけび、The Crying of Lot 49)は、アメリカの小説家トマス・ピンチョンの中編小説。1966年発表。終始女主人公の視点を通して語られるので、ピンチョンの小説の中で入門者向けと言われる一方、読めば読むほど複雑になる小説としても知られている。競売ナンバー49の叫び フレッシュアイペディアより)

  • ヨーヨーダイン

    ヨーヨーダインから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ヨーヨーダインは作家トマス・ピンチョンの作品『V.』で登場し、『競売ナンバー49の叫び』においてスポットをあてられた軍需企業である。 後者の作品中において「航空宇宙産業における最大手」とされる。第二次世界大戦を経験した退役軍人であるクレイトン・「ブラッディー」・チクリッツによって創業された。カリフォルニアの架空の都市であるサン・ナルシソに巨大な製造工場を持つ。ヨーヨーダイン フレッシュアイペディアより)

  • 志村正雄

    志村正雄から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    20世紀アメリカ文学専攻で、トマス・ピンチョン、ジョン・バースなどを研究、翻訳した。志村正雄 フレッシュアイペディアより)

  • マクスウェルの悪魔

    マクスウェルの悪魔から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    競売ナンバー49の叫び - トマス・ピンチョンの小説。マクスウェルの悪魔のモチーフが扱われる箇所がある。マクスウェルの悪魔 フレッシュアイペディアより)

  • 青木淳悟

    青木淳悟から見たピンチョントマス・ピンチョン

    デビュー作「四十日と四十夜のメルヘン」は時間軸が円環構造になっている複雑な構成で、選考委員の保坂和志が「これはピンチョンなんだ。」と強く推薦して新潮新人賞を受賞したが、単行本化に際して大きく書き直された。これについて保坂は、「ピンチョンみたいなところ」は無くなり、「青木淳悟になった」と評している。同作はさらに文庫化にあたっても大きく書き直された。青木淳悟 フレッシュアイペディアより)

  • 池澤夏樹

    池澤夏樹から見たピンチョントマス・ピンチョン

    『世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで』(新潮選書、2005)池澤夏樹 フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・ミショー

    アンリ・ミショーから見たピンチョントマス・ピンチョン

    アンリ・ミショー(Henri Michaux, 1899年5月24日 - 1984年10月19日)は、ベルギー生まれのフランスの詩人・画家。特異なイメージや内面的風景をそなえた詩によって、またアンフォルメルの先駆けとなった絵によって、20世紀の文学と美術において独自の地位を占めた。長らくブランショやピンチョンと同様の「顔のない作家」だったが、晩年にはブラッサイらによるポートレイトも公開されている。アンリ・ミショー フレッシュアイペディアより)

  • サイバーパンク

    サイバーパンクから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの『V.』『重力の虹』なども前サイバーパンク的小説といえる。これらは時代設定的に高度ネットワークをもたない世界を描いた作品であるが、機械との半融合、システムと人間など、サイバーパンクのテーマに連なる内容が特徴である。サイバーパンク フレッシュアイペディアより)

  • ユリシーズ

    ユリシーズから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『ユリシーズ』の影響を受けた最初の文学作品は小説ではなく、『ユリシーズ』を出版前から熱心に読んでいたT・S・エリオットの詩『荒地』(1923年)であった。前述のように『ユリシーズ』に対して辛辣だったヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ夫人』(1925年)にも、「意識の流れ」やテーマなどの点で『ユリシーズ』と多くの共通点があり、ジョイスを強く意識していたことを伺わせる。「意識の流れ」は、ウルフの他にもシャーウッド・アンダーソン(『黒い笑い』)、トマス・ウルフ(『天使よ故郷を見よ』)、ウィリアム・フォークナー(『響きと怒り』)などで模倣されており、神話的方法はジョン・アップダイク(『ケンタウロス』)など、百科全書的手法はトマス・ピンチョン(『重力の虹』)などにもつながる。また、ジョイスの影響を受けているナボコフは、『ユリシーズ』のロシア語訳を企てて果たせなかった。ドイツ語圏で『ユリシーズ』の影響を受けた作家には、意識の流れや引用などの『ユリシーズ』的な手法で都市小説『ベルリン・アレクサンダー広場』を書いたデーブリーン、18時間のあいだのヴェルギリウスの意識の変化を追った長編『ヴェルギリウスの死』を書いたヘルマン・ブロッホ(彼はジョイスの助力を受けて亡命した)などがいる。その他、辺境の土俗性に注目し『百年の孤独』を書いたガルシア・マルケスなど、『ユリシーズ』から直接間接に影響を受けた作家は枚挙に暇がない。日本では伊藤整、丸谷才一がそれぞれ作家としての活動初期に『ユリシーズ』を翻訳し影響を受けている。ユリシーズ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィトゲンシュタインの箒

    ヴィトゲンシュタインの箒から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    1999年の日本語訳出版時には帯に「ジョイスのような言葉遊びと、ナボコフのような美しくも偏執的モノローグ、ピンチョンを思わせる多重構造、ヴォネガットのシュールレアリズム」と書かれていた。ヴィトゲンシュタインの箒 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示