65件中 11 - 20件表示
  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たソフィア・コワレフスカヤ

    『メイスン&ディクスン』の次の作品はロシアの数学者ソフィア・コワレフスカヤに関する小説になると噂されていた。マイケル・ノーマン元ドイツ文化大臣は、ドイツでピンチョンのコワレフスカヤ研究を助けたと発言している。その後発表された『逆光』では、コワレフスカヤの名が数度言及され、コワレフスカヤを思い起こさせる女性数学者ヤシュミーン・ハーフコートが登場する。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たスティーヴ・エリクソン

    かねてから少数の若手作家とは接触があり、スティーヴ・エリクソンはピンチョンからエイミーコミックを手渡されたと告白している。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た佐伯泰樹

    越川芳明・佐伯泰樹訳 国書刊行会 1993年3月トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たジョージ・オーウェル

    1997年、長編第5作『メイスン&ディクスン』発表。評論家ハロルド・ブルームはこの小説をピンチョンの最高傑作と評している。2003年、ジョージ・オーウェル著『1984年』の新版に序文を寄稿。2004年1月、アニメ『ザ・シンプソンズ』に本人役として(声のみ)出演。2月にも再登場。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た中村紘一

    三宅卓雄・伊藤貞基・中川ゆきこ・広瀬英一・中村紘一訳 国書刊行会 1979年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た佐藤良明

    小山太一・佐藤良明訳 新潮社「トマス・ピンチョン 全小説」 2011年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たコーマック・マッカーシー

    90年代以降定期的にノーベル賞候補に挙げられているとされる。イェール学派として有名な文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてピンチョンとドン・デリーロ、フィリップ・ロス、コーマック・マッカーシーの4人を挙げている。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た柴田元幸

    柴田元幸訳 新潮社「トマス・ピンチョン 全小説」 2010年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たフィリップ・ロス

    90年代以降定期的にノーベル賞候補に挙げられているとされる。イェール学派として有名な文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてピンチョンとドン・デリーロ、フィリップ・ロス、コーマック・マッカーシーの4人を挙げている。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た志村正雄

    志村正雄訳 サンリオ文庫 1985年(のち ちくま文庫)トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード