332件中 51 - 60件表示
  • ジョージ・ストロンボロポロス

    ジョージ・ストロンボロポロスから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2013年6月9日にCNNで“Stroumboulopoulos”(邦題:痛快トークショー「ストロンボロポロス」)を開始し、CNNデビューを果たした。この番組は、彼が過去にCBCでやっていた時と同じような形式で番組が進行されている。過去にチャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ)、ラリー・キング、ヒラリー・クリントン、マイケル・ブーブレ、フランク・シナトラ Jr.、スティーブン・キング、オプラ・ウィンフリー、ブラッドリー・クーパー、ジャッキー・チェン、ナオミ・ワッツ、ロバート・パティンソン、ボノ、トム・クルーズ、クリント・イーストウッドなどの数々の著名人をインタビューした。ジョージ・ストロンボロポロス フレッシュアイペディアより)

  • ピュアリフィケーション・プログラム

    ピュアリフィケーション・プログラムから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    また、トム・クルーズはサイエントロジー教会と協力してダウンタウン・メディカル(Downtown Medical)を創立した。これはニューヨークでのアメリカ同時多発テロ事件の際に救出活動等に従事し、有害物質を吸入するなどして汚染された公務員等に対してピュアリフィケーション・プログラムを提供するための寄付を募り資金援助を行う団体であり、プログラムによる好転反応を示す為に、その広告写真には異常な色の汗でびしょぬれになったタオルを持っている患者の様子が掲載されている。このプログラムを受けた消防士の中にはプログラムを気に入ったと発言した者もいるが、群保安消火委員であるフランク・グリボンを含め大多数はプログラムに否定的見解を示している。ピュアリフィケーション・プログラム フレッシュアイペディアより)

  • マタレーズ暗殺集団

    マタレーズ暗殺集団から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    またKGBのエージェント役として、トム・クルーズと交渉している。マタレーズ暗殺集団 フレッシュアイペディアより)

  • 大いなる陰謀

    大いなる陰謀から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『大いなる陰謀』(おおいなるいんぼう、原題: Lions for Lambs)は、2007年のアメリカ映画。ロバート・レッドフォード監督・製作・主演。トム・クルーズとポーラ・ワグナーが経営に就いて以来最初のユナイテッド・アーティスツ作品。大いなる陰謀 フレッシュアイペディアより)

  • 俺のダンディズム

    俺のダンディズムから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    レイバン アビエーター(映画『トップガン』でトム・クルーズが使用)俺のダンディズム フレッシュアイペディアより)

  • ちょこパフェ

    ちょこパフェから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    千代子の父親。天才パティシエ。「伝説のパティシエ」を呼ばれているが、その実は太ってしまって痩せるまでは人前に出られないとして店の奥にひきこもってなかなか姿を見せないようになったため。若いころから「天才パティシエ」と呼ばれ、食材は新鮮なものしか遣わないと断言する強い拘りがある。千代子によると、痩せた姿はトム・ク●ーズばりのイケメン。千代子には甘い。ちょこパフェ フレッシュアイペディアより)

  • 第58回プライムタイム・エミー賞

    第58回プライムタイム・エミー賞から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    司会のコナン・オブライエンが自ら出演したオープニング・シークエンスでは、『LOST』の第1話(しかし、授賞式当日に発生したコムエアー5191便墜落事故により、一部の視聴者からは不謹慎だと批判が出た。NBCは後日謝罪を行なった)、『The Office』、『24 -TWENTY FOUR-』、『HOUSE』、『サウスパーク』のサイエントロジーをネタにした回のパロディ(Trapped in the Closet、日本未放送)などが登場した。『サウスパーク』の部分は、ネタにされたトム・クルーズ(勿論パロディシーンにも登場)を巻き込んだ物議を醸した問題作であり、放送局のコメディ・セントラルで再放送が自粛されたものであった。第58回プライムタイム・エミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • メンフィス・サスペンション鉄道

    メンフィス・サスペンション鉄道から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1993年の映画『ザ・ファーム 法律事務所』での「ミッチ・マクディーア」はトム・クルーズが演じており、彼を殺そうとする「ザ・ファーム」から逃げるために当鉄道を利用している。メンフィス・サスペンション鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングローブ賞 助演男優賞

    ゴールデングローブ賞 助演男優賞から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1999年(第57回) - トム・クルーズ (マグノリア)ゴールデングローブ賞 助演男優賞 フレッシュアイペディアより)

  • バーチャル俳優

    バーチャル俳優から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    マーク・レイナーが1992年に出版した「Et Tu Babe」では「シュワルツェネッガリゼーション(Schwarzeneggerization)」という名称が使われていて、50–51ページに登場人物がビデオショップで従業員にレインマン(ダスティン・ホフマンとトム・クルーズの代替)、マイ・フェア・レディ(レックス・ハリソンの代替)、アマデウス(F・マーリー・エイブラハムの代替)、アンネの日記(アンネ・フランクの代替)、ガンジー(ベン・キングズレーの代替)、素晴らしき哉、人生!(ジェームズ・ステュアート)といった複数の作品での出演者をアンドロイドのシュワルツネッガーに変えることが出来ないか尋ねるシーンが有る。シュワルツェネッガリゼーションはレイナーがこの過程のために命名した呼称であるが、その後わずか10年足らずでシュワルツェネッガリゼーションは現実との差を埋めつつある。バーチャル俳優 フレッシュアイペディアより)

332件中 51 - 60件表示