64件中 11 - 20件表示
  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た栩木玲子

    栩木玲子・佐藤良明訳、新潮社「トマス・ピンチョン 全小説」、2012年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たウラジミール・ナボコフ

    1957年にはコーネル大学に戻り英文科に入学。当時の創作科の講師にウラジミール・ナボコフがおり、ピンチョンはその講義を受けていたと言われている(レポートの採点をまかされていたナボコフの妻はピンチョンの独特な手書き文字を覚えていると証言している)。大学3年と4年の時に学内で発行される文芸雑誌『コーネル・ライター』の編集に携わり、1959年5月同誌に「スモール・レイン」を発表。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た佐藤良明

    小山太一・佐藤良明訳、新潮社「トマス・ピンチョン 全小説」、2011年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たソフィア・コワレフスカヤ

    『メイスン&ディクスン』の次の作品はロシアの数学者ソフィア・コワレフスカヤに関する小説になると噂されていた。マイケル・ノーマン元ドイツ文化大臣は、ドイツでピンチョンのコワレフスカヤ研究を助けたと発言している。その後発表された『逆光』では、コワレフスカヤの名が数度言及され、コワレフスカヤを思い起こさせる女性数学者ヤシュミーン・ハーフコートが登場する。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た柴田元幸

    柴田元幸訳、新潮社「トマス・ピンチョン 全小説」、2010年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た志村正雄

    志村正雄訳、サンリオ文庫、1985年 / 筑摩書房、1992年 / ちくま文庫、2010年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たスティーヴ・エリクソン

    かねてから少数の若手作家とは接触があり、スティーヴ・エリクソンはピンチョンからエイミーコミックを手渡されたと告白している。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たカリフォルニア州

    1959年、大学を最優の成績で卒業したピンチョンは、複数の大学院からの奨学金を断り、マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジのアパートメントでボヘミアン生活を送りながら小説『V.』を執筆しはじめる 1960年2月から1962年9月までの間、シアトルのボーイング航空機会社に就職して米軍の地対空ミサイルボマークのテクニカルライターとして働いている。その間、3編の短編(「ロウ・ランド」「エントロピー」「アンダー・ザ・ローズ」)を文芸誌に掲載。退職後はカリフォルニアやメキシコに移り住んだとされている。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た地対空ミサイル

    1959年、大学を最優の成績で卒業したピンチョンは、複数の大学院からの奨学金を断り、マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジのアパートメントでボヘミアン生活を送りながら小説『V.』を執筆しはじめる 1960年2月から1962年9月までの間、シアトルのボーイング航空機会社に就職して米軍の地対空ミサイルボマークのテクニカルライターとして働いている。その間、3編の短編(「ロウ・ランド」「エントロピー」「アンダー・ザ・ローズ」)を文芸誌に掲載。退職後はカリフォルニアやメキシコに移り住んだとされている。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た歴史

    作品は長大で難解とされるものが多く、SFや科学、TVや音楽などのポップカルチャーから歴史まで極めて幅広い要素が含まれた総合的なポストモダン文学である。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示