64件中 21 - 30件表示
  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たザ・シンプソンズ

    1997年、長編第5作『メイスン&ディクスン』発表。2003年、ジョージ・オーウェル著『1984年』の新版に序文を寄稿。2004年1月、アニメ『ザ・シンプソンズ』に本人役として(声のみ)出演。2月にも再登場。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たAmazon.com

    2006年、長編第6作『逆光』("Against The Day")を出版。オンライン書店Amazon\.comに、ピンチョン本人(と思われる人物)によって宣伝文が掲載される。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たアメリカ海軍

    父はプロテスタントで母はアイルランド系のカトリック。16歳でオイスター・ベイ高校を最優秀学生として卒業した。コーネル大学から奨学金を得て、同年秋に工学部応用物理工学科に入学。2年後には大学を一時離れ、海軍に2年間所属した。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た科学

    作品は長大で難解とされるものが多く、SFや科学、TVや音楽などのポップカルチャーから歴史まで極めて幅広い要素が含まれた総合的なポストモダン文学である。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た2009年

    2009年、長編第7作『LAヴァイス』発表。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た国書刊行会

    三宅卓雄・伊藤貞基・中川ゆきこ・広瀬英一・中村紘一訳、国書刊行会、1979年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た白水社

    短編集『スロー・ラーナー』所収。他に「現代アメリカ短編選集第3」(井上謙治訳、白水社、1970年 / 新装版「アメリカ幻想小説傑作集」白水Uブックス、1985年)にも収録トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た筑摩書房

    志村正雄訳、筑摩書房、1988年 / ちくま文庫、1994年 / 新装版、2008年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たスロー・ラーナー

    1984年、初期短編を集めた『スロー・ラーナー』発表。序文を書き下ろす。同年10月28日、ニューヨーク・タイムズにエッセイ「ラッダイトをやってもいいのか?("Is It O.K. to Be a Luddite?")」を掲載(日本語訳は『夜想』25号(1989年))。1988年、マッカーサー奨励金(MacArthur Foundation Genius Grant)として31万ドルを受ける。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たLAヴァイス

    2009年、長編第7作『LAヴァイス』発表。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示