949件中 61 - 70件表示
  • ナス科

    ナス科から見たトマトトマト

    ナス科(ナスか、学名:Solanaceae)は、双子葉植物綱キク亜綱ナス目(クロンキスト体系)の科の1つ。115属2678種からなる大きな群である。ナスに加え、ジャガイモやトマトなど多くの有用植物が属している。ナス科 フレッシュアイペディアより)

  • シチュー

    シチューから見たトマトトマト

    日本へのシチューの伝来がいつかについて明確な記述はないが、すでに1871年(明治4年)、東京の洋食店「南海亭」のちらしに、「シチウ(牛・鶏うまに)」との品書きが見出されている。また1872年の仮名垣魯文『西洋料理通』においても、牛肉や豚肉、トマトなどを用いたシチューが紹介されている。明治中頃までにビーフシチューはレストランのメニューに普及、1904年(明治37年)には旧帝国海軍軍艦の昼・夕食として、「煮込み」の名でシチューやカレーが供されている。これはイギリス海軍との交流に端を発するとされている。明治末期にはシチューのレシピが上流階級向けの婦人雑誌に掲載されるようになった。しかし、本格的にシチューが全国に浸透したのは、太平洋戦争終結以後のことである。シチュー フレッシュアイペディアより)

  • 農業の歴史

    農業の歴史から見たトマトトマト

    アメリカ大陸では紀元前5200年ごろ、トウモロコシ、キャッサバ、クズウコンが農作物として栽培されるようになった。アメリカ大陸発祥の農作物としては他にジャガイモ、トマト、トウガラシ属、いくつかの豆類、タバコなどがある。南アメリカではアンデス山脈沿いの険しい斜面に段々畑が発達した。メソアメリカでは6000年以上前に野生のテオシントに人間が手を加えて現代のトウモロコシの原種を作った。それが徐々に北アメリカに広まっていき、ヨーロッパの人々が新大陸に到達したころにはアメリカ先住民の主食になっていた。メソアメリカ原産の作物としては他に数百種類のカボチャ類や豆類がある。カカオを作物としたのもメソアメリカである。食用に供される鳥であるシチメンチョウ属もメキシコからアメリカ南西部で家畜化された。南アメリカのアンデス山脈地域が発祥の重要な作物としてジャガイモがあり、5000年前ごろのこととされている。南アメリカでは様々な豆類も作物とされたが、リャマ、アルパカ、モルモットといった動物も家畜化された。アンデス地域発祥の作物としてはコカもあり、今も主要作物として栽培されている。農業の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • インレー湖

    インレー湖から見たトマトトマト

    漁業のほか、インレー湖上の浮き畑では野菜や果実が栽培されており、手作業によって整備されている。湖底に根を張ったホテイアオイなどの水草を土台として湖の泥を積み上げて浮き畑を形作り、流されないように竹竿で水底に固定している。浮き畑ではトマト、ナス、キュウリ、トウガラシなどの野菜が栽培され、ヒヤシンスなどの花も栽培されている。雨季に入ると浮き畑は水没するため、11月ごろに種が蒔かれ、翌年2月以降に収穫が行われる。しかし、浮き畑の増加は後述の環境問題を引き起こしている。インレー湖 フレッシュアイペディアより)

  • カキノキ

    カキノキから見たトマトトマト

    形状はトマトのように横長なもの(平核無など)と、ドングリや砲弾のように縦長なもの(甲州百目など)に大別される。カキノキ フレッシュアイペディアより)

  • 沼田市

    沼田市から見たトマトトマト

    野菜は、夏でも涼しい気候を利用して、レタス・だいこん・ほうれんそう・トマト・キャベツなどが栽培されている。また、作付面積は少ないものの、山うどやふきなど、特徴的な作物も栽培されている。沼田市 フレッシュアイペディアより)

  • エスビー食品

    エスビー食品から見たトマトトマト

    S&B王室料理人 地中海カレー(旧・王室料理人ダニエル・マルタンの地中海カレー) - 三ツ星フランス人シェフのダニエル・マルタンが監修を行った即席カレールウ。ルウに含まれる原材料に濃縮されたオレンジの果汁やイタリア産のトマト、スペイン産のオリーブが使用されているのが大きな特徴となっている。エスビー食品 フレッシュアイペディアより)

  • イエメンの文化

    イエメンの文化から見たトマトトマト

    各地域ごとに独自の食事文化があるなかで、サルタは国民食と呼べるものである。この料理のベースになるのは「マラク (maraq)」と呼ばれるトルコ起源の茶色の肉シチュー、フェヌグリークを水に漬けペースト状にしたもの、そしてサハーウィク(唐辛子、トマト、ニンニク、ハーブをベースにして作成されたサルサソース)である。米、イモ、スクランブルエッグ、野菜は「サルタ」の材料として一般的な素材である。サルタはイエメンの薄焼きパンのマルージュに浸して手食する。イエメンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たトマトトマト

    1554年、医者であるアンドレア・マッテイオーリがトマトを使ったソースを作る試みをした。17世紀末、料理人アントニオ・ラティーニのスペイン風トマトソースがきっかけとなり、パスタをトマトソースで食べる食べ方が普及した。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • 素麺

    素麺から見たトマトトマト

    冷やしそうめんは日本の夏季の麺料理の代表格であり、夏季には各醤油メーカーや食品メーカーから、「そうめんつゆ」と呼ばれる調味済みのめんつゆが販売される。そうめんつゆは醤油、出汁、みりんあるいは砂糖などからなる甘辛いもので、食べる前日に作るのがよいとされる。また、そばつゆよりは砂糖やみりんが多く添加され、甘味が勝るものが多い。出汁の材料は地域によってさまざまだが、鰹節、干しエビ、干し椎茸などが一般的である。ごまだれをめんつゆに入れたりつけ汁として用いる場合もある。付け合わせに煮込んだシイタケ、茄子、錦糸卵、トマト、蒲鉾、海老、缶詰のみかん等がつく場合もある。関西地方では冷やし中華(冷麺)のようにハム、キュウリなども添えるのが一般的。薬味としては、刻み葱、おろし生姜、胡麻、ミョウガ、山椒、海苔、鰹節、大葉、おろし山葵などが用いられる。素麺 フレッシュアイペディアより)

949件中 61 - 70件表示

「トマト」のニューストピックワード