29件中 11 - 20件表示
  • ターンベリー

    ターンベリーから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    開場が1906年で、全英オープンを初開催したのが1977年で、以降2009年まで4回全英オープンを開催している。1977年の全英オープン初開催時はトム・ワトソンが、ジャック・ニクラスとの真昼の決闘を制して優勝した。ワトソンは59歳だった2009年大会も好調で、スチュワート・シンクとのプレーオフの末、惜しくも優勝を逃して2位。ターンベリー フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    トム・ワトソンはスイングを完璧にしようと考えている。セベは勝つことだけを考えている。(バイロン・ネルソン)セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ニクラス

    ジャック・ニクラスから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    リー・トレビノらとともに、セント・アンドリューズのオールドコース開催の全英オープンを“別格”と考える一人である。オールドコースは海岸線に沿った真のリンクスコースだが、多数の小さな起伏やマウンドがあり、打ったボールが着地した後、どのようにバウンドするか、つまり運がスコアを左右するのだという。30歳で、ジョージ・ダグラス・サンダースとの18ホールのプレイオフの末に72対73の1打差でセント・アンドリューズ初制覇 (全英オープン2回目の優勝) したときは、「セント・アンドリューズで勝てて、私は初めてメジャー・チャンピオンになれたと実感した。ここで一度勝つことがどれだけ大変なことか。今回私もそれを改めて思い知らされた」とコメント。ターンベリーでのトム・ワトソンとの真昼の決闘における敗戦の翌年、38歳で再びセント・アンドリューズ制覇 (全英オープン3回目の優勝) したときは、「ここで勝つことが重要だった。本当に自分がナンバーワンでなくなったかどうかは、セント・アンドリューズの72ホールでわかる」とコメント。ニクラスは、最も好きなコースはセント・アンドリューズのオールドコース、最も良いコースは全英オープン初制覇の舞台スコットランドのミュアフィールド、人生最後のゴルフをするならペブルビーチゴルフリンクスであると述べている。ジャック・ニクラス フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・シンク

    スチュワート・シンクから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    2008年2月、シンクは世界ゴルフ選手権シリーズ第1戦のアクセンチュア・マッチプレー選手権で初の決勝に勝ち進んだが、世界ランキング1位のタイガー・ウッズに 8 アンド 7 の大差で完敗し、準優勝に終わった。それからマスターズで自己最高の3位に入り、6月の「トラベラーズ選手権」で4年ぶりのPGAツアー5勝目を挙げる。2009年の全英オープンで、スチュワート・シンクはついに宿願のメジャー大会初優勝を達成した。開催コースはスコットランド・ターンベリーにある海沿いの「アイルサ・コース」(パー70)であった。シンクは4日間通算 2 アンダーパー(-2, 66+72+71+69=278ストローク)のスコアで回り、26年ぶり6度目の優勝を目指した59歳のトム・ワトソンとプレーオフを戦った。全英オープンのプレーオフは(途中経過いかんにかかわらず)4ホールで行われるが、シンクはプレーオフでミスを重ねたワトソンを退け、メジャー初優勝を決めたが、これ以後ツアー優勝がない。スチュワート・シンク フレッシュアイペディアより)

  • ケータイ刑事 銭形シリーズの設定

    ケータイ刑事 銭形シリーズの設定から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    銭形舞第1話「柴田太郎の鑑識メモ」にて「シャーロックホームズの助手のワトソンではなく、PGAツアーのプロゴルファートム・ワトソンでもない。ではだれか、こちらのフリップを皆さん特別にお見せしましょう。N………あっもう時間だ。ではまた次回お会いしましょう。ごきげんよう」とのことがあるのでシャーロックホームズのワトソンではないことが分かる。ケータイ刑事 銭形シリーズの設定 フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ウーズナム

    イアン・ウーズナムから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    両親はウェールズ人で、イングランド領のオスウェストリー生まれ。少年時代、ウェールズとイングランドの国境に接したコースでゴルフを学んだが、その練習場は15ホールがウェールズ領に、他の3ホールはイングランド領に入っていたという。1976年にプロ入り。1982年に「エーベル・スイス・オープン」でプロ初優勝を飾る。1983年からアメリカ代表チームとヨーロッパ選抜代表チームで争われるゴルフ団体戦「ライダーカップ」のヨーロッパ選抜代表に選ばれ、以後1997年の大会まで「8回連続」出場を果たす。1987年と1990年の2度ヨーロッパツアーの賞金王(賞金ランキング1位)に輝いたが、最初の1987年はヨーロッパツアーでの年間獲得賞金額で「100万ドル」を突破した史上初の選手になった。33歳で臨んだ1991年の第55回マスターズ・トーナメントで、2位に1打差の11アンダーパー(-11, 72-66-67-72の277ストローク)でキャリア唯一のメジャー優勝を果たした。ウーズナムは3日目終了時点で-11で単独首位、最終日の4月13日は最終組でトム・ワトソンと午後1時59分(日本時間14日午前2時59分)スタートで廻った。最終日にウーズナムがスコアを伸ばせないでいると、米国のワトソンとスペインのホセ・マリア・オラサバルが追撃してきた。1組前のオラサバルは13番ホールから3連続バーディで、15番ホール終了時点で-11。ワトソンはパットが不調で出入りの激しいラウンドだったが、13番ホールで5mのパットを入れイーグル、15番ホールでも第2打をピン左2.5mにつけて、この日2つめのイーグルを奪って-11。15番ホール終了時点から17番ホール終了時点まで3人が-11に並び、最終18番ホール(パー4)で勝敗が分かれた。まず、オラサバルが18番ホールに臨んだが、ドライバーでの第1打がフェアウェイ左のバンカーに捕まり、続く7番アイアンでの第2打もグリーン手前のバンカーに捕まって、3オン2パットのボギーで-10に後退。最終組の18番ホールの第1打のドライバーショットは、ワトソンがフェアウェイ右の林に打ち込むと、ウーズナムはドローボールで攻めてフェアウェイ左の浅いラフに打ち込み、二人とも第2打はリカバリーショットとなった。ワトソンは3番アイアンで攻めてグリーン手前のバンカーに捕まったのに対し、ウーズナムの9番アイアンのショットは前方のマウンドとバンカーを越え、グリーン左に少し外れたが成功した。ワトソンの第3打はピンに絡んでグリーン奥に3オンしたが距離を残し、短いボギーパットも外して3パットでダブルボギー、-9に後退して3位タイ。ウーズナムはパターで3オンして、残り8フィートを1パットで沈めてパーの逃げ切りで勝利したが、この日4回目の1パットでのパーセーブだった。イアン・ウーズナム フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋常幸

    中嶋常幸から見たトム・ワトソントム・ワトソン

    中嶋が出場した世界4大メジャー大会には33回ともトム・ワトソンも出場しており、2人そろってトップ10入りしたのは3回あり、内訳は86年のマスターズ(46歳のジャック・ニクラスが11年ぶり6度目の大会史上最年長優勝。最終日にワトソンと中嶋は同組で廻り、ワトソン6位、中嶋は日本人で初めて4日間アンダーパーで廻って8位)、87年の全米オープン(ワトソンは優勝のスコット・シンプソンと1打差の2位)、91年マスターズ(最終日18番ホールが勝敗を分け、パーセーブしたイアン・ウーズナムが-11でキャリア唯一のメジャー優勝、ボギーのホセ・マリア・オラサバルが-10で2位、ダブルボギーのワトソンが-9で3位タイ。9度目挑戦の中嶋は-7で10位タイ、大会史上初の3連覇を狙ったニック・ファルドは-6で12位タイ)。中嶋常幸 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回ライダーカップ

    第40回ライダーカップから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    第40回ライダーカップ(だい40かいライダーカップ、40th Ryder Cup)は、2014年9月にスコットランドで開催された男子ゴルフの欧米対抗戦であるライダーカップの第40回大会である。欧州はポール・マッギンリーが、アメリカは史上最年長でトム・ワトソンがキャプテンとして指名した。ヨーロッパが16?対11?でアメリカを下し2010年・2012年に続き3連勝した。第40回ライダーカップ フレッシュアイペディアより)

  • リー・トレビノ

    リー・トレビノから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    1975年のウェスタン・オープンが天候不良で中断されていた時、グリーン脇でキャディバッグに寄り掛かってくつろいでいた彼は、落雷を受けて脊柱を損傷した。トレビノは怪我を負った背骨の椎間板の手術を受けたが、背中のトラブルは彼のプレーを妨げ続けた。それにもかかわらず、1980年のマーク・マコーマックのワールドゴルフランキング(現在のものとは異なる)ではトム・ワトソンに次いで2位にランクされ、1984年の全米プロゴルフ選手権で44歳にしてメジャー6勝目を飾った。リー・トレビノ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たトム・ワトソントム・ワトソン

    全英オープン優勝者:トム・ワトソン(アメリカ)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「トム・ワトソン」のニューストピックワード