トマト ニュース&Wiki etc.

トマト(学名:Solanum lycopersicum)は、南アメリカのアンデス山脈高原地帯(ペルー、エクアドル)原産のナス科ナス属の植物。また、その果実のこと。多年生植物で、果実は食用として利用される。緑黄色野菜の一種である。日本語では唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)などの異称も… (出典:Wikipedia)

「トマト」Q&A

  • Q&A

    家庭菜園をしているプランターからこの葉っぱが生えてきました。 これは何の葉でしょうか…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月25日 22:40

  • Q&A

    フルーツトマトを甘くするにはコウモリの糞?がいいとネットで見たのですがこれは追肥に使…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月25日 20:14

  • Q&A

    顎について質問です。 随分前から顎関節症と診断は受けております。 今回、親知らずを抜…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年3月25日 00:09

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「トマト」のつながり調べ

  • リナレス県

    リナレス県から見たトマト

    好ましい気候条件と良い自然の灌漑のため、リナレス県では、農業を多様化させることができている。また、ワイン醸造産業では、国内外の市場を占めている。県の主要で有益な作物には、穀物(米、小麦、トウモロコシなど)、野菜(トマト、カリフラワー、レタス、タマネギ、アーティチョーク)、豆類(ヒラマメ、豆)、果物(特にキウイフルーツ、ナシ、リンゴ、ベリー、テーブルグレープ、メロン、スイカ、モモ)、テンサイがある。ワインのうち数種類は県内で生み出されている。県は、チリ中央峡谷のブドウ栽培地域の1つであるモール・バレーに位置している。(リナレス県 フレッシュアイペディアより)

  • サーディン

    サーディンから見たトマト

    食用の場合、英米では、一尾丸ごとの状態で販売・調理されることは希で、主に缶詰にされる。ただし、サーディンと称して売られている缶詰には、中身がスプラット('''' )やウルメイワシなどのものもある。油漬(オイルサーディン)、トマト煮などの調理が代表的。オイルサーディンは頭と内臓を抜いた鰯を塩水に漬け、拭き取った後、香辛料と共に弱火で油煮した食べ物である。(サーディン フレッシュアイペディアより)

「トマト」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「トマト」のニューストピックワード