949件中 11 - 20件表示
  • ナス

    ナスから見たトマトトマト

    なかには、「赤ナス」のような観賞用として生け花などにも利用されているもの(熊本県などで「赤ナス」の商品名で栽培されている食用の品種とは別物、また赤茄子はトマトを表す)もある。赤ナスは食用のナスの台木としても用いられる(観賞用の赤ナスは味などにおいて食用には適さないとされる)。ナス フレッシュアイペディアより)

  • 八代市

    八代市から見たトマトトマト

    江戸時代以来の干拓によって広がった平野部では農業が盛ん。畳表の原料となるいぐさの生産は日本一で、国産の約8割を占める。ただし、近年は安い中国産に押され、作付面積が最盛期の3分の1と急激に減少している。また、国内最大の柑橘類・晩白柚(ばんぺいゆ)も特産品で日本一の生産量を誇る。最近はトマトの一大産地としても知られる。八代市 フレッシュアイペディアより)

  • ピザの歴史

    ピザの歴史から見たトマトトマト

    古代ローマでは、食器代わりに平らなパンが使われていた。ピザ (pizza) の語は997年に南イタリアでラテン語で書かれた文献に登場する。ピザが現在の形に近くなったのは、16世紀にスペイン人がインカからトマトを持ち帰ってからである。18世紀にはスペイン領ナポリの貧しい住民がトマトとチーズをパンに乗せる具として使い始め、19世紀後半にイタリア王妃マルゲリータが気に入ってから一般にも広まった。ピザの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 収穫後損失 (青果)

    収穫後損失 (青果)から見たトマトトマト

    果実は成熟の最後に完熟する。完熟した後の果実は老化し、崩壊する。「果実」という分類はナス、ピーマン、トマトなどの生産物も含む。非クリマクテリック型果実は親植物についているときにしか成熟が進まない。収穫すると糖や酸の量がそれ以上増えなくなるため、完熟前に収穫してしまうと食味が低下する。例としては柑橘類、ブドウやパイナップルが挙げられる。早期の収穫はしばしば輸送中のロスを最小限にするために行われるが、その結果風味は犠牲になる。クリマクテリック型果実とは熟した後、完熟前に収穫できるものである。バナナやメロン、パパイヤ、トマトなどが含まれる。商業的な果実の取引では成熟の度合いは人工的に調節されるため、輸送と流通を入念に計画することが可能である。エチレンガスはほとんどの植物細胞で生産され、熟成の開始に重要な役割を持つ。エチレンは商業的にクリマクテリック型果実の追熟に用いることができる。しかし、果実が生産する天然のエチレンは貯蔵中のロスにつながることがある。たとえば、エチレンは植物の緑色を退色させるため、葉物野菜は追熟途中の果実と一緒に保管するとダメージを受ける恐れがある。エチレン生産は果実が傷ついたり腐敗し始めたりすると増加し、それによって輸送中の果実の熟成が促進されてしまうことがある収穫後損失 (青果) フレッシュアイペディアより)

  • ナス属

    ナス属から見たトマトトマト

    ナス属(学名:Solanum)は、ナス科の属で、重要な作物であるナスやジャガイモを含む。またトマトも、従来は別のトマト属(Lycopersicon)とされていたが、分子遺伝学的研究から現在ではナス属に入れられる。このほかにジロ、タマリロ、ペピーノなどの食用作物がある。ナス属 フレッシュアイペディアより)

  • 野菜ジュース

    野菜ジュースから見たトマトトマト

    日本ではトマトジュースと野菜汁を混ぜ合わせたトマトミックスジュース、にんじんジュースと野菜汁を混ぜ合わせたにんじんミックスジュースが商品として一般的である。野菜ジュースの基準は無いが、トマトジュース、トマトミックスジュース、にんじんジュース、にんじんミックスジュースという名称を使用するための基準がJAS規格で決められている。近年は野菜と果汁を混ぜたものも市場に出回っており、これに関してもJAS規格によって果汁50%以上かつ野菜汁と果汁のみのものを果実・野菜ミックスジュースとしている。野菜ジュース フレッシュアイペディアより)

  • 有色体

    有色体から見たトマトトマト

    通常は成熟した組織で見られ、既存の成熟した色素体に由来する。花や果実においてはカロテノイドを合成する主な器官であるが、糖・デンプン・脂質・芳香族化合物・ビタミン・ホルモンの合成等の他の反応も起こっている。葉緑体と有色体のDNAは同一であるが、トマトの有色体の液体クロマトグラフィーにより、シトシンのメチル化率が増加していることが発見された。有色体 フレッシュアイペディアより)

  • トマティーヨ

    トマティーヨから見たトマトトマト

    メキシコでは、トマティーヨはトマテ・ベルデ(tomate verde、緑のトマト)と呼ばれ、メキシコ料理に欠かせない食材である。トマティーヨは西半球で栽培される。その名前と異なりトマトの一種ではないが、同じナス科である。トマティーヨ フレッシュアイペディアより)

  • ソマリ料理

    ソマリ料理から見たトマトトマト

    ジャガイモ、ニンジン、ピーマン、ホウレンソウ、ケール、キャベツ、ニンニクなどの野菜も食べる。肉と一緒に煮込むことが多い。生野菜のサラダはアンサラート(ansalaato)と呼ばれる。シトニ(shitni)というトマトのチャツネは米やパスタおよび他の料理に添えて食べる。ソマリ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 涼拌茶

    涼拌茶から見たトマトトマト

    刻んだショウガ、ニンニク、唐辛子、トマト、タマネギ、挽いた落花生やゴマ、ピーナッツオイルなどを加えて和える。涼拌茶 フレッシュアイペディアより)

949件中 11 - 20件表示

「トマト」のニューストピックワード