949件中 41 - 50件表示
  • インドネシア料理

    インドネシア料理から見たトマトトマト

    インドネシアは古くから香辛料の国として有名である。モルッカ諸島はニクズク、チョウコウ、コショウの生産地で、香辛料の島として名高かった。オランダ植民地以前にスペインやポルトガルの貿易船が訪れ、新世界からの作物を持ち込み、その後インドネシア各地で栽培されるようになった。スペイン人はメキシコからフィリピン経由でトウガラシ、サンドマメ、トマト、トウモロコシ、ジャガイモをインドネシアに持ち込んだ。ポルトガル人はアフリカとブラジルからピーナッツ、パパヤ、パイナップル、サツマイモ、キャッサバを持ち込んだ。オランダ人はキャベツ、ニンジン、カリフラワーを持ち込んだ。中国人は大豆製品、麺類をもたらした。インドからはタマネギ、ニンニク、ナスなどの野菜とカメムシソウ、クミン、ショウガ、タマリンドなどが伝えられた。古くからインドネシアで知られていた食材には、ウコン、ココナッツ、ヤシ砂糖、塩、トラシがある。インドネシア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市の農業

    横浜市の農業から見たトマトトマト

    農耕文化が横浜市域に根付いたのは弥生時代中期で、鶴見川流域に大規模な集落が形成されたと考えられている。河川沿いは水害、谷あいの田は旱魃の影響を受けやすく、農業生産性は高くなかった。江戸時代初期には吉田新田をはじめ大規模な新田開発が行われた。1859年に横浜港が開港し、外国人が居住を始めると自給自足的に西洋野菜の栽培を始めた。1862年(文久2年)にラザフォード・オールコックが著した『大君の都』によると、エドワード・ローレイロがレタスや芽キャベツ、パセリなどの菜園を起こしたとある。1860年(万延元年)に神奈川奉行所はアメリカ麦を試作。1863年(文久3年)には末吉町(現在の中区)でキャベツやセロリ、ニンジン、ラディッシュ、トマト、サヤエンドウ、イチゴの生産を始める。同じ年には、現在の中区山下町で、千葉県出身の前田留吉により日本初の牛乳の生産販売が始まった。この頃より根岸村(現在の中区と磯子区にまたがる一帯)でセロリやキャベツ、1866年(慶応2年)頃より子安(現在の神奈川区)周辺でセロリの栽培が始まった。明治に入ると鶴見川・境川・帷子川流域を中心に養蚕業が発展した。明治末から大正にかけては、交通の発達により鶴見区や神奈川区で農地の宅地への転用が見られた。昭和10年代には磯子区栗木でカーネーションやスイートピーなど花卉の温室栽培が行われていたが、横浜大空襲で焼失した。笹下釜利谷道路の「温室前」のバス停留所名(江ノ電バス、京浜急行バス)がその名残である。第二次世界大戦後は農地から住宅地や工業用地への転用が急速に進み、1950年には8665戸あった専業農家は、1960年には4436戸に半減した。市では農地保全のため山内(酪農)、菅田(植木)、新羽町(園芸)、瀬谷町(水田)、中和田(養豚)を農業モデル地区に指定。翌年には寺家・野庭町(園芸)、都田町(養豚)、原宿(植木)、汲沢(酪農)を追加指定した。横浜市の農業 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ料理

    メキシコ料理から見たトマトトマト

    タマネギ、ニンニク、トマト、コンソメスープでトマトスープを作り、揚げたトルティーヤを入れて数分煮るだけ。好みでスープの上に削ったチーズをかけてもよい。「これを語らずして、メキシコ料理を語るな」と言われる位の代表的な料理である。メキシコ料理 フレッシュアイペディアより)

  • アルバニア料理

    アルバニア料理から見たトマトトマト

    アルバニア人の主要な食事は昼食で、通常 gjellë (シチュー)、様々な野菜と共にじっくり煮込んだ肉の、トマト、キュウリ、ピーマン、およびオリーブなどの新鮮なサラダが並ぶ。サラダには塩、オリーブオイル、酢またはレモン果汁のドレッシングをかける。アルバニア料理 フレッシュアイペディアより)

  • アマトリーチェ

    アマトリーチェから見たトマトトマト

    アマトリーチェの名は、パスタに用いられる「アマトリチャーナ・ソース」(、アマトリーチェ風ソース)で知られている。アマトリチャーナ・ソースは、一般的にはグアンチャーレ(豚のほお肉の塩漬け)と、ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)を使ったトマトソースであり、スパゲッティ、ヴェルミチェッリ、ブカティーニなど各種パスタに合わされる。ローマ料理の代表的なソースとして、世界的によく知られている。アマトリーチェ フレッシュアイペディアより)

  • ジャガイモやせいもウイロイド

    ジャガイモやせいもウイロイドから見たトマトトマト

    PSTVdは、主にナス科の植物に感染する。ただし、感染しても症状が出る場合と出ない場合がある。主に感染するのはジャガイモ (Solanum tuberosum) 、トマト (Solanum lycopersicum) 、トウガラシ (Capsicum annuum) であり、これらは感染すると下記に示す症状を示す。一方で、キダチチョウセンアサガオ属 (Brugmansia) 、チョウセンアサガオ属 (Datura) 、ペピーノ (Solanum muricatum) 、ツルハナナス (Solanum jasminoides) 、アボカド (Persea americana) 、Lycianthes rantonneti 、 (Physalis peruviana) 、Streptosolen jamesonii などは、感染しても無症状である。ジャガイモやせいもウイロイド フレッシュアイペディアより)

  • ガンボ (料理)

    ガンボ (料理)から見たトマトトマト

    ケイジャンとクレオールのスタイルで分けることもできる。クレオールのガンボで使うルーは、通常ある程度茶色付いているものの色は浅めで、トマトを入れることもあるが、ケイジャンのガンボはより濃い色のルーを使用、トマトを入れることはない。ガンボ (料理) フレッシュアイペディアより)

  • ラッサム

    ラッサムから見たトマトトマト

    ラッサム(rasam, ????)は、南インドで日常的に飲まれているスープのひとつ。トマト(野菜)、タマリンド(果物)などを黒胡椒やニンニクで味付けして煮たもので、辛味と酸味が強いのが特徴である。タミル語でジュースを意味する。ラッサム フレッシュアイペディアより)

  • 木曽岬町立図書館

    木曽岬町立図書館から見たトマトトマト

    木曽岬町立図書館(きそさきちょうりつとしょかん)は、三重県桑名郡木曽岬町西対海地(にしたいがんじ)にある公立図書館。2018年(平成30年)1月7日に木曽岬町役場教育文化棟の1階に設置された。木曽岬町の特産品・トマトに関する資料を集めたコーナーを持つ。木曽岬町立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • チャプスイ

    チャプスイから見たトマトトマト

    八宝菜に酷似するも詳細は地域や店舗により様々異なり、北アメリカ独特の材料としてトマトやハムを用いることもある。アメリカ合衆国とカナダの田舎ではテイクアウト中華料理の定番商品で、南アメリカやインドの中華料理店でも広く提供されている。アメリカで1910年代から1920年代にかけて流行したは刻んだタマネギやピーマンと牛挽肉を炒めてマカロニとトマトを加えて煮込んだもので、混ぜ煮料理である以外はチャプスイとの共通点はほとんどない。台山市以外で雜碎はもつの混ぜ煮を指し『西遊記』には孫悟空がこの雜碎を作って食べようと言う記述がある。宴会料理のごった煮は、特に李公雜碎(李鴻章雜碎とも)と称されて一般料理とは大きく異なり豪華で、1999年に横浜の中華料理店が復元調理している。チャプスイ フレッシュアイペディアより)

949件中 41 - 50件表示

「トマト」のニューストピックワード