81件中 51 - 60件表示
  • やくしまるえつこ

    やくしまるえつこから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    漫画や小説を読むのが趣味で、好きな作品に『ヴィンランド・サガ』、いがらしみきお作品、トマス・ピンチョンやJ・G・バラードの小説などを挙げている。やくしまるえつこ フレッシュアイペディアより)

  • サン=ロー

    サン=ローから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『重力の虹』には、サン=ローの廃墟の下に埋まった酒蔵からシャンパーニュを探し出すアメリカ兵が登場する。サン=ロー フレッシュアイペディアより)

  • サルマン・ラシュディ

    サルマン・ラシュディから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2002年に刊行された論集 " Step Across This Line"では、イタロ・カルヴィーノやトマス・ピンチョンからの影響を告白している。また文学活動の初期には、ジェームズ・ジョイス、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、ルイス・キャロル、グラス、ブルガーコフから影響を受けた。アンジェラ・カーターとも親交が厚い。サルマン・ラシュディ フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・ウェーブ (SF)

    ニュー・ウェーブ (SF)から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    アメリカでは、デーモン・ナイト編のアンソロジー・シリーズ『オービット』が1966年から発行され、多くの新しい作家を育てた。若手だけでなく既存の作家でも、ロバート・シルヴァーバーグはニュー・ウェーブの影響で実験的でシリアスな作風に変わり、ニュー・シルバーヴァーグと呼ばれた。1950年代から複雑で特異な作品を発表していながら注目度の低かったフィリップ・K・ディックは、ニュー・ウェーブの視点がもたらされたことで高い評価を得るようになっていった。主流文学の作家であったカート・ヴォネガットや、ジョン・バース、トマス・ピンチョンらのSF的な題材の作品も、SF界からはニュー・ウェーブという位置付けで見られるようになる。また1960年代のカウンター・カルチャーの興隆に伴い、生態学的視点を持つフランク・ハーバート『デューン』(1965年-)や、コミューン的な共同体を描くR.A.ハインライン『異星の客』(1961年)がベストセラーとなっている。ニュー・ウェーブ (SF) フレッシュアイペディアより)

  • ヒトラーのキンタマ

    ヒトラーのキンタマから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンは彼の小説『V.』で歌詞を引用し、マルタのイギリス軍砲兵に歌わせている。ヒトラーのキンタマ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・マスター

    ザ・マスターから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2009年12月、アンダーソンがフィリップ・シーモア・ホフマン演じるキャラクターが宗教団体(サイエントロジーに似ていると説明)を設立する物語の脚本を書いていると初めて報じられた。当初、ユニバーサル・ピクチャーズの下でプロジェクトは進行していたが、脚本の問題により最終的にワインスタイン・カンパニーへと移った。後にリバー・ロードが映画の資金を調達するために重大な交渉中であると報じられた。2011年2月、ラリー・エリソンの娘であるミーガン・エリソンが、『ザ・マスター』と、トマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』のアンダーソンによる翻案作品に融資すると報じられた。5月、ハーヴェイ・ワインスタインが世界配給権を手に入れたザ・マスター フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ文学

    アメリカ文学から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    おおまかに言って1970年代初めから現在まで、最も良く知られた文学の分野は、ポストモダニズムであろうが、その呼び方には様々に異論がある。時代の知識人に受け入れられた(必ずしもポストモダンではない)作家としては、トマス・ピンチョン(1937年 - )、ティム・オブライエン(1946年 - )、ロバート・ストーン(1937年 - )、ドン・デリーロ(1936年 - )、ポール・オースター(1947年 - )、トニ・モリスン(1931年 - )、フィリップ・ロス(1933年 - )、コーマック・マッカーシー(1931年 - )、レイモンド・カーヴァー(1939年 - 1988年)、ジョン・チーバー(1912年 - 1982年)、ジョイス・キャロル・オーツ(1938年 - )およびアニー・ディラード(1945年 - )がいる。一般的にポストモダニズムとされる作家達は、大衆文化とマスメディアが平均的アメリカ人の世界に冠する概念と経験に影響を与えた多くの方法を扱い、また今日でも直接扱っている。それはアメリカ政府さらには多くの場合アメリカ史であるが、特に平均的アメリカ人自身の歴史感と共に批判されることが大変多い。アメリカ文学 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィーナスの誕生

    ヴィーナスの誕生から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『V.』(1963年)の第7章で、シニョール・マンティッサが改装中のウッフィーツィ美術館からこの絵を盗もうとする。この小説の登場人物たちは全員、それぞれの「V.」を追い求めている。マンティッサが愛したこの絵の中の「彼女」もまた「V enus」(ヴィーナス)である。ヴィーナスの誕生 フレッシュアイペディアより)

  • The Witness

    The Witnessから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ブローはThe Witnessを大衆向けではなく、高度な知能ゲームとして開発したと証言している。彼はこの戦略を「アンチ任天堂」としており、一般的な任天堂のゲームと違ってプレイヤーにほとんど何も情報を与えない。プローによると、この時に開発されていたゲームのほとんどは、プレイヤーを「何も知らない人」として扱っており、The Witnessではプレイヤーを、「好奇心旺盛で知恵のある人」として扱うようにしたという。ブローはこの考え方を、トマス・ピンチョンの『重力の虹』と対象化させる。この小説では「文章理解の手助けとなるもの」を付け加えようとせず、彼はこれをビデオゲームにも応用できると考えた。ブローによると、タイムアタックのチャレンジで自動生成されるパズルは、比較的難しくなるようになっており、「どれだけ深くパズルのルールを理解しているか、どれだけ早く新パズルの解放を見いだせるかをテストする」よう仕向けているという。The Witness フレッシュアイペディアより)

  • ブラックジョーク

    ブラックジョークから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    著名なブラック・ユーモアの作家として認知されているのはロアルド・ダール、トマス・ピンチョン、カート・ヴォネガット、ウォーレン・ジヴォンとジョセフ・ヘラー、フィリップ・ロスが挙げられる。また他のユーモア同様にコメディ・ドラマとも切り離せない以上、役者でもそうしたブラックジョークを持ち味とする者達が現れた。後にトム・ハンクス主演で映画化もされた伝説的な風刺家レニー・ブルースをはじめ、ジョージ・カーリン、ビル・ヒックス、クリス・モーリス、モンティ・パイソンが挙げられる。ブラックジョーク フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示