949件中 31 - 40件表示
  • カロテノイド

    カロテノイドから見たトマトトマト

    微生物、動物、植物などからこれまで750種類以上のカロテノイドが同定されている。たとえばトマトやニンジン、フラミンゴやロブスターの示す色はカロテノイド色素による着色である。自然界におけるカロテノイドの生理作用は多岐にわたり、とくに光合成における補助集光作用、光保護作用や抗酸化作用等に重要な役割を果たす。また、ヒトをはじめとする動物の必須栄養素であるビタミンAの前駆体となるほか、近年ではがんや心臓病の予防効果も報告されている。カロテノイド フレッシュアイペディアより)

  • ジュース

    ジュースから見たトマトトマト

    トマトジュース、にんじんジュースについては別に規定があり、トマト果汁100%のもののみをトマトジュースと表記できる。ただし、食塩の添加は認められている。にんじんジュースも同様である。トマトジュースの場合も、果汁は濃縮還元でもよい。「野菜ジュース」についての定義はないが、一般的には野菜汁のみ、または若干の食塩を添加した飲料で、果汁100%のものをいう。ジュース フレッシュアイペディアより)

  • イエメン料理

    イエメン料理から見たトマトトマト

    国内の地域ごとに独自の料理文化を持つものの、サルタ(、Saltah)は国民食と考えられている。ベースとなるのはマラク(maraq、)と呼ばれる肉のシチューであり、フェヌグリーク、サハーウィク(、sahawiq)もしくはサホウカ(sahowqa、トウガラシ、トマト、ニンニク、ハーブを混ぜ込んだもの)、コメ、ジャガイモ、スクランブルエッグ、野菜が添えられることが一般的である。イエメンの平パンとともに食べることが多い。イエメン料理 フレッシュアイペディアより)

  • ピコ・デ・ガヨ

    ピコ・デ・ガヨから見たトマトトマト

    ピコ・デ・ガヨ、またはピコ・デ・ガロ、ピコ・デ・ガジョ(スペイン語ジェイスモ Pico de gallo、雄鶏のくちばし)は、メキシコ料理において、トマト、タマネギ、および唐辛子(通常ハラペーニョまたはトウガラシ)で作る新鮮な調味料である。 レモンまたはライムの果汁、新鮮なシラントロ(コリアンダーの葉)、アボカド、キュウリ、ハツカダイコン、エビといった材料が加えられることもある。ピコ・デ・ガヨ フレッシュアイペディアより)

  • アマトリチャーナ

    アマトリチャーナから見たトマトトマト

    アマトリチャーナ()は、イタリア料理に使われるパスタソース、あるいはそれを用いたパスタ料理の一種。グアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)、ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)、トマトを用いる。ではマトリチャーナ()と呼ばれる。アマトリチャーナ フレッシュアイペディアより)

  • マダガスカル料理

    マダガスカル料理から見たトマトトマト

    米飯をベースにして、付け合わせが何かがつくというのが現在のマダガスカル料理の典型であり、それは島のほぼ全域に共通して言える。公的に「標準」とされるマダガスカル語(メリナ方言)では、米飯を「ヴァリ(vary 1)」、付け合わせを「ラウカ(又はロカ、laoka 2)」と呼ぶ。ラウカにはさまざまな種類があり、野菜のみの場合もあれば、動物性たんぱく質を含む場合もある。典型的にはショウガ、タマネギ、ニンニク、トマト、ヴァニラ、塩、カレー粉などを材料にしたソースにより味付けされる。あまり一般的ではないが他のスパイスやハーブによる味付けもある。南部や西部の降雨が少ない地域においては、米飯の代わりにトウモロコシ、キャッサバ、コブウシの乳を発酵させた凝乳を用いる牧畜民もいる。甘く香りのよい各種のフリッターなどの屋台料理、そして熱帯・温帯のフルーツは島のどこでも食べられる。地元産の飲み物としては、フルーツジュース、コーヒー、ハーブティー、茶があり、ラム酒、ブドウ酒、ビールと言ったアルコール飲料もある。マダガスカル料理 フレッシュアイペディアより)

  • 機能性野菜

    機能性野菜から見たトマトトマト

    トマト:カゴメの高リコペントマト「こくみ」、タキイ種苗の高リコペンミニトマト「アイコ」、高シス・リコピントマト「桃太郎ゴールド」(黄色トマト)など機能性野菜 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ料理

    ウクライナ料理から見たトマトトマト

    16世紀から19世紀にかけてアメリカ大陸から玉蜀黍・南瓜・隠元豆・苺・唐辛子・じゃが芋・向日葵・トマトなどの輸入により、ウクライナ料理の様相は大きく変わった。特に、じゃが芋はスープ、前菜、肉料理に不可欠な材料となり、向日葵はもっとも重要な油脂作物となった。17世紀にインドから齎されてきたほうれん草が夏のボルシチとして好まれる「緑のボルシチ」を作るために用いられるようになり、「異教徒の胡瓜」と呼ばれる茄子は現代ウクライナ料理を代表する数多くの詰め料理に使用されるようになった。ウクライナ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 庭師

    庭師から見たトマトトマト

    宮廷庭師の蔬菜栽培に関する記録はほかにも多く、フランスで13世紀頃に食されていたアスパラガスは貴族の野菜と称されるほど高価なものとされるが、特にルイ14世は宮廷庭師に、一年中食べられるように温室栽培を命じたというし、1593年にイベリア半島を旅行したマクシミリアン2世の宮廷植物学者シャルル・ド・レクリューズがカスティリア(スペイン)で、庭師や主婦までもがカプシクム(唐辛子)を丁寧に栽培していると報告。またイタリアでトマト栽培が裕福層の観賞用としてものから食用に移行するのは、ナポリの宮廷庭師が苗を自分の家に持ち帰り食用にしたからといわれている。宮廷庭師ミヒャエル・ハンフらは16世紀に果樹や野菜を栽培する実用園として造られていたルストガルテンを1647年にブランデンブルク選帝侯のフリードリヒ・ヴィルヘルムの命によりオランダ庭園に改造したことが知られる。17世紀にはジャガイモやトマトなどが観賞用から食糧としての経済的有用性が認められるようになり、イギリスなどは食糧を大量生産するという目的で、それら蔬菜の苗木を植民地で栽培し始める。庭師 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ風中華料理

    アメリカ風中華料理から見たトマトトマト

    トマトは新大陸の植物であったため、トマトが中国料理に取り入れられたのは比較的最近である。トマトをベースにしたソースは「beef and tomato」のようなアメリカ風中華料理に見ることができる。アメリカ風中華料理における炒飯もまた作り方が異なり、香りづけのため中国本土の炒飯ではあまり使用しない醤油を多く加えている。点心(Dim sum)のような食事スタイルもまたアメリカ人の好みに合うよう導入されたものである。アメリカ風中華料理 フレッシュアイペディアより)

949件中 31 - 40件表示

「トマト」のニューストピックワード