253件中 41 - 50件表示
  • 第58回プライムタイム・エミー賞

    第58回プライムタイム・エミー賞から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    司会のコナン・オブライエンが自ら出演したオープニング・シークエンスでは、『LOST』の第1話(しかし、授賞式当日に発生したコムエアー旅客機墜落事故により、一部の視聴者からは不謹慎だと批判が出た。NBCは後日謝罪を行なった)、『The Office』、『24 -TWENTY FOUR-』、『HOUSE』、『サウスパーク』のサイエントロジーをネタにした回のパロディ(Trapped in the Closet、日本未放送)などが登場した。『サウスパーク』の部分は、ネタにされたトム・クルーズ(勿論パロディシーンにも登場)を巻き込んだ物議を醸した問題作であり、放送局のコメディ・セントラルで再放送が自粛されたものであった。第58回プライムタイム・エミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 小山修三

    小山修三から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    国立民族学博物館助教授・教授を歴任し、2002年3月定年退官。2004年6月吹田市立博物館館長就任(2012年5月に退任)。オーストラリア・アボリジニを中心にフィールドワークを進めた著書や縄文時代に関する研究の著書に評価が高い。吹田市立博物館では特別展の企画運営を中心に市民参加を積極的に進め、2006年春の「千里ニュータウン展」、2007年秋の「'07EXPO'70?わたしと万博」は多数の来館者を集め、市民企画の新しい博物館のあり方を示した。飾らない人柄で吹田市民からは「カンチョー」と呼ばれ親しまれた。自らは「すいはく(吹田市立博物館)のトム・クルーズ」を名乗ることがある。小山修三 フレッシュアイペディアより)

  • ブラット・パック

    ブラット・パックから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ブラッド・パックとは、1950年代・1960年代にハンフリー・ボガートの共演者の一団に付けられたあだ名、ラット・パック(Rat Pack)のもじりであり、この言葉は、1985年に雑誌『ニュー・ヨーク』に掲載された記事で有名になった。記事の中では、エミリオ・エステベス、ジャド・ネルソン、ロブ・ロウ、ショーン・ペン、ロバート・ダウニー・Jr、さらに『アウトサイダー』の出演者、トム・クルーズ、C・トーマス・ハウエル、マット・ディロン、ラルフ・マッチオなど多数の俳優が言及されたが、一般にはジョン・ヒューズの『ブレックファスト・クラブ』とジョエル・シュマッカーの『セント・エルモス・ファイアー』の出演者が中心メンバーとされる。すなわち、エステベス、ネルソン、ロウ、アンソニー・マイケル・ホール、モリー・リングウォルド、デミ・ムーア、アリー・シーディ、アンドリュー・マッカーシーの8人である。メア・ウィニンガムは、『セント・エルモス・ファイアー』に出演したにもかかわらず、それ以外に他のメンバーと共演することがなかったのでリストからはずされることが多い。これ以外に、ダイアン・レイン、パトリック・スウェイジ、キーファー・サザーランド、メアリー・スチュアート・マスターソン、ケヴィン・ベーコン、ジョン・キューザック、ジェームズ・スペイダー、ジョン・クライヤー、ジェイミー・ガーツ、マシュー・ブロデリック、チャーリー・シーン、メリッサ・ギルバートなど、同時代に中心メンバーと共演した俳優も含まれることがある。ブラット・パック フレッシュアイペディアより)

  • マイルズ・フィッシャー

    マイルズ・フィッシャーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2008年の映画『スーパーヒーロー ムービー!! -最‘笑’超人列伝-』でトム・クルーズを演じ、この役がインターネット上やテレビ番組『エンターテインメント・トゥナイト』『ショウビズ・トゥナイト』などで紹介され話題となる。この動画はインターネット上で1,000万回以上再生された。マイルズ・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • Ring-a-Ring-o' Roses

    Ring-a-Ring-o' Rosesから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    トム・クルーズ主演のアメリカ映画『ミッション:インポッシブル2』の冒頭で、子供たちがこの唄を歌っている。Ring-a-Ring-o' Roses フレッシュアイペディアより)

  • メリッサ・ギルバート

    メリッサ・ギルバートから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    俳優ロブ・ロウとの交際は有名で結婚まで噂されたこともあった。それ以外にもトム・クルーズ、ジョン・キューザック、スコット・バイオ、ビリー・アイドルなどと浮名を流す。メリッサ・ギルバート フレッシュアイペディアより)

  • ウォシタ川の戦い

    ウォシタ川の戦いから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ハリウッド西部劇映画。トム・クルーズが第7騎兵隊の古参兵ネイサン・オールグレン大尉を演じ、ウォシタ川の虐殺に参加したことで、悪夢に悩まされるようになる。ウォシタ川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • ケリー・ラッセル

    ケリー・ラッセルから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『M:i:III』の撮影時にトム・クルーズからサイエントロジーの誘いを受けたと報道された。ケリー・ラッセル フレッシュアイペディアより)

  • キーラ・セジウィック

    キーラ・セジウィックから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    15歳の時に舞台でデビュー。1982年から1年間ソープ・オペラに出演。その後ハリウッドに進出するが、仕事が入らずニューヨークに戻ってくる。1985年に『愛と動乱のワルシャワ』で映画デビュー。1989年の『7月4日に生まれて』でトム・クルーズの恋人役を演じてブレイクする。キーラ・セジウィック フレッシュアイペディアより)

  • シラキュース大学

    シラキュース大学から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    “Hendrick Chapel”はトム・クルーズ(シラキュース出身)出演の映画、「7月4日に生まれて」に使われた。シラキュース大学 フレッシュアイペディアより)

253件中 41 - 50件表示

「トム・クルーズ」のニューストピックワード