前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
949件中 1 - 10件表示
  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たトマトトマト

    旧前津江村:豊後牛、ワサビ、生シイタケ、ミニトマト一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たトマトトマト

    幕末から明治時代になり、欧米諸国との外交が始まると、外国人向けにサラダが提供され、主にフランス語や英語に近いサラドやサラデという言い方が用いられた。ただし、トマト、ダイコン類か、カリフラワーやアスパラガスなどのいったん茹でた野菜が主である。1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』にはトマトのサラダなどの作り方が掲載されている。また、1875年(明治8年)8月27日に宮中で前アメリカ合衆国大蔵卿らを招いた際のフランス語のメニューにsaladeが記載されている。キャベツなどの外国人向けの栽培もこの頃に始まった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • トマト退緑萎縮ウイロイド

    トマト退緑萎縮ウイロイドから見たトマトトマト

    トマト退緑萎縮ウイロイド(トマトたいりょくいしゅくウイロイド、Tomato chlorotic dwarf viroid; TCDVd)は主にトマト、ジャガイモ等ナス科植物に感染するウイロイドである。ジャガイモやせいもウイロイドの近縁種である。略称はTCDVd。トマト退緑萎縮ウイロイド フレッシュアイペディアより)

  • ケチャップ

    ケチャップから見たトマトトマト

    ケチャップ(語源は、ホーロー語の「鮭汁(POJ: Kê-chiap/Kôe-chiap)」という魚醤をさす言葉である)とは、野菜、キノコ、または魚などを原料にした調味料。トマトを用いたものはトマトケチャップと呼ばれる。ケチャップ フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見たトマトトマト

    初めて市場に登場した遺伝子組換え作物と言われるのは、アンチセンスRNA法(mRNAと相補的なRNAを作らせることで、標的となるタンパク質の生合成を抑える手法でRNAi法の一種)を用いて、ペクチンを分解する酵素ポリガラクツロナーゼの産生を抑制したトマト "Flavr Savr" である。他のトマトと比較して、熟しても果皮や果肉が柔らかくなりにくいという特徴を持つ。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • Cafe吉祥寺で

    Cafe吉祥寺でから見たトマトトマト

    産直トマトのサラダ(M2参照)Cafe吉祥寺で フレッシュアイペディアより)

  • Fruitflow

    Fruitflowから見たトマトトマト

    Fruitflowとは、トマト由来の機能性素材である。血流の改善に効果があるとされる。社の開発した商品で、DSM社から発売されている。Fruitflow フレッシュアイペディアより)

  • ソース (調味料)

    ソース (調味料)から見たトマトトマト

    20世紀初頭、シェフのオーギュスト・エスコフィエが分類を更新し、「ソース・アルマンド」を卵ベースの乳化液状(オランデーズとマヨネーズ)に置き換えて、「トマト」を追加した。エスコフィエの分類は今日のシェフにも教えられている。ソース (調味料) フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル料理

    ブラジル料理から見たトマトトマト

    代表的な料理としてはカルル・ド・パラが挙げられる。それは干しエビ、オクラ、タマネギ、トマト、コリアンダー、デンデ油(アブラヤシの果肉から採る油)を一緒に入れる料理である。ブラジル料理 フレッシュアイペディアより)

  • ナシゴレン

    ナシゴレンから見たトマトトマト

    皿に盛るときにたいてい、多めの油で片面焼きした目玉焼き、クルプック(エビ味などの揚げせんべい)、生のキュウリとトマトが添えられる。また別の小皿もしくは同じ皿に、好みで味を調整するための少量のサンバルが用意される。ただし現地の露店(ワルンなど)の場合目玉焼きなどは付かず、これらが付いたものは「nasi goreng istimewa」や「nasi goreng special」(特別ナシゴレン)として区別されることが多い。逆にホテルのレストランなどでは、サテまで付いてくることがある。ナシゴレン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
949件中 1 - 10件表示

「トマト」のニューストピックワード