690件中 21 - 30件表示
  • ナス属

    ナス属から見たトマトトマト

    ナス属(学名:Solanum)は、ナス科の属で、重要な作物であるナスやジャガイモを含む。またトマトも、従来は別のトマト属 Lycopersicon とされていたが、遺伝学的研究から現在ではナス属に入れられる。このほかにタマリロなどの食用作物がある。ナス属 フレッシュアイペディアより)

  • ラグマン

    ラグマンから見たトマトトマト

    通常はこの麺を茹で、牛のスープにトマトペーストを加えた汁で煮た羊肉、野菜、唐辛子などの具をかけて食べる。この料理は、中国語では(バンミエン、)などと呼んでいる。味付けはタバスコをかけたスパゲティーナポリタンを思わせる。ラグマン フレッシュアイペディアより)

  • BLTサンドイッチ

    BLTサンドイッチから見たトマトトマト

    BLTサンドイッチ(BLT sandwich)または単にBLTとは、サンドイッチの一種であり、パンに挿む食材として、ベーコン(bacon)、レタス(lettuce)、トマト(tomato) が用いられることから、それぞれの頭文字を取って名づけられた。BLTサンドイッチ フレッシュアイペディアより)

  • トルティーヤ

    トルティーヤから見たトマトトマト

    様々な具をのせて二つに折ったものはタコス、小麦粉のトルティーヤで具を巻いたものはブリートという。具の種類は非常に多彩で、トマトやレタスなどのサラダ、挽肉を炒めたもの、チリ・コン・カルネ、アボカドで作った「ワカモレ」、チョリソなどがある。トルティーヤ フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見たトマトトマト

    トマトスープ(ズッパ・ポミドロヴァ zupa pomidorowa)ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ラズロ

    トニー・ラズロから見たトマトトマト

    自他ともに認める語学オタク。特技は一輪車に乗ることで、血液型はA型。好きな食べ物はトマトとチョコレート。本人曰く、一緒に食べるわけではない。好きな日本食はがんもどき。好きな漢字は「華」である。トニー・ラズロ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ料理

    ウクライナ料理から見たトマトトマト

    16世紀から19世紀にかけてアメリカ大陸から玉蜀黍・南瓜・隠元豆・苺・唐辛子・じゃが芋・向日葵・トマトなどの輸入により、ウクライナ料理の様相は大きく変わった。特に、じゃが芋はスープ、前菜、肉料理に不可欠な材料となり、向日葵はもっとも重要な油脂作物となった。17世紀にインドから齎されてきたほうれん草が夏のボルシチとして好まれる「緑のボルシチ」を作るために用いられるようになり、「異教徒の胡瓜」と呼ばれる茄子は現代ウクライナ料理を代表する数多くの詰め料理に使用されるようになった。ウクライナ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 庭師

    庭師から見たトマトトマト

    宮廷庭師の蔬菜栽培に関する記録はほかにも多く、フランスで13世紀頃に食されていたアスパラガスは貴族の野菜と称されるほど高価なものとされるが、特にルイ14世は宮廷庭師に、一年中食べられるように温室栽培を命じたというし、1593年にイベリア半島を旅行したマキシミリアン皇帝の宮廷植物学者シャートル・ド・ルクルーズがカスティリア(スペイン)で、庭師や主婦までもがカプシクム(唐辛子)を丁寧に栽培していると報告。またイタリアでトマト栽培が裕福層の鑑賞用としてものから食用に移行するのは、ナポリの宮廷庭師が苗を自分の家に持ち帰り食用にしたからといわれている。宮廷庭師ミヒャエル・ハンフらは16世紀に果樹や野菜を栽培する実用園として造られていたルストガルテンを1647年にブランデンブルク選帝侯のフリードリヒ・ヴィルヘルムの命によりオランダ庭園に改造したことが知られる。17世紀にはジャガイモやトマトなどが観賞用から食糧としての経済的有用性が認められるようになり、イギリスなどは食糧を大量生産するという目的で、それら蔬菜の苗木を植民地で栽培し始める。庭師 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル料理

    ポルトガル料理から見たトマトトマト

    ポルトガルが海洋国家であることは多様な魚介類の消費量に反映されている。魚はグリルで焼いたり、煮たり揚げたり、焙ったりして供される。焼き魚や煮魚は常にオリーブ油で味つけされる。ポルトガルの魚料理の筆頭は、魚の中で最も消費量の多いタラの身を塩漬けしたバカリャウである。バカリャウの調理法は1年の365日分あると言われている。ポルトガルの北大西洋での伝統漁業は冷凍技術の発明以前に発達したため、タラは今でもたいてい乾燥させたり塩漬けにして使われる。ポルトガルは15世紀から世界の海をまたにかけてタラを漁獲し取引する、ほとんど叙事詩的な漁業活動を行ってきた。また、イワシ、タコ、イカ、カニ、エビ、ロブスター、イセエビ類、メルルーサ、アジ、ヤツメウナギ、ハタ、タチウオ類、フジツボ、カメノテ類、さまざまな貝類(二枚貝、ムール貝、カキ、タマキビガイ、ホタテガイなど)も人気がある。カルデイラーダは、さまざまな魚と貝類、ジャガイモ、トマトとタマネギからなる煮込み料理である。ポルトガル料理 フレッシュアイペディアより)

  • 朝食

    朝食から見たトマトトマト

    ベーコン、卵料理(通常は目玉焼き)を基本とし、英国風ソーセージ、マッシュルームのソテー、焼きトマト、 ブラック・プディング(豚の血で作った黒ソーセージ)、ベイクド・ビーンズ(豆の煮物)などにバターやジャムを塗ったトーストや揚げパンとミルクを添えた紅茶を添える。イギリス人はこのボリュームのあるFull English Breakfast を週末の朝などに食べている。通常は簡素なシリアルやトーストなどで済ませる者が多い。イギリス国内ではイングランド以外でも同様の朝食をとる食習慣があるが、スコットランドではこのような朝食を「スコティッシュ・ブレックファスト」と呼ぶ。朝食 フレッシュアイペディアより)

690件中 21 - 30件表示

「トマト」のニューストピックワード