65件中 31 - 40件表示
  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た白水社

    井上謙治訳 白水社「現代アメリカ短編選集第3」 1970年(のち「現代アメリカ幻想小説」)トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た筑摩書房

    志村正雄訳 筑摩書房 1988年(のち ちくま文庫)トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た国書刊行会

    三宅卓雄・伊藤貞基・中川ゆきこ・広瀬英一・中村紘一訳 国書刊行会 1979年トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たV.

    同年大学を最優の成績で卒業したピンチョンは大学院の奨学金を断り、マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジのアパートメントでボヘミアン生活を送りながら小説『V\.』を執筆しはじめる 1960年2月から1962年9月までの間、シアトルのボーイング航空機会社に就職して米軍の地対空ミサイルボマークのテクニカルライターとして働いている。その間、3編の短編(「ロウ・ランド」「エントロピー」「アンダー・ザ・ローズ」)を名のある前衛志向の文芸誌に掲載。退職後はカリフォルニアやメキシコに移り住む。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たスロー・ラーナー

    1984年、初期短編を集めた『スロー・ラーナー』発表。執筆当時の状況を序文として書き下ろす。同年10月28日、ニューヨーク・タイムズにエッセイ「ラッダイトをやってもいいのか?("Is It O.K. to Be a Luddite?")」を掲載。邦訳は『夜想』25号(1989年)に掲載。1988年、マッカーサー奨励金(MacArthur Foundation Genius Grant)として31万ドルを受ける。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た重力の虹

    1973年には長編第3作目にして代表作『重力の虹』を発表。1974年度の全米図書賞を受賞するが、授賞式には姿を現さなかった。諮問委員会は満場一致で同年度のピューリッツァー賞フィクション部門に推薦したが、同理事会が「読みにくく卑猥である」としてこれを退けた(同年のピューリッツァー賞フィクション部門は該当作無しとなった)。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た競売ナンバー49の叫び

    1966年、長編としては短めで、エンターテインメント的な筋書きを援用した第2作『競売ナンバー49の叫び』を発表。ローゼンタール基金賞を受賞。1967年から1972年まではおそらくメキシコとカリフォルニアで生活していたと思われる。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た1984年 (小説)

    1997年、長編第5作『メイスン&ディクスン』発表。評論家ハロルド・ブルームはこの小説をピンチョンの最高傑作と評している。2003年、ジョージ・オーウェル著『1984年』の新版に序文を寄稿。2004年1月、アニメ『ザ・シンプソンズ』に本人役として(声のみ)出演。2月にも再登場。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たロングアイランド

    トマス・ピンチョンは1937年、ニューヨーク州ロングアイランド、グレンコーブに測量技師トマス・ラグルズ・ピンチョン・シニアとキャサリン・フランセス・ベネット・ピンチョンの間に長男として生まれる。妹と弟がいる。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たペン/フォークナー賞

    1962年、メキシコで長編第1作『V.』を完成。『V.』は1963年に出版され、同年度の最優秀処女小説に与えられるフォークナー賞を受けた。このころ雑誌社がピンチョンの写真を撮ろうとピンチョンを訪ねたところ、ピンチョンはバスで遠くの山中に逃げ込んでしまい、写真を撮ることはできなかった。ピンチョンはこのころから一度も公の場に出ていない。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード