253件中 51 - 60件表示
  • フランク・ホエーリー

    フランク・ホエーリーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    俳優、映画監督として活躍するホエーリーは、1963年に4人兄妹の一人として生まれる。1987年にジャック・ニコルソン、メリル・ストリープ主演の『黄昏に燃えて』で映画デビュー。同作品ではジャック・ニコルソン演じる主人公の若い頃を演じている。その後はしばらくテレビなどに出演してキャリアを重ね、映画においてもケビン・コスナー主演の『フィールド・オブ・ドリームス』やトム・クルーズ主演の『7月4日に生まれて』、マーロン・ブランド出演の『ドン・サバティーニ』など話題作に次々と出演し、多数の大物俳優と共演。フランク・ホエーリー フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・カントレル

    ジェリー・カントレルから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ミュージシャン以外の活動では、トム・クルーズ主演の映画『ザ・エージェント』に、コピー・ショップの店員として出演している。ジェリー・カントレル フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・アイアンサイド

    マイケル・アイアンサイドから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1970年代後半まではカナダの規模の小さい劇団の舞台で収入を得たり、インディーズ系の映画に幾つか主演していたが、デヴィッド・クローネンバーグ監督のメジャー代表作ともいえる『スキャナーズ』の主人公が当たり役となり、続く『面会時間』での狂気の演技で注目されてからは、カナダからハリウッドに活躍の場を移した。その後は、精神異常をきたしているかのような犯罪者や、強烈な悪役を主に演じたが、『マーダー・イン・スペース』の勇ましいクルー役、SFアクションTVシリーズ『V』でのハム役、トム・クルーズ主演の『トップガン』の教官役などでは、冷静で頼もしい脇役を務めた。1990年の『トータル・リコール』では、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーと渡り合い、バイプレイヤーの地位を不動のものとした。マイケル・アイアンサイド フレッシュアイペディアより)

  • 神田瀧夢

    神田瀧夢から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    トム・クルーズ主演のハリウッド映画『ラスト・サムライ』のオーディションを受けたが、結果は不合格。その際に他人にはできない自身の強みで勝負しようとコメディーの道に転向を決意。当初は友人とコンビで英語漫才をやっていたが、後にコンビを解消。その後スタンドアップ・コメディーの大会に1人で出て、優勝した経験もある。神田瀧夢 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・スウェイジ

    パトリック・スウェイジから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1979年にローラーディスコをテーマにした映画『Skatetown, U.S.A.』で、映画俳優デビュー。1981年にはアメリカの人気テレビドラマ『マッシュ』(M*A*S*H,Episode 9"Blood Brothers")に出演。1983年の映画『アウトサイダー』では、C・トーマス・ハウエル、ラルフ・マッチオ、マット・ディロン、ロブ・ロウ、ダイアン・レイン、エミリオ・エステヴェス、トム・クルーズらと共演し、ブラット・パックの一員とみなされることもあった。『ダーティ・ダンシング』では得意のダンスを披露し、『ゴースト/ニューヨークの幻』の世界的大ヒットで人気を不動のものとした。パトリック・スウェイジ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・モナハン

    ミシェル・モナハンから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2000年にテレビドラマに端役でデビュー。翌年公開の『PERFUME パフューム』で映画デビュー。徐々に大作に出演するようになり、2006年の『M:i:III』ではトム・クルーズ演ずるイーサン・ハントの妻ジュリアを演じた。ミシェル・モナハン フレッシュアイペディアより)

  • マーベリック・ビニャーレス

    マーベリック・ビニャーレスから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    "マーベリック" の名は、父親が映画「トップガン」に影響を受け、トム・クルーズ演じる主人公のニックネームから名付けられた。7歳のときからオートバイレースを始め、ミニモトクロス、ミニバイクレース、ロードレースの125ccカタルーニャ州選手権を経て、2009年にはスペインロードレース選手権(CEV)125ccクラスにデビューした。第2戦ヘレスで早くも初優勝を果たし、年間ランキングではいとこのイサック・ビニャーレスの4位を上回り、2位に入る活躍を見せた。マーベリック・ビニャーレス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ゲラー

    ブルース・ゲラーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1966年に開始した、テレビドラマ『スパイ大作戦』が成功し、ゲラーはエミー賞を受賞した。番組は1973年まで続き、さらに1988年には『新スパイ大作戦』としてリメイクされるに至った。1996年にはトム・クルーズ製作・主演で『ミッション:インポッシブル』として映画化された。ブルース・ゲラー フレッシュアイペディアより)

  • ポーラ・ワグナー

    ポーラ・ワグナーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    カーネギーメロン大学で演劇を学び、ブロードウェイやオフ・ブロードウェイの舞台に立つようになる。その後、クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシーのタレント・エージェントとなり、ケヴィン・ベーコン、ヴァル・キルマー、デミ・ムーア、リーアム・ニーソン、トム・クルーズ達のエージェントとなる。ポーラ・ワグナー フレッシュアイペディアより)

  • ナザニン・ボニアディ

    ナザニン・ボニアディから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2012年9月、ヴァニティ・フェア誌のモーリン・オース特派員は、サイエントロジーのリーダーであるデビッド・ミスキャベッジの妻シェリー・ミスキャベッジがトム・クルーズに信者であるガールフレンドを探すという秘密裏の企画があると書いた。ボニアディはサイエントロジー職員のトップであるグレッグ・ウィルヘアにより映像を作るという目的で選ばれた、と伝えられている。世界や自身の信仰を助けるためのトップ・シークレットのプロジェクトに選ばれたと信じ込まされ、『世界の指導者』に会うことになっていた。この秘密の任務のため、ウィルヘアの要求により約1ヶ月かけて髪の色を暗くしたり、歯列矯正装置を外したり、とても愛していて長く付き合ってきたサイエントロジストのボーイフレンドと別れたりした、と報じられた。それを拒むと、ウィルヘアに彼女がそれまで付き合ってきたボーイフレンドとの別れの際に、彼が彼女に対して反抗し罪を犯したことにすると言われた。その後ウィルヘアがクルーズに彼女を紹介するため、彼女はニューヨークへと旅立ち、彼女はクルーズに夢中になった。彼女は秘密を守る契約書にサインしたと言われている。2004年11月から2005年1月までの交際期間、彼女はクルーズと同居していた。それは教会やクルーズにとっても彼女をコントロールするのに都合が良かったが、彼女がミスキャベッジに対して言葉が聞き取れずに何度も聞き返すことが失礼に感じるようになり、教会とうまくコミュニケーションが取れない兆候であると判断された。クルーズとボニアディの関係は終わり、彼女はフロリダ州クリアウォーターのサイエントロジーの施設に送り返され、そこで彼女はこれまでのことを友人に話してしまったところ、屈辱的な罰を受けることとなった。歯ブラシでトイレ掃除、酸でバスルーム磨き、夜中にどぶさらいなど。教会とクルーズの代理人はこの全てを否定。元信者で監督であり脚本家のポール・ハギスはこれが事実であることを認めている。彼はまた2010年辺りにボニアディはサイエントロジーを脱退したとしている。ナザニン・ボニアディ フレッシュアイペディアより)

253件中 51 - 60件表示

「トム・クルーズ」のニューストピックワード