690件中 81 - 90件表示
  • 砂倉加奈子

    砂倉加奈子から見たトマトトマト

    ミルクチョコ・苺・トマト・お粥・梅干(お漬物)ドライフルーツ・ボカロ・ヒーリングミュージック砂倉加奈子 フレッシュアイペディアより)

  • 永田農法

    永田農法から見たトマトトマト

    ジャガイモ、トマト、ホウレンソウなどの多くの野菜はもともと高原原産であるので高温多湿である日本の気候には本来向かない。そのため、基本的にはビニールハウス内でマルチシートを張って雨風を避け、石交じりの土で作物を乾燥気味に栽培する。肥料および水は、必要最低限の液肥を、葉がしおれた頃合を見て与えるのみである。作物を常に飢餓状態に追い込むことによって、植物が本来持っている力を最大限に引き出すのが狙いである。その結果、できた作物は通常販売されている野菜よりもはるかに多くの栄養を持つこと、そして野菜特有のアクが少なくなることなどが実証されている。また、土中の有機物が少ないので病害虫の被害も少ない。永田農法 フレッシュアイペディアより)

  • アムスゴ族

    アムスゴ族から見たトマトトマト

    畑では主食であるトウモロコシ、豆類、カボチャの他に、トウガラシ、トマト、コーヒー、カカオ、米、タバコを育てている。また主要換金作物としてサトウキビを栽培している。アムスゴ族 フレッシュアイペディアより)

  • アキグミ

    アキグミから見たトマトトマト

    低木の落葉樹で、樹高は2-3m程度に成長する。葉は白っぽい緑色。初夏に黄色の花を付け、秋に朱から赤色の直径8mmほどの実を付ける。ほかのグミ類の果実が楕円形なのに対し、アキグミは球形に近い。実は食用となるが、タンニンを多く含むため強い渋みを感じさせる。また、実にトマトの7〜17倍のリコペンを含む。アキグミ フレッシュアイペディアより)

  • ムーラン (調理器具)

    ムーラン (調理器具)から見たトマトトマト

    ムーラン(ムーラン・ア・レギューム、仏:moulin à légume)は主にフランスなどで用いられる調理器具。「野菜のミル」という意味があり、しばしば「粉砕器」、「挽砕器」とも訳される。乾物を挽くのではなく、茹でたジャガイモやトマトなどを裏ごしするのに使用される。一般的な裏ごし器に比べ大量に、また多くの力を用いずに裏ごしすることができる。裏ごし用の刃を粗いものや細かいものに交換できるものもある。ムーラン (調理器具) フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷バーガー

    倉敷バーガーから見たトマトトマト

    岡山県内産の食材を使ったハンバーガー。トマトは桃太郎トマト、肉は県内産の物と千屋牛の物がある。倉敷バーガー フレッシュアイペディアより)

  • ソムロームチュー

    ソムロームチューから見たトマトトマト

    カンボジアには、様々な種類のソムロームチューがあり、使用するムチュー(?????)や具として入れる食材によって味は大きく変わる。おもな材料は、肉や魚介類のほか、野草を含むさまざまな野菜、酸味づけに用いるタマリンドなどのムチュー、レモングラス、ショウガ、ガランガル、ニンニクなどのハーブやスパイス、プラホックなどである。ソムロームチューユオン(ユオンはベトナムで多数派を占めるキン族のこと)はトマトやパイナップルをムチューとして使ったもので、ベトナム料理のカインチュアカーロック(Canh chua cá lóc, 酸っぱい雷魚のスープ、パイナップルと雷魚を煮込み、トマトやモヤシなどの野菜を入れて更に煮詰めた料理)が元になっているといわれる。ソムロームチュー フレッシュアイペディアより)

  • 嶋田洋一 (俳人)

    嶋田洋一 (俳人)から見たトマトトマト

    練馬区のトマト馬鈴薯夏青し - 洋一が牛込から練馬に引っ越した頃に詠んだ一句嶋田洋一 (俳人) フレッシュアイペディアより)

  • サラダドレッシング

    サラダドレッシングから見たトマトトマト

    アングロアメリカの甘酸っぱいドレッシングで、プレーンな白とトマト風味の赤がある。フランスでサラダドレッシングとして用いられるヴィネグレットとは全く風味が異なる。サラダドレッシング フレッシュアイペディアより)

  • 夏野菜

    夏野菜から見たトマトトマト

    夏野菜(なつやさい)とは、野菜の中での特に夏期に収穫されるものをいい、キュウリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラ、トウモロコシ、ニラ、カボチャ、ズッキーニなどが代表的である。夏野菜 フレッシュアイペディアより)

690件中 81 - 90件表示

「トマト」のニューストピックワード