26件中 11 - 20件表示
  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た筋萎縮性側索硬化症

    長年にわたってトムのキャディーを務めてきたブルース・エドワーズは、2004年4月に筋萎縮性側索硬化症(ALS)で亡くなった。元々チャリティーに積極的だったトムだが2002年暮れにエドワーズの病気を知ってからは一層熱心に取り組むようになり、現在も積極的な慈善活動を続けている。2003年には、ゴルフを通じて社会貢献した選手に贈られる「ペイン・スチュワート賞」を受賞した。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た2009年

    2009年の全英オープンでは初日から好調で、最終日単独首位に立つも、プレーオフの結果惜敗の2位(優勝はスチュワート・シンク)。59歳のトムが優勝すれば大会史上最年長優勝の記録を142年ぶりにぬりかえることから、観客も大きな声援を送った。トムもそれにこたえるように終始堂々とプレーし、周囲に大きな感動を与えた。また現地コース際でリポートしていた青木功が大会終了後、往年の盟友・戦友であるトムが優勝できなかったことを大いに残念に思い涙した映像がメディアで放送された。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た大和証券

    大和証券(2010年11月よりテレビCMしている企業)トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た全米プロゴルフ選手権

    ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学を卒業し、1971年にクオリファイ・テストに合格。プロ転向後、1974年にアメリカのPGAツアーで初勝利、翌1975年には全英オープンで初優勝し米国中で有名になった。2年後の1977年のマスターズでは帝王ジャック・ニクラスと熱戦を展開して優勝を決め、全英オープンにも優勝して年間2冠を獲得した。1981年にマスターズで4年ぶり2度目の優勝を飾る。1982年の全米オープンで初優勝を果たし続く全英オープンも制覇してメジャー大会に2連勝。1983年の全英オープンで大会2連覇を飾ったが全英オープンを2連覇した選手はそれから23年後、2006年のタイガー・ウッズまで現れなかった(ウッズは2005年・2006年に全英2連覇を遂げた)。メジャー通算8勝を挙げて“新帝王ワトソン”と呼ばれたが、1983年の全英オープンを最後にメジャーの優勝から遠ざかる。翌1984年はPGAツアーで3勝したが、以後はイップスと呼ばれる症状によるショートパットの不調に苦しめられ、1987年にナビスコ選手権で3シーズンぶりに優勝した後は、さらに9シーズン後の1996年にメモリアル・トーナメントまで優勝がなかった。それに続く1998年のマスターカード・コロニアルで優勝したのが、現時点でのPGAツアー最後の優勝である。通算39勝は同ツアー歴代10位タイ。全米プロゴルフでは1度も優勝経験が無く、「キャリア・グランドスラム」の一歩手前の3冠王にとどまっている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たカンザスシティ (ミズーリ州)

    ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学を卒業し、1971年にクオリファイ・テストに合格。プロ転向後、1974年にアメリカのPGAツアーで初勝利、翌1975年には全英オープンで初優勝し米国中で有名になった。2年後の1977年のマスターズでは帝王ジャック・ニクラスと熱戦を展開して優勝を決め、全英オープンにも優勝して年間2冠を獲得した。1981年にマスターズで4年ぶり2度目の優勝を飾る。1982年の全米オープンで初優勝を果たし続く全英オープンも制覇してメジャー大会に2連勝。1983年の全英オープンで大会2連覇を飾ったが全英オープンを2連覇した選手はそれから23年後、2006年のタイガー・ウッズまで現れなかった(ウッズは2005年・2006年に全英2連覇を遂げた)。メジャー通算8勝を挙げて“新帝王ワトソン”と呼ばれたが、1983年の全英オープンを最後にメジャーの優勝から遠ざかる。翌1984年はPGAツアーで3勝したが、以後はイップスと呼ばれる症状によるショートパットの不調に苦しめられ、1987年にナビスコ選手権で3シーズンぶりに優勝した後は、さらに9シーズン後の1996年にメモリアル・トーナメントまで優勝がなかった。それに続く1998年のマスターカード・コロニアルで優勝したのが、現時点でのPGAツアー最後の優勝である。通算39勝は同ツアー歴代10位タイ。全米プロゴルフでは1度も優勝経験が無く、「キャリア・グランドスラム」の一歩手前の3冠王にとどまっている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たグランドスラム (ゴルフ)

    ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学を卒業し、1971年にクオリファイ・テストに合格。プロ転向後、1974年にアメリカのPGAツアーで初勝利、翌1975年には全英オープンで初優勝し米国中で有名になった。2年後の1977年のマスターズでは帝王ジャック・ニクラスと熱戦を展開して優勝を決め、全英オープンにも優勝して年間2冠を獲得した。1981年にマスターズで4年ぶり2度目の優勝を飾る。1982年の全米オープンで初優勝を果たし続く全英オープンも制覇してメジャー大会に2連勝。1983年の全英オープンで大会2連覇を飾ったが全英オープンを2連覇した選手はそれから23年後、2006年のタイガー・ウッズまで現れなかった(ウッズは2005年・2006年に全英2連覇を遂げた)。メジャー通算8勝を挙げて“新帝王ワトソン”と呼ばれたが、1983年の全英オープンを最後にメジャーの優勝から遠ざかる。翌1984年はPGAツアーで3勝したが、以後はイップスと呼ばれる症状によるショートパットの不調に苦しめられ、1987年にナビスコ選手権で3シーズンぶりに優勝した後は、さらに9シーズン後の1996年にメモリアル・トーナメントまで優勝がなかった。それに続く1998年のマスターカード・コロニアルで優勝したのが、現時点でのPGAツアー最後の優勝である。通算39勝は同ツアー歴代10位タイ。全米プロゴルフでは1度も優勝経験が無く、「キャリア・グランドスラム」の一歩手前の3冠王にとどまっている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たミズーリ州

    ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学を卒業し、1971年にクオリファイ・テストに合格。プロ転向後、1974年にアメリカのPGAツアーで初勝利、翌1975年には全英オープンで初優勝し米国中で有名になった。2年後の1977年のマスターズでは帝王ジャック・ニクラスと熱戦を展開して優勝を決め、全英オープンにも優勝して年間2冠を獲得した。1981年にマスターズで4年ぶり2度目の優勝を飾る。1982年の全米オープンで初優勝を果たし続く全英オープンも制覇してメジャー大会に2連勝。1983年の全英オープンで大会2連覇を飾ったが全英オープンを2連覇した選手はそれから23年後、2006年のタイガー・ウッズまで現れなかった(ウッズは2005年・2006年に全英2連覇を遂げた)。メジャー通算8勝を挙げて“新帝王ワトソン”と呼ばれたが、1983年の全英オープンを最後にメジャーの優勝から遠ざかる。翌1984年はPGAツアーで3勝したが、以後はイップスと呼ばれる症状によるショートパットの不調に苦しめられ、1987年にナビスコ選手権で3シーズンぶりに優勝した後は、さらに9シーズン後の1996年にメモリアル・トーナメントまで優勝がなかった。それに続く1998年のマスターカード・コロニアルで優勝したのが、現時点でのPGAツアー最後の優勝である。通算39勝は同ツアー歴代10位タイ。全米プロゴルフでは1度も優勝経験が無く、「キャリア・グランドスラム」の一歩手前の3冠王にとどまっている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たテレビCM

    大和証券(2010年11月よりテレビCMしている企業)トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たライダーカップ

    1988年に世界ゴルフ殿堂入り。1993年にはライダーカップのアメリカチームキャプテンを務めた。現在は米国シニアツアー(チャンピオンズツアー)で活躍している。同ツアーでは2003年チャンピオンズツアー賞金王/チャールズ・シュワブカップチャンピオン/チャンピオンズツアー年度最優秀選手、2005年チャールズ・シュワブカップチャンピオンに輝いている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た日本

    日本とのつながりも深く、「ダンロップフェニックストーナメント」で1980年と1997年の2度優勝している。当大会が開催される宮崎の「フェニックスカントリークラブ」には、彼の名前を冠した「トム・ワトソンゴルフコース」がある。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「トム・ワトソン」のニューストピックワード