前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    過去40年間には帝王ジャック・ニクラスをはじめ、ジョニー・ミラー(1974年優勝)、ヒューバート・グリーン(1975年優勝)、トム・ワトソン(1980年,1997年優勝)、セベ・バレステロス(1977年,1981年優勝)、クレイグ・スタドラー(1987年優勝)、ラリー・ネルソン(1991年優勝)、フレッド・カプルス、アーニー・エルス(1993年優勝)、グレグ・ノーマン、ビジェイ・シン、フィル・ミケルソン、レティーフ・グーセン、セルヒオ・ガルシア、デビッド・デュバル(2001年優勝)、タイガー・ウッズ(2004年・2005年優勝)、パドレイグ・ハリントン(2006年優勝)、ルーク・ドナルド(2012年・2013年優勝)、ジョーダン・スピースなど数々の世界のトッププレーヤーが参戦したトーナメントである(2012年まではアメリカPGAツアーは11月初旬にシーズンオフに入るため、他の日本国内大会に比べて有名選手を招待しやすい時期でもあった)。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 全英オープン (ゴルフ)

    全英オープン (ゴルフ)から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    こうした特徴から、リンクスコースは経験が必要とされ、近年では2008年に当時53歳で過去当選手権の優勝者であるグレッグ・ノーマンが3日目終了時点で首位に立ち (最終的には3位タイ) 、2009年には当時59歳で過去当選手権を5度制しているトム・ワトソンが最終日の最終ホールまで首位を守る (最終的にプレーオフでスチュワート・シンクに敗れ2位) など、他のメジャーよりもいわゆるベテラン選手と呼ばれる選手たちの活躍が多い。2010年にR&Aはこうした活躍を考慮して、選手権出場の60歳定年制を変更し、歴代優勝者のうち過去5年の当選手権で上位10位までの選手に選手権出場資格を与えることを決定した。トム・ワトソンは2011年以降の当選手権にこの資格で出場し、自身の持つ最年長予選通過記録を64歳まで更新した。全英オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡充高

    佐渡充高から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    高校時代からゴルフの造詣を深め、上智大学法学部時代にはゴルフ部に属していた。その後ゴルフへの造詣を更に高めるため、中日新聞東京本社に入社し、同新聞社発行のスポーツ新聞・東京中日スポーツのゴルフ記者を勤める。そのゴルフ記者時代にトム・ワトソンのキャディーを務めたことをきっかけに渡米。佐渡充高 フレッシュアイペディアより)

  • ファジー・ゼラー

    ファジー・ゼラーから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    3歳からゴルフを始め、1973年にプロ入り。1976年には8ホール連続バーディのプロ新記録を達成。プロ7年目の1979年シーズンの3戦目、1月末のサンディエゴ・オープンでゼラーはツアー初優勝し、その資格で初出場したマスターズでメジャー初優勝(ツアー2勝目)。最終ラウンドの終了時点で、ゼラーとトム・ワトソン、エド・スニードの3人が8アンダー(-8, 280ストローク)で並んだため、マスターズ史上初めて「サドンデス・プレーオフ」を行い、ゼラーがプレーオフ2ホール目(11番ホール)のバーディで制した。それまでは、マスターズのプレーオフは翌日にもう1日(18ホールの1ラウンド)延長で実施されていたが、この時からサドンデス・プレーオフ方式になり、現在に至っている。マスターズの大会創設期、第1回大会優勝者のホートン・スミスと第2回優勝者ジーン・サラゼンの後は、初出場で優勝した選手はいなかった。ファジー・ゼラー フレッシュアイペディアより)

  • キャディ (ゴルフ)

    キャディ (ゴルフ)から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    ブルース・エドワーズ - トム・ワトソン、グレッグ・ノーマンのキャディキャディ (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・デーリー

    ジョン・デーリーから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    4歳からゴルフを始め、テレビに映るジャック・ニクラスを手本にスイングを習得して、1987年にプロ入り。デーリーは1991年からPGAツアーに本格参戦を開始したが、その年いきなりクルックドスティックゴルフクラブ(7289ヤード、パー72)開催の第73回全米プロゴルフ選手権で優勝した。ニック・プライスが妻の初産に立ち会うため大会直前に出場辞退して、巡り巡って補欠9番目のデーリーが出場することになり、デーリーは急遽アーカンソー州から会場まで車を走らせ、到着したのは大会初日の朝で、練習ラウンドはおろか、ドライビングレンジで一球も打たずにぶっつけ本番で臨んだが、プライスのキャディの"スクイーキー"ジェフ・メドレンが臨時キャディとして援護して、初日69の好発進、2日目は67、予選通算8アンダーで首位に立つと、3日目69で首位キープ、4日目は71、4日間通算 12 アンダーパー(-12, 276ストローク)で回り、2位のブルース・リツキー(アメリカ)に3打差をつけ、ツアー初優勝をメジャー大会で挙げた選手のひとりになった。この大会ではグレグ・ノーマンも愛用したことのあるコブラ社製作の白色セラミックヘッドのドライバーを使用した。それから、デーリーは1992年9月の「BCオープン」と1994年5月の「ベルサウス・クラシック」で優勝する。デーリーの選手経歴のハイライトは、29歳の時に1995年の第124回全英オープンで訪れた。この大会は名門のセント・アンドルーズにあるR&Aゴルフクラブのオールドコースで開催され、トム・キッドによるセント・アンドルーズ開催の全英オープン初制覇から122年後であり、アーノルド・パーマーの全英オープン引退試合でもあった。デーリーは72ホール終了時点で通算 6 アンダーパー(-6, 282ストローク)で並んだコスタンティノ・ロッカ(イタリア)とのプレーオフを制した。最終日最終組のロッカは72ホール目(最終18番ホール)で、セント・アンドルーズ・オールドコースでの全英オープン史上最も難しいパットと評される「罪の谷」越えの約20mのバーディパットを決めて、土壇場でデーリーに並んだが、4ホール(1-2-17-18番ホール)によるプレーオフでデーリーの前に力尽きた。プレーオフはデーリー1アンダー、ロッカ3オーバーでの決着。1番ホールでロッカが3パット、2番ホールでデーリーが約30フィートのバーディパットを沈めて2打差、17番ホールでロッカがロードバンカーから脱出するのに3打を要しトリプルボギーで勝負あり。“ゴルフの聖地”で栄冠を獲得したデーリーは、30歳の誕生日を迎える前にメジャー2冠(以上)を獲得した4人目の選手になった(デーリーの前にはジャック・ニクラス、トム・ワトソン、ジョニー・ミラーがいた)。この全英オープンでは、ウィルソン社製作のINVEXという名の異形の流線形コンパクトヘッドを持つドライバーを使用した。ジョン・デーリー フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    全英オープン優勝者:トム・ワトソン(アメリカ)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1949年のスポーツ

    1949年のスポーツから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    9月4日 - トム・ワトソン(アメリカ、ゴルフ)1949年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • グリーンの教え

    グリーンの教えから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    2010年4月3日…衣笠祥雄(野球評論家)「成功の確率を倍にしたければ、失敗の率も倍にすることだ」(トム・ワトソングリーンの教え フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフバトルロイヤル

    ゴルフバトルロイヤルから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    舞台は「ダンロップフェニックストーナメント」と同じ宮崎市にあるフェニックスカントリークラブだが、ここではトーナメントでは使用しない「日南コース」で行われた。また、1993年はトム・ワトソンが設計・監修し、その年にオープンした「トム・ワトソンゴルフコース」で行われた。更に、末期はトーナメントで使用する「住吉コース」及び「高千穂コース」でも行われていた。ゴルフバトルロイヤル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「トム・ワトソン」のニューストピックワード