前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    過去30年間には帝王ジャック・ニクラスをはじめ、ジョニー・ミラー、ヒューバート・グリーン、トム・ワトソン、セベ・バレステロス、クレイグ・スタドラー、ラリー・ネルソン、フレッド・カプルス、アーニー・エルス、グレグ・ノーマン、ビジェイ・シン、フィル・ミケルソン、レティーフ・グーセン、セルヒオ・ガルシア、デビッド・デュバル、パドレイグ・ハリントン、ルーク・ドナルド、タイガー・ウッズなど数々の世界のトッププレーヤーが参戦したトーナメントである(アメリカPGAツアーは11月初旬にシーズンオフに入るため、他の日本国内大会に比べて有名選手を招待しやすい時期でもある)。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 全英オープン (ゴルフ)

    全英オープン (ゴルフ)から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    こうした特徴から、リンクスコースは経験が必要とされ、近年では2008年に当時53歳で過去当大会の優勝者であるグレッグ・ノーマンが3日目終了時点で首位に立ち (最終的には3位タイ) 、2009年には当時59歳で過去当大会を5度制しているトム・ワトソンが最終日の最終ホールまで首位を守る (最終的にプレーオフでスチュワート・シンクに敗れ2位) など、他のメジャー大会よりもいわゆるベテラン選手と呼ばれる選手たちの活躍が多い。2010年にR&Aはこうした活躍を考慮して、大会出場の60歳定年制を変更し、歴代優勝者のうち過去5年の当大会で上位10位までの選手に大会出場資格を与えることを決定した。トム・ワトソンは2011年以降の当大会にこの資格での出場を表明しており、2011年、2012年と最年長予選通過記録を更新している。全英オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフバトルロイヤル

    ゴルフバトルロイヤルから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    舞台は「ダンロップフェニックストーナメント」と同じ宮崎市にあるフェニックスカントリークラブだが、ここではトーナメントでは使用しない「日南コース」で行われた。また、1993年はトム・ワトソンが設計・監修し、その年にオープンした「トム・ワトソンゴルフコース」で行われた。更に、末期はトーナメントで使用する「住吉コース」及び「高千穂コース」でも行われていた。ゴルフバトルロイヤル フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡充高

    佐渡充高から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    高校時代からゴルフの造詣を深め、上智大学法学部時代にはゴルフ部に属していた。その後ゴルフへの造詣を更に高めるため、中日新聞東京本社に入社し、同新聞社発行のスポーツ新聞・東京中日スポーツのゴルフ記者を勤める。そのゴルフ記者時代にトム・ワトソンのキャディーを務めたことをきっかけに渡米。佐渡充高 フレッシュアイペディアより)

  • ケータイ刑事 銭形シリーズの設定

    ケータイ刑事 銭形シリーズの設定から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    銭形舞第1話「柴田太郎の鑑識メモ」にて「シャーロックホームズの助手のワトソンではなく、PGAツアーのプロゴルファートム・ワトソンでもない。ではだれか、こちらのフリップを皆さん特別にお見せしましょう。N・・・あっもう時間だ。ではまた次回お会いしましょう。ごきげんよう」とのことがあるのでシャーロックホームズのワトソンではないことが分かる。ケータイ刑事 銭形シリーズの設定 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・デーリー

    ジョン・デーリーから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    4歳からゴルフを始め、1987年にプロ入り。デーリーは1991年からPGAツアーに本格参戦を開始したが、その年にいきなり全米プロゴルフ選手権で優勝を飾る。4日間通算 12 アンダーパー(-12, 276ストローク)で回り、2位のブルース・リツキー(アメリカ)に3打差をつけ、ツアー初優勝をメジャー大会で挙げた選手のひとりになった。それから、デーリーは1992年の「BCオープン」と1994年の「ベルサウス・クラシック」で優勝する。デーリーの選手経歴のハイライトは、29歳の時に1995年全英オープンで訪れた。開催コースは名門のセント・アンドルーズにあるR&Aゴルフクラブで、4日間通算 6 アンダーパー(-6, 282ストローク)で並んだコスタンティノ・ロッカ(イタリア)とのプレーオフを制したのである。ロッカは最終18番ホールで難しいチップ・ショットを決め、土壇場でデーリーに並んだが、4ホールによるプレーオフでデーリーの前に力尽きた。“ゴルフの聖地”で栄冠を獲得したデーリーは、30歳の誕生日を迎える前にメジャー2冠(以上)を獲得した4人目の選手になった。(デーリーの前にはジャック・ニクラス、トム・ワトソン、ジョニー・ミラーがいた。)ジョン・デーリー フレッシュアイペディアより)

  • ターンベリー

    ターンベリーから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    開場が1906年で、全英オープンを初開催したのが1977年で、以降2009年まで4回全英オープンを開催している。1977年の初開催時はトム・ワトソンが、ジャック・ニクラスとの真昼の決闘を制して優勝した。ワトソンは59歳だった2009年大会でも2位に入った。(プレーオフの末、惜しくも優勝を逃した。)ターンベリー フレッシュアイペディアより)

  • 1949年のスポーツ

    1949年のスポーツから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    9月4日 - トム・ワトソン(アメリカ、ゴルフ)1949年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    トム・ワトソンはスイングを完璧にしようと考えている。セベは勝つことだけを考えている。(バイロン・ネルソン)セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    全英オープン優勝者:トム・ワトソン(アメリカ)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「トム・ワトソン」のニューストピックワード