102件中 61 - 70件表示
  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たビジネス

    トム・クルーズはサイエントロジー教会の熱心な支持者である。 1番目の妻、ミミ・ロジャースを通じて1990年にサイエントロジーに関わるようになったトム・クルーズは公に、サイエントロジー、特にL・ロン・ハバードの勉強の技術が彼がディスレクシアを克服する手助けとなったと発言してきた。人々をサイエントロジーへ導くさまざまなプログラムを支援することに加え、サイエントロジーが完全に宗教として認知されるための活動をしてきた。サイエントロジーはフランスではカルトと、ドイツではビジネスとして認識されているのだが、トム・クルーズは各国の政治家たちに対してロビー活動を行った。2005年にパリ市議会はトム・クルーズがニコラ・サルコジとジャン=クロード・ゴーダンら当局者に働きかけたことを明らかにし、彼をサイエントロジーのスポークスマンであり闘士だと描写し、トムと関わることを禁止した。トム・クルーズはL・ロン・ハバードの著作に基づくデトックスセラピーをアメリカ同時多発テロの救助隊に提供するため、「ダウンタウン・メディカル」という名の施設に出資し、寄付金を募った。このことは医療の専門家のみならず消防士たちからも非難を受けた。このような活動やその他の運動を称えて、2004年の暮れ、デイヴィッド・ミスキャヴィッジはサイエントロジーの勇敢の自由勲章を与えた。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たピープル (雑誌)

    その後、パラマウント映画を傘下にもつバイアコムの会長サムナー・レッドストーンは雑誌『ピープル』誌を通し「彼は素晴らしい友人だった。また友人に戻れることを望んでいる」と語った。また「私は彼を解雇になどしていない。メディアが大げさに書きたてたんだ」などと『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌に語ったが、トム・クルーズ本人は、その後も沈黙を貫き通していた。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見た注意欠陥・多動性障害

    また、トムは注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療薬のリタリンの使用に米国社会が依存していることを厳しく非難している。トム自身も1970年に投薬治療を勧められたが、母親がこれを断った。トムはこれを飲んでいたら今の自分はないだろうと語っている(1970年当時はまだ正式にADHDという概念はなかった)。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たイングランド系アメリカ人

    曾祖父のトーマス・クルーズ・メイポーザーはウェールズからの移民である。その他アイルランド・イングランド・ドイツなどの血を引く両親の間に、ニューヨーク州シラキュース市で生まれた。。12歳のときに両親が離婚したため、経済的に苦しい生活を送った。学生時代はスポーツ(主にレスリング)に熱中するが挫折し、その後演劇に関心を持つようになった。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たサウス・パーク

    また。米国のアニメ『サウス・パーク』で、サイエントロジー信者としての自身がパロディにされてしまった事に激怒し、再放送、他国での放送をやめるように執拗に制作会社に働きかけたことが知られている。アニメの制作会社の親会社が『ミッション:インポッシブル』シリーズの制作会社であった為に、「もしも再放送したら、『M:I:III』のプロモーション活動には一切協力しない」と言った事が有名。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たタイムズ

    2008年1月15日、トム・クルーズを特集したサイエントロジー教会製のビデオが漏洩し、Youtubeにアップロードされた。彼の映画『ミッション:インポッシブル』のBGMが流れる中、トム・クルーズはサイエントロジー信者であることが彼にとって何を意味するかを論じた。『タイムズ』によると、「彼はサイエントロジーの美徳の数々を激賞しているように見え」とあり、『デイリー・テレグラフ』は「インタビューの間、彼は異常者のようにサイエントロジーへの愛を夢中でしゃべっていた」と報じた。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たトップ・ギア

    2010年にBBCの自動車番組『トップ・ギア』にゲスト出演し、有名人が車の運転でタイムを競う人気企画「Star in a Reasonably Priced Car(有名人レース)」で番組通算のトップタイム、1分44秒2(第15シーズン終了時点)を記録した。このチャレンジの最中、路肩を可能な限りショートカットしようとした結果、計らずも片輪走行をすることになった。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見た失読症

    幼い頃から学習障害(LD、具体的には、失読症(Dyslexia:ディスレクシア)つまり書かれた文字を読む上での障害)を持ち、自身、障害者にかかわる映画(『レインマン』)や、この障害の理解を推奨するための映画(『デイズ・オブ・サンダー』)も製作主演している。また、新興宗教であるサイエントロジーの活動(勉強の技術の実践)によりこの学習障害を克服したと語っている。この経験から学習障害児への支援活動にも取り組んでいる。2003年8月には、『ラストサムライ』の宣伝のために来日した際、首相官邸の小泉純一郎首相を表敬訪問、日本の若者たちにと『学び方がわかる本』(ニュー・エラ・パブリケーションズ・ジャパン(株)発行、ISBN 4931223222)を首相に手渡した。2009年1月トムは、スペインの雑誌『XLセマナル』の中で、「誰も解決策をくれなかったけれど、大人になって、サイエントロジーの教育本を読んだことで完ぺきに読解ができるようになった」と語った。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たトゥデイ (テレビ番組)

    トム・クルーズが、女優のブルック・シールズが抗うつ薬のパキシルを、2003年初めての娘を生んだ後の産後うつから立ち直るために服用したことを、公に批判したときに論争が沸き起こった。トム・クルーズは証拠なしに「化学不均衡などは存在しない」と主張し、「精神医学は似非科学の一種だ」と断言した。このことにより『トゥデイ』の2005年6月24日放送分でマット・ラウアと激しい議論をすることとなった。医学の専門家たちは「トム・クルーズのコメントは精神疾患患者に汚名を着せている」と発言し、ブルック・シールズは「トム・クルーズのコメントの数々は母親たちにとって大変な迷惑である」と述べた。2006年8月末にトム・クルーズは自らブルック・シールズに謝罪し、彼女もこれを受け入れた。トム・クルーズのスポークスマンは彼と彼女は関係を修復したものの、トム・クルーズの抗うつ薬に対する立場は変わっていないことを確かにした。ブルック・シールズはトム・クルーズとケイティ・ホームズの結婚式のゲストとなった。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・クルーズ

    トム・クルーズから見たオプラ・ウィンフリー・ショー

    トム・クルーズはケイティ・ホームズに対する感情をメディアを通じて何回か表現してきたが、もっとも顕著なのは人気のある『オプラ・ウィンフリー・ショー』で2005年5月23日に起こった「ソファー事件」である。彼はテレビのセットを飛び回り、ソファーに飛び乗り、ひざまづいては新しい恋人に愛の告白をした。"jumping the shark"というイディオムを捩った"jumping the couch"(ソファーをジャンプする)というフレーズは「誰かが公の場で自分の名声を傷つけるのに十分に極端な形で見境を失う」という意味で使用された。これは短い間人気を博し、『アメリカ・スラング歴史辞典』に2005年のスラング・オブ・ザ・イヤーに選ばれたほか、非営利団体のグローバル・ランゲージ・モニターにトップ・フレーズのひとつに選ばれた。トム・クルーズ フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「トム・クルーズ」のニューストピックワード