81件中 61 - 70件表示
  • ロバート・クーヴァー

    ロバート・クーヴァーから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    1932年生まれ。トマス・ピンチョン、ジョン・バース、ドナルド・バーセルミらと並び称される、アメリカのポストモダン文学を代表する小説家。ロバート・クーヴァー フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・テスラ

    ニコラ・テスラから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン(木原善彦訳)『逆光』(新潮社、2010年(平成22年)) 上巻 ISBN 978-4-10-537204-0 下巻 ISBN 978-4-10-537205-7ニコラ・テスラ フレッシュアイペディアより)

  • マジックリアリズム

    マジックリアリズムから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    イギリスにはアンジェラ・カーター、インド出身のサルマン・ラシュディ、ジャネット・ウィンターソンがおり、アメリカにはキャシー・アッカー、トマス・ピンチョンらがいる。マジックリアリズム フレッシュアイペディアより)

  • 重力の虹

    重力の虹から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『重力の虹』(じゅうりょくのにじ、Gravity's Rainbow)は、トマス・ピンチョンの長編小説。1973年発表。多数のストーリーと(工学・化学・心理学・オカルト・神話・映画・ドラッグなど)百科全書的な知識が織り合わされた長大な作品(原文約35万語、日本語訳で約100万字)。20世紀後半の英語圏文学のなかで、もっとも詳しく研究されている一冊である。重力の虹 フレッシュアイペディアより)

  • ARPANET

    ARPANETから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『LAヴァイス』(2009) - トマス・ピンチョンの小説。1970年ごろの南カリフォルニアが舞台で、"ARPAnet"にアクセスする人物が全編に渡って登場する。ARPANET フレッシュアイペディアより)

  • コーマック・マッカーシー

    コーマック・マッカーシーから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    現代のアメリカ文学を代表する小説家のひとり。文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてマッカーシーとドン・デリーロ、フィリップ・ロス、トマス・ピンチョンの4人を挙げている。コーマック・マッカーシー フレッシュアイペディアより)

  • 全米図書賞

    全米図書賞から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    第25回(1974年)- トマス・ピンチョン 『重力の虹』 "Gravity's Rainbow"全米図書賞 フレッシュアイペディアより)

  • キルロイ参上

    キルロイ参上から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンの小説『V.』では、キルロイ参上の図はバンドパスフィルタの回路図が元だと述べている。キルロイ参上 フレッシュアイペディアより)

  • インヒアレント・ヴァイス

    インヒアレント・ヴァイスから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『インヒアレント・ヴァイス』(Inherent Vice)は、トマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』を原作に、ポール・トーマス・アンダーソンが映画化した2014年のアメリカ映画。主演はホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン。インヒアレント・ヴァイス フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ロス

    フィリップ・ロスから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    フィリップ・ロス(Philip Roth、本名:Philip Milton Roth、1933年3月19日 - )は、アメリカの小説家。現代のアメリカ文学を代表する小説家のひとりであり、文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてロスとコーマック・マッカーシー、ドン・デリーロ、トマス・ピンチョンの4人を挙げている。アイデンティティの問題や、性愛・結婚への不適合(『ポートノイの不満』『男としての我が人生』など)に苦悩する主人公を描いた内省的な作品から、アメリカの社会や歴史を虚構として再構築したスケールの大きい物語(『素晴らしいアメリカ野球』『プロット・アゲンスト・アメリカ』など)までテーマは幅広い。フィリップ・ロス フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示