前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た新潮社

    小山太一・佐藤良明訳 新潮社「トマス・ピンチョン 全小説」 2011年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たサンリオ

    志村正雄訳 サンリオ文庫 1985年(のち ちくま文庫)トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たボーイング

    同年大学を最優の成績で卒業したピンチョンは大学院の奨学金を断り、マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジのアパートメントでボヘミアン生活を送りながら小説『V.』を執筆しはじめる 1960年2月から1962年9月までの間、シアトルのボーイング航空機会社に就職して米軍の地対空ミサイルボマークのテクニカルライターとして働いている。その間、3編の短編(「ロウ・ランド」「エントロピー」「アンダー・ザ・ローズ」)を名のある前衛志向の文芸誌に掲載。退職後はカリフォルニアやメキシコに移り住む。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たハロルド・ブルーム

    90年代以降定期的にノーベル賞候補に挙げられているとされる。イェール学派として有名な文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてピンチョンとドン・デリーロ、フィリップ・ロス、コーマック・マッカーシーの4人を挙げている。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た越川芳明

    越川芳明・佐伯泰樹訳 国書刊行会 1993年3月トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た木原善彦

    木原善彦訳 新潮社「トマス・ピンチョン 全小説」 2010年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た井上謙治

    井上謙治訳 白水社「現代アメリカ短編選集第3」 1970年(のち「現代アメリカ幻想小説」)トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たドン・デリーロ

    90年代以降定期的にノーベル賞候補に挙げられているとされる。イェール学派として有名な文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてピンチョンとドン・デリーロ、フィリップ・ロス、コーマック・マッカーシーの4人を挙げている。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たナサニエル・ホーソーン

    ピンチョン家はアメリカ最古の家柄のひとつである。遡れば11世紀にノルマンディーから征服王ウィリアムと共に英国に移住してきた事が分かっている。15世紀にはロンドンの執政長官を輩出した。初代ウィリアム・ピンチョンは1630年にウィンスロップ艦隊でマサチューセッツ湾植民地提督と共にやって来た700人の1人であり、ロクスベリー(Roxbury)とスプリングフィールドの建設に尽力し商人として財をなした。1650年に『われらが救済の褒むべき価』という本を出版し、ピューリタン正統派からは異端として非難され焚書されている。18世紀半ばを舞台にしたナサニエル・ホーソーンの小説『七破風の家』には、一族のピンチョン大佐が実名で登場する。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たウラジミール・ナボコフ

    1957年にはコーネル大学に戻り英文科に入学。当時の創作科の講師にウラジミール・ナボコフがいた。しばしばピンチョンはナボコフの講義を受けていたと言われているが真偽は不明である(当時ナボコフは妻にレポートの採点をまかせており、妻はピンチョンの独特な手書き文字を覚えていると証言している)。大学3年と4年の時に学部学生の文芸雑誌『コーネル・ライター』の編集に携わり、1959年5月同誌に「スモール・レイン」を発表。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード