332件中 71 - 80件表示
  • CIS ウルティマックス100軽機関銃

    CIS ウルティマックス100軽機関銃から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    冒頭の劇中劇「オースティン・プッシー」の撮影現場で、ミニー・ミーを演じるダニー・デヴィートがパラトルーパーモデルを所持。カスタムハンドガードとドラムマガジンを装着。Dr.イーブルを演じるケヴィン・スペイシーと一緒にオースティン・パワーズを演じるトム・クルーズを挑発する中で空に向けて発砲する。CIS ウルティマックス100軽機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • 桜坂洋

    桜坂洋から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年6月6日アメリカ公開、監督:ダグ・リーマン、主演:トム・クルーズ桜坂洋 フレッシュアイペディアより)

  • アン・ライス

    アン・ライスから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ルイジアナ州ニューオーリンズに、郵便局職員の父ハワード・オブライエンと母キャサリンのもと、ハワード・アレン・オブライエン(Howard Allen O'Brien)として生まれた。アイルランド系カトリックの家庭環境下で生まれ育つ。幼かった彼女は男性的なファーストネームを気にしていたため、初めて入学した時にアンと名乗って以来、その名で通すようになった。5人姉妹の一人で、姉に作家の故アリス・ボーシャートがいる。16歳の時に一家はテキサス州リチャードソンに転居し、リチャードソン高校に在学中に将来の夫スタン・ライスと出会った。テキサス女子大学と北テキサス大学で学んだのち、スタンと共にサンフランシスコ州立大学に転校し、学士号と修士号を得た。学部では政治学を専攻していた。1972年8月5日に長女ミシェルを白血病で失ったことをきっかけに1973年に脱稿した処女作「夜明けのヴァンパイア」(Interview With the Vampire)を1976年に出版、「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズでベストセラー作家入りを果たす。1994年に公開されたニール・ジョーダン監督、トム・クルーズ、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラスなどが出演する映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」は、大ヒットとなり世界的に著名な作家となった。1989年にスタンがサンフランシスコ州立大学の教授職を退任したことをきっかけにサンフランシスコ・ベイエリアを離れ、ニューオーリンズのガーデン地区に転居した。アン・ライス フレッシュアイペディアより)

  • スリ・クルーズ

    スリ・クルーズから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    スリ・クルーズ(、2006年4月18日 - )はトム・クルーズとケイティ・ホームズ元夫婦の長女。スリ・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • ユニゾン (アルバム)

    ユニゾン (アルバム)から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスでレコーディングされた。ヒットシングル「エニイ・アザー・ウェイ」、「ユニゾン」(ジュニアが歌い、トム・クルーズ主演映画『栄光の彼方に』の主題歌のカバー曲)、「哀しみのハートビート」、「ザ・ラスト・トゥ・ノウ」(以前に、シーナ・イーストンによってレコーディングされた)、ラジオシングル「ハヴ・ア・ハート」(ディオンの1987年のアルバム『Incognito』の「Partout je te vois」の英語版)などが収録されている。このアルバムはディオンにジュノー賞最優秀アルバム賞と最優秀女性ボーカリスト賞の2つの賞をもたらした。ユニゾン (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ハリケーン (スコーピオンズの曲)

    ハリケーン (スコーピオンズの曲)から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    ジュリアン・ハフとトム・クルーズは、ミュージカル映画『ロック・オブ・エイジズ』のためのサウンドトラックとしてこの曲をカバーした。ハリケーン (スコーピオンズの曲) フレッシュアイペディアより)

  • J・マイケル・ストラジンスキー

    J・マイケル・ストラジンスキーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2007年6月、ストラジンスキーが「シルヴァーサーファー」の映画版脚本を書いたことが発表され、映画が制作されるかどうかは『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』の興行収入次第だとされた。また、トム・ハンクスのプレイトーン・プロダクションとユニバーサルの制作でピューリッツァー賞を受賞した小説 They Marched into Sunlight の映画化が進行しており、監督のポール・グリーングラスの書いた概略を元にストラジンスキーが脚本を書いている。2008年6月のデイリー・バラエティ誌は注目の脚本家10人にストラジンスキーを挙げている。その記事によると、ロン・ハワード監督で進行中の「レンズマン」と The Flickering Light の脚本とトム・クルーズとユナイテッド・アーティスツで進行中の Proving Ground の脚本もストラジンスキーが手がけているという。J・マイケル・ストラジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • バッド・ボーイズ (1983年の映画)

    バッド・ボーイズ (1983年の映画)から見たトム・クルーズトム・クルーズ

    『バッド・ボーイズ』(Bad Boys)は1983年に製作されたアメリカ合衆国の映画。北米週末興行収入成績初登場8位(1983年3月25日-27日付)。ショーン・ペン主演。字幕は進藤光太。ショーン・ペンは、オーディションにてミック・オブライエン役をトム・クルーズ、ケヴィン・ベーコンらと競合した。バッド・ボーイズ (1983年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • サイエントロジー

    サイエントロジーから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    2005年7月11日、パリ市議会はトム・クルーズがサイエントロジーのメンバーであることを理由に名誉市民の称号は相応しくないとの決議を採択した。世紀の二枚目俳優(クルーズ)がパリでは「歓迎すべからざる人物」と規定されたのである。また2006年8月には、パラマウント映画がサイエントロジーの擁護などを理由としてクルーズとの14年間に及ぶ契約を打ち切ると発表した。2007年には映画『ワルキューレ』の撮影においてドイツ財務省がクルーズの同国連邦軍施設内への立ち入りを断るといった事態も発生している。サイエントロジー フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・モートン

    ジョニー・モートンから見たトム・クルーズトム・クルーズ

    1996年製作のトム・クルーズ主演映画『ザ・エージェント』に本人役で出演。ジョニー・モートン フレッシュアイペディアより)

332件中 71 - 80件表示