81件中 71 - 80件表示
  • 柴田元幸

    柴田元幸から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』新潮社 2010柴田元幸 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・フォスター・ウォレス

    デヴィッド・フォスター・ウォレスから見たピンチョントマス・ピンチョン

    デヴィッド・フォスター・ウォレス(David Foster Wallace、1962年2月21日 - 2008年9月12日)は、アメリカ・ニューヨーク州イサカ出身の作家。デイヴィッド・フォスター ウォーレスとも表記される。ウィリアム・T・ヴォルマンと並んでピンチョン以降のポストモダン文学の旗手の一人と呼ばれた。大学では論理学を学んでいたが文学に目覚める。24歳で『ヴィトゲンシュタインの箒』で作家デビュー、特に大作 Infinite Jest によって知られる。亡くなるまで大学の創作コースで教えていた。デヴィッド・フォスター・ウォレス フレッシュアイペディアより)

  • ポール・トーマス・アンダーソン

    ポール・トーマス・アンダーソンから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    7作目に、アメリカ最高の文学者のひとりとして知られるトマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』の映画製作に取り掛かり、2014年に『インヒアレント・ヴァイス』という題名で全米公開。主演は前作に続きホアキン・フェニックス。ピンチョンが自作の映画化を許可したのはこれが初めてである。ポール・トーマス・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • リース・ウィザースプーン

    リース・ウィザースプーンから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2013年夏、カリフォルニア州パサデナにてトマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』の映画化『インヒアレント・ヴァイス』の撮影が行われた。ウィザースプーンはギリアン・フリンの小説『Gone Girl 』の映画化『ゴーン・ガール』に出演せず、自身のプロダクション会社パシフィック・スタンダードが製作した。ウィザースプーンと仕事上のパートナーはデヴィッド・フィンチャー監督の映画『ゴーン・ガール』に少しだけ関わり」、『ゴーン・ガール』と同じ撮影開始日にパシフィック・スタンダードはシェリル・ストレイドの体験記の映画化『わたしに会うまでの1600キロ』の製作を開始した。ウィザースプーンはこの作品でパシフィック・クレスト・トレイルのを歩いたストレイドの役を演じて主演した。2014年12月に公開されて評論家の称賛を得てリース・ウィザースプーン フレッシュアイペディアより)

  • 越川芳明

    越川芳明から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン、佐伯泰樹、植野達郎、畠山秀明共訳『重力の虹』国書刊行会、1993年越川芳明 フレッシュアイペディアより)

  • 木原善彦

    木原善彦から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    鳥取県生まれ。京都大学文学部卒業。1998年同大学大学院博士後期課程修了、「流浪の身の歌 -トマス・ピンチョンの小説」で文学博士。1996年姫路獨協大学外国語学部講師、2000年助教授、2001年大阪大学言語文化部助教授、2007年同言語文化研究科准教授。木原善彦 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョン - 『競売ナンバー49の叫び』(1966年)アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • ホアキン・フェニックス

    ホアキン・フェニックスから見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    2014年、スパイク・ジョーンズ監督の新作『her/世界でひとつの彼女』で人工知能と恋愛する男性を演じ、同年にはポール・トーマス・アンダーソン監督がトマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』の映画制作で、同作の主人公ラリー・"ドック"・スポーテッロ役にホアキンを起用した。両作品ではそれぞれ2013年・2014年のゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた。ホアキン・フェニックス フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック小説

    ゴシック小説から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    ゴシック小説的手法を用いた作品として知られるものには、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』(1847年)や、トマス・ピンチョン『V.』(1963年)がある。『オトラント城奇譚』は20世紀になるとシュルレアリスト達によって再評価され、特にアンドレ・ブルトンはこの作品が夢から着想を得た点に注目した。アメリカではシャーリイ・ジャクスンら、ゴシック・ノベル、ゴシック・ホラーなどと呼ばれる現代的ゴシック小説が高い人気を保っており、1990年代にはポスト・モダンがE.A.ポーと言われるパトリック・マグラアなどのニュー・ゴシックが注目された。ゴシック小説 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルプルギスの夜

    ヴァルプルギスの夜から見たトマス・ピンチョントマス・ピンチョン

    『重力の虹』 - 1973年に発表されたトマス・ピンチョン作の小説。ヴァルプルギスの夜 フレッシュアイペディアより)

81件中 71 - 80件表示