前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
690件中 1 - 10件表示
  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たトマトトマト

    旧前津江村:豊後牛、ワサビ、生シイタケ、ミニトマト一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たトマトトマト

    1554年、医者であるアンドレア・マッテイオーリがトマトを使ったソースを作る試みをした。17世紀末、料理人アントニオ・ラティーニのスペイン風トマトソースがきっかけとなり、パスタをトマトソースで食べる食べ方が普及した。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見たトマトトマト

    初めて市場に登場した遺伝子組換え作物と言われるのは、アンチセンスRNA法(mRNAと相補的なRNAを作らせることで、標的となるタンパク質の生合成を抑える手法でRNAi法の一種)を用いて、ペクチンを分解する酵素ポリガラクツロナーゼの産生を抑制したトマトFlavr Savrである。他のトマトと比較して、熟しても果皮や果肉が柔らかくなりにくいという特徴を持つ。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たトマトトマト

    幕末から明治時代になり、欧米諸国との外交が始まると、外国人向けにサラダが提供され、主にフランス語や英語に近いサラドやサラデという言い方が用いられた。ただし、トマト、ダイコン類か、カリフラワーやアスパラガスなどのいったん茹でた野菜が主である。1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』にはトマトのサラダなどの作り方が掲載されている。また、1875年(明治8年)8月27日に宮中で前アメリカ合衆国大蔵卿らを招いた際のフランス語のメニューにsaladeが記載されている。キャベツなどの外国人向けの栽培もこの頃に始まった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • Cafe吉祥寺で

    Cafe吉祥寺でから見たトマトトマト

    産直トマトのサラダ(M2参照)Cafe吉祥寺で フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ料理

    アフリカ料理から見たトマトトマト

    アフリカ大陸北部は古来からローマ帝国やイスラム文化の影響を受け、インド洋に面した東アフリカはアラブ商人が持ち込んだ文化の影響が強い。一方、大西洋に面した西アフリカは、大航海時代や奴隷貿易に揉まれる中でヨーロッパの食文化やアメリカ大陸原産の食素材を受け入れ、キャッサバや落花生、トマトなどは今や食生活に欠かせない素材である。南部アフリカでは、もともと素朴だった先住民の食文化が、16世紀以降に入植した白人の食文化を受け入れ大きく変動した。アフリカ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ソース (調味料)

    ソース (調味料)から見たトマトトマト

    20世紀初頭、シェフのオーギュスト・エスコフィエが分類を更新し、「ソース・アルマンド」を卵ベースの乳化液状(オランデーズとマヨネーズ)に置き換えて、「トマト」を追加した。エスコフィエの分類は今日のシェフにも教えられている。ソース (調味料) フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル料理

    ブラジル料理から見たトマトトマト

    代表的な料理としてはカルル・ド・パラが挙げられる。それは干しエビ、オクラ、タマネギ、トマト、コリアンダー、デンデ油(アブラヤシの果肉から採る油)を一緒に入れる料理である。ブラジル料理 フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見たトマトトマト

    江戸時代以来の干拓によって広がった平野部では農業が盛ん。畳表の原料となるいぐさの生産は日本一で、国産の約8割を占める。ただし、近年は安い中国産に押され、作付面積が最盛期の3分の1と急激に減少している。また、国内最大の柑橘類・晩白柚(ばんぺいゆ)も特産品で日本一の生産量を誇る。最近はトマトの一大産地としても知られる。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • 久万高原町

    久万高原町から見たトマトトマト

    町名の通り、高原地域にあるため、四国では比較的冷涼な気候で、「四国(愛媛)の軽井沢」と呼ばれる。こうした気候を生かして、高原野菜(トマトなど)の栽培、観光農園(リンゴなど)やスポーツ合宿(ラグビーなど)などの地域活性化の取組みが行われている。冬季には積雪がみられる。山地のため、トンネルを抜けると降雪状況が全く異なり、日陰の路面凍結もあるため、冬季の運転には注意が必要である。降水量も多い。久万高原町 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
690件中 1 - 10件表示

「トマト」のニューストピックワード