253件中 91 - 100件表示
  • J・マイケル・ストラジンスキー

    J・マイケル・ストラジンスキーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2007年6月、ストラジンスキーが「シルヴァーサーファー」の映画版脚本を書いたことが発表され、映画が制作されるかどうかは『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』の興行収入次第だとされた。また、トム・ハンクスのプレイトーン・プロダクションとユニバーサルの制作でピューリッツァー賞を受賞した小説 They Marched into Sunlight の映画化が進行しており、監督のポール・グリーングラスの書いた概略を元にストラジンスキーが脚本を書いている。2008年6月のデイリー・バラエティ誌は注目の脚本家10人にストラジンスキーを挙げている。その記事によると、ロン・ハワード監督で進行中の「レンズマン」と The Flickering Light の脚本とトム・クルーズとユナイテッド・アーティスツで進行中の Proving Ground の脚本もストラジンスキーが手がけているという。J・マイケル・ストラジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • ハスラー2

    ハスラー2から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ポール・ニューマンとトム・クルーズによるビリヤード映画の代表作。同じくポール・ニューマン主演の1961年公開の映画『ハスラー』(The Hustler)の、25年越しの続編である。アカデミー主演男優賞受賞(ポール・ニューマン)ハスラー2 フレッシュアイペディアより)

  • だんだん

    だんだんから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    めぐみとのぞみの実の父親。優しいが、頑固なところもある松江市宍道湖のシジミ漁師。めぐみの友達には「松江のトム・クルーズ」と言われている。シジミの佃煮が大好物。中学卒業後はプロボクサーになるために、両親に反発して大阪へ。17歳でプロボクサーとなり、才能があると将来を有望視されていたが、2年後、父親の死を伝えに来た当時の妻の真喜子が2人の男性に絡まれた際、その中の相手ひとり(元ボクサー)を殴ったためにボクサーを辞め、真喜子とも離婚し松江へ戻ることとなった。その際、めぐみひとりだけを連れて帰った。それから19年、ボクシングを封印していたが、「黒髪」が上手に舞えないと言う19歳ののぞみと暴力事件を起こした当時の自分を重ね合わせ、「子どもたち3人には、後悔しない生き方をしてほしい」と考え、厳しい減量とトレーニングの末、一度だけリングに立つ。必殺技は、シジミ漁で鍛えた左腕から繰り出す「ジョレンアッパー」(吉田の命名)。なお、真喜子とは、めぐみとのぞみが生まれるちょうど1年前に京都に遊びに行った際に、偶然会った。当時、忠は18歳、真喜子は16歳だった。だんだん フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・モートン

    ジョニー・モートンから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1996年製作のトム・クルーズ主演映画『ザ・エージェント』に本人役で出演。ジョニー・モートン フレッシュアイペディアより)

  • カクテル (映画)

    カクテル (映画)から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ヘイウッド・グールドの同名小説を映画化した作品で、ロジャー・ドナルドソン監督、トム・クルーズ主演。トム・クルーズのスマイルと、フレアバーテンディングによるカクテル作りの派手なパフォーマンスでヒットを博した。カクテル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・サカイ

    リチャード・サカイから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1984年にブルックスが設立した映画プロダクション会社“Gracie Films”において製作されているアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』のプロデューサーとしてその名が知られている。同アニメシリーズにおいてはエミー賞を7回受賞しており、トレイシー・ウルマンがホストを務めた人気番組『トレイシー・ウルマン・ショー』においても同賞を獲得した。またプロデューサーとしてブルックスと共に製作したトム・クルーズ主演の『ザ・エージェント』は作品賞にノミネートされた。リチャード・サカイ フレッシュアイペディアより)

  • レキシントン (バージニア州)

    レキシントン (バージニア州)から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    レキシントンはたびたび映画の舞台にもなってきた。1938年に公開されたBrother Ratはバージニア兵学校を舞台とし、同校に通う3人の若者を題材とした作品である。この映画にはロナルド・レーガンも出演した。バージニア兵学校は1958年に公開されたパット・ブーン主演のミュージカル映画Mardi Grasにも登場した。1993年に公開されたリチャード・ギア主演の映画「ジャック・サマーズビー」では、作品中の街の通りがレキシントンで撮影された。1994年公開の恋愛映画Foreign Studentでは、作品中に登場する大学のキャンパスの外観としてワシントン・アンド・リー大学が登場したほか、教授による講義のシーンがレキシントンで撮影された。2003年に公開された、南北戦争を描いた歴史映画「ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将」の撮影はレキシントンを含むバージニア州の各所で行われた。2005年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演のSF映画「宇宙戦争」の一部のシーンも、このレキシントンで撮影されたものである。レキシントン (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ユニゾン (アルバム)

    ユニゾン (アルバム)から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスでレコーディングされた。ヒットシングル「エニイ・アザー・ウェイ」、「ユニゾン」(ジュニアが歌い、トム・クルーズ主演映画『栄光の彼方に』の主題歌のカバー曲)、「哀しみのハートビート」、「ザ・ラスト・トゥ・ノウ」(以前に、シーナ・イーストンによってレコーディングされた)、ラジオシングル「ハヴ・ア・ハート」(ディオンの1987年のアルバム『Incognito』の「Partout je te vois」の英語版)などが収録されている。このアルバムはディオンにジュノー賞最優秀アルバム賞と最優秀女性ボーカリスト賞の2つの賞をもたらした。ユニゾン (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アヴネット

    ジョン・アヴネットから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1949年、ニューヨーク市ブルックリン生まれ。オフ・ブロードウェイの劇場プロデューサーを務めたのち、ユナイテッド・アーティスツへ入社。この時期に、学生時代に撮った自主映画でアメリカ映画協会の奨学金をもらい、監督育成の教育を受ける。1977年、スティーヴ・ティッシュとティッシュ・アヴネット・プロダクションを共同で立ち上げ、トム・クルーズ主演の映画『卒業白書』、ファラ・フォーセット主演『バーニング・ベッド』などの製作を手がける。また、ファラ・フォーセット、コリーン・デューハースト主演のテレビ映画『女たちの迷路』で監督・脚本家をつとめ、その後『フライド・グリーン・トマト』で劇場公開映画の監督デビューを果たしている。ジョン・アヴネット フレッシュアイペディアより)

  • キャシー・ヒルトン

    キャシー・ヒルトンから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2008年、映画「Tropic Thunder」でトム・クルーズの妻役を演じた。キャシー・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

253件中 91 - 100件表示

「トム・クルーズ」のニューストピックワード