65件中 41 - 50件表示
  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た焚書

    ピンチョン家はアメリカ最古の家柄のひとつである。遡れば11世紀にノルマンディーから征服王ウィリアムと共に英国に移住してきた事が分かっている。15世紀にはロンドンの執政長官を輩出した。初代ウィリアム・ピンチョンは1630年にウィンスロップ艦隊でマサチューセッツ湾植民地提督と共にやって来た700人の1人であり、ロクスベリー(Roxbury)とスプリングフィールドの建設に尽力し商人として財をなした。1650年に『われらが救済の褒むべき価』という本を出版し、ピューリタン正統派からは異端として非難され焚書されている。18世紀半ばを舞台にしたナサニエル・ホーソーンの小説『七破風の家』には、一族のピンチョン大佐が実名で登場する。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た英国

    ピンチョン家はアメリカ最古の家柄のひとつである。遡れば11世紀にノルマンディーから征服王ウィリアムと共に英国に移住してきた事が分かっている。15世紀にはロンドンの執政長官を輩出した。初代ウィリアム・ピンチョンは1630年にウィンスロップ艦隊でマサチューセッツ湾植民地提督と共にやって来た700人の1人であり、ロクスベリー(Roxbury)とスプリングフィールドの建設に尽力し商人として財をなした。1650年に『われらが救済の褒むべき価』という本を出版し、ピューリタン正統派からは異端として非難され焚書されている。18世紀半ばを舞台にしたナサニエル・ホーソーンの小説『七破風の家』には、一族のピンチョン大佐が実名で登場する。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見た小説家

    トマス・ラッグルス・ピンチョン(英語:Thomas Ruggles Pynchon、1937年5月8日 - )は、アメリカの小説家トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たニューヨーク・タイムズ

    1984年、初期短編を集めた『スロー・ラーナー』発表。執筆当時の状況を序文として書き下ろす。同年10月28日、ニューヨーク・タイムズにエッセイ「ラッダイトをやってもいいのか?("Is It O.K. to Be a Luddite?")」を掲載。邦訳は『夜想』25号(1989年)に掲載。1988年、マッカーサー奨励金(MacArthur Foundation Genius Grant)として31万ドルを受ける。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たコーネル大学

    父親はプロテスタントで母親はアイルランド系のカトリック。子ども達はカトリックとして育てられたようだ。16歳でオイスター・ベイ高校を最優秀学生として卒業した。コーネル大学から奨学金をもらって、同年秋に工学部応用物理工学科に入学。2年後には大学を一時離れ、海軍に2年間所属した。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たスプリングフィールド (マサチューセッツ州)

    ピンチョン家はアメリカ最古の家柄のひとつである。遡れば11世紀にノルマンディーから征服王ウィリアムと共に英国に移住してきた事が分かっている。15世紀にはロンドンの執政長官を輩出した。初代ウィリアム・ピンチョンは1630年にウィンスロップ艦隊でマサチューセッツ湾植民地提督と共にやって来た700人の1人であり、ロクスベリー(Roxbury)とスプリングフィールドの建設に尽力し商人として財をなした。1650年に『われらが救済の褒むべき価』という本を出版し、ピューリタン正統派からは異端として非難され焚書されている。18世紀半ばを舞台にしたナサニエル・ホーソーンの小説『七破風の家』には、一族のピンチョン大佐が実名で登場する。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たマサチューセッツ湾植民地

    ピンチョン家はアメリカ最古の家柄のひとつである。遡れば11世紀にノルマンディーから征服王ウィリアムと共に英国に移住してきた事が分かっている。15世紀にはロンドンの執政長官を輩出した。初代ウィリアム・ピンチョンは1630年にウィンスロップ艦隊でマサチューセッツ湾植民地提督と共にやって来た700人の1人であり、ロクスベリー(Roxbury)とスプリングフィールドの建設に尽力し商人として財をなした。1650年に『われらが救済の褒むべき価』という本を出版し、ピューリタン正統派からは異端として非難され焚書されている。18世紀半ばを舞台にしたナサニエル・ホーソーンの小説『七破風の家』には、一族のピンチョン大佐が実名で登場する。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たシアトル

    同年大学を最優の成績で卒業したピンチョンは大学院の奨学金を断り、マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジのアパートメントでボヘミアン生活を送りながら小説『V.』を執筆しはじめる 1960年2月から1962年9月までの間、シアトルのボーイング航空機会社に就職して米軍の地対空ミサイルボマークのテクニカルライターとして働いている。その間、3編の短編(「ロウ・ランド」「エントロピー」「アンダー・ザ・ローズ」)を名のある前衛志向の文芸誌に掲載。退職後はカリフォルニアやメキシコに移り住む。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たイェール学派

    90年代以降定期的にノーベル賞候補に挙げられているとされる。イェール学派として有名な文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてピンチョンとドン・デリーロ、フィリップ・ロス、コーマック・マッカーシーの4人を挙げている。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ピンチョン

    トマス・ピンチョンから見たアイルランド

    父親はプロテスタントで母親はアイルランド系のカトリック。子ども達はカトリックとして育てられたようだ。16歳でオイスター・ベイ高校を最優秀学生として卒業した。コーネル大学から奨学金をもらって、同年秋に工学部応用物理工学科に入学。2年後には大学を一時離れ、海軍に2年間所属した。トマス・ピンチョン フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「トマス・ピンチョン」のニューストピックワード