332件中 21 - 30件表示
  • デイズ・オブ・サンダー

    デイズ・オブ・サンダーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『デイズ・オブ・サンダー』(Days of Thunder)は、1990年に公開されたアメリカ合衆国の映画。監督はトニー・スコット。脚本はロバート・タウン。トム・クルーズ主演。日本では1990年6月29日に公開された。デイズ・オブ・サンダー フレッシュアイペディアより)

  • ナイト&デイ

    ナイト&デイから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『ナイト&デイ』(原題: )は、2010年公開のアメリカ映画。2001年の『バニラ・スカイ』以来となるトム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演作である。「ナイト」は「夜」ではなく、「騎士」の意味で老夫婦の姓である。昏睡状態が多いのは前の共演『バニラ・スカイ』をなぞっている。ナイト&デイ フレッシュアイペディアより)

  • All You Need Is Kill

    All You Need Is Killから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    近未来世界を舞台に、時のループに捕らえられた主人公の成長と運命を描いた、いわゆるループものの物語で、桜坂洋の出世作となったSF小説。筒井康隆らに激賞され、星雲賞候補作にもなった。また2014年の実写映画版は、世界的なスターであるトム・クルーズが主演するハリウッド映画として製作されたが、日本のライトノベルが大作のハリウッド映画として映像化されることは本作が初めてであり、異色のこととして紹介された。All You Need Is Kill フレッシュアイペディアより)

  • アウトロー (2012年の映画)

    アウトロー (2012年の映画)から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『アウトロー』(原題: Jack Reacher)は、リー・チャイルドの全米でベストセラーとなっているジャック・リーチャーシリーズ9作目の2005年の小説『アウトロー』(原題: One Shot)を原作とした2012年のアメリカ合衆国の映画である。クリストファー・マッカリーが監督と脚本を務め、トム・クルーズが主人公のジャック・リーチャーを演じる。アウトロー (2012年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・リーチャー

    ジャック・リーチャーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ジャック・リーチャー(Jack Reacher)は、在米イギリス人推理小説家リー・チャイルド(Lee Child, 1954年 -)による小説シリーズの主人公で架空の人物。今は流れ者だが、かつては米陸軍憲兵隊捜査官だったという設定。同シリーズの9作目を映画化した『アウトロー』(原題:Jack Reacher・2012年製作)では、トム・クルーズがジャック・リーチャーを演じている。ジャック・リーチャー フレッシュアイペディアより)

  • ア・フュー・グッドメン

    ア・フュー・グッドメンから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『ア・フュー・グッドメン』(A Few Good Men)は、1992年に公開されたアメリカ映画。アーロン・ソーキンの脚本による同名の舞台劇(A Few Good Men)を基に映画化された。製作・配給はキャッスル・ロック・エンターテインメントとコロンビア・ピクチャーズで、監督はロブ・ライナー。トム・クルーズ、ジャック・ニコルソン、デミ・ムーアが共演する軍事法廷サスペンス。ア・フュー・グッドメン フレッシュアイペディアより)

  • 邦題

    邦題から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『スパイ大作戦』(原題『Mission: Impossible』。1960年代から1970年代に放送されたテレビドラマシリーズ。1996年にトム・クルーズ主演でリメイクされた映画版では原題通り『ミッション:インポッシブル』のタイトルがつけられた)邦題 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本充

    宮本充から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    田中敦子のブログにて「少年がそのまま大人になったような人」と紹介された。堀内賢雄、森川智之、平田広明と並んでトム・クルーズとブラッド・ピット、キアヌ・リーブスとジョニー・デップ両方の吹き替えを経験している数少ない人物である。宮本充 フレッシュアイペディアより)

  • 福本清三

    福本清三から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2003年に東映を定年となったが、その後も嘱託という形で東映に籍を置いたまま俳優業を続けており、活動の幅もさらに拡げた。『ラストサムライ』で共演したトム・クルーズからは、「定年で辞めるなんてもったいない、ぜひハリウッドにおいでよ」と声をかけられている。2006年にはNHK大河ドラマ『功名が辻』から出演のオファーを受け、ここでも斬られ役としての技量を披露した。福本清三 フレッシュアイペディアより)

  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

    ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(Mission: Impossible - Rogue Nation)は、クリストファー・マッカリーが監督兼脚本を務めた2015年7月31日公開のアメリカ合衆国のである。『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目で、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年)の続編である。トム・クルーズは主人公を引き続き演じ、またJ・J・エイブラムス、スカイダンス・プロダクションズのデヴィッド・エリソンと共にプロデューサーも兼任する。ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション フレッシュアイペディアより)

332件中 21 - 30件表示