1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たダンロップフェニックストーナメント

    日本とのつながりも深く、「ダンロップフェニックストーナメント」で1980年と1997年の2度優勝している。当大会が開催される宮崎の「フェニックスカントリークラブ」には、彼の名前を冠した「トム・ワトソンゴルフコース」がある。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たザ・ツアーチャンピオンシップ

    ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学を卒業し、1971年にクオリファイ・テストに合格。プロ転向後、1974年にアメリカのPGAツアーで初勝利、翌1975年には全英オープンで初優勝し米国中で有名になった。2年後の1977年のマスターズでは帝王ジャック・ニクラスと熱戦を展開して優勝を決め、全英オープンにも優勝して年間2冠を獲得した。1981年にマスターズで4年ぶり2度目の優勝を飾る。1982年の全米オープンで初優勝を果たし続く全英オープンも制覇してメジャー大会に2連勝。1983年の全英オープンで大会2連覇を飾ったが全英オープンを2連覇した選手はそれから23年後、2006年のタイガー・ウッズまで現れなかった(ウッズは2005年・2006年に全英2連覇を遂げた)。メジャー通算8勝を挙げて“新帝王ワトソン”と呼ばれたが、1983年の全英オープンを最後にメジャーの優勝から遠ざかる。翌1984年はPGAツアーで3勝したが、以後はイップスと呼ばれる症状によるショートパットの不調に苦しめられ、1987年にナビスコ選手権で3シーズンぶりに優勝した後は、さらに9シーズン後の1996年にメモリアル・トーナメントまで優勝がなかった。それに続く1998年のマスターカード・コロニアルで優勝したのが、現時点でのPGAツアー最後の優勝である。通算39勝は同ツアー歴代10位タイ。全米プロゴルフでは1度も優勝経験が無く、「キャリア・グランドスラム」の一歩手前の3冠王にとどまっている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たアメリカ合衆国

    トム・ワトソン(Tom Watson、1949年9月4日 - )は、アメリカ合衆国のプロゴルファーである。フルネームはトーマス・スタージス・ワトソン(Thomas Sturges Watson)。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た全米オープン (ゴルフ)

    ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学を卒業し、1971年にクオリファイ・テストに合格。プロ転向後、1974年にアメリカのPGAツアーで初勝利、翌1975年には全英オープンで初優勝し米国中で有名になった。2年後の1977年のマスターズでは帝王ジャック・ニクラスと熱戦を展開して優勝を決め、全英オープンにも優勝して年間2冠を獲得した。1981年にマスターズで4年ぶり2度目の優勝を飾る。1982年の全米オープンで初優勝を果たし続く全英オープンも制覇してメジャー大会に2連勝。1983年の全英オープンで大会2連覇を飾ったが全英オープンを2連覇した選手はそれから23年後、2006年のタイガー・ウッズまで現れなかった(ウッズは2005年・2006年に全英2連覇を遂げた)。メジャー通算8勝を挙げて“新帝王ワトソン”と呼ばれたが、1983年の全英オープンを最後にメジャーの優勝から遠ざかる。翌1984年はPGAツアーで3勝したが、以後はイップスと呼ばれる症状によるショートパットの不調に苦しめられ、1987年にナビスコ選手権で3シーズンぶりに優勝した後は、さらに9シーズン後の1996年にメモリアル・トーナメントまで優勝がなかった。それに続く1998年のマスターカード・コロニアルで優勝したのが、現時点でのPGAツアー最後の優勝である。通算39勝は同ツアー歴代10位タイ。全米プロゴルフでは1度も優勝経験が無く、「キャリア・グランドスラム」の一歩手前の3冠王にとどまっている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たチャンピオンズツアー

    1988年に世界ゴルフ殿堂入り。1993年にはライダーカップのアメリカチームキャプテンを務めた。現在は米国シニアツアー(チャンピオンズツアー)で活躍している。同ツアーでは2003年チャンピオンズツアー賞金王/チャールズ・シュワブカップチャンピオン/チャンピオンズツアー年度最優秀選手、2005年チャールズ・シュワブカップチャンピオンに輝いている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たスタンフォード大学

    ミズーリ州カンザスシティ出身。スタンフォード大学を卒業し、1971年にクオリファイ・テストに合格。プロ転向後、1974年にアメリカのPGAツアーで初勝利、翌1975年には全英オープンで初優勝し米国中で有名になった。2年後の1977年のマスターズでは帝王ジャック・ニクラスと熱戦を展開して優勝を決め、全英オープンにも優勝して年間2冠を獲得した。1981年にマスターズで4年ぶり2度目の優勝を飾る。1982年の全米オープンで初優勝を果たし続く全英オープンも制覇してメジャー大会に2連勝。1983年の全英オープンで大会2連覇を飾ったが全英オープンを2連覇した選手はそれから23年後、2006年のタイガー・ウッズまで現れなかった(ウッズは2005年・2006年に全英2連覇を遂げた)。メジャー通算8勝を挙げて“新帝王ワトソン”と呼ばれたが、1983年の全英オープンを最後にメジャーの優勝から遠ざかる。翌1984年はPGAツアーで3勝したが、以後はイップスと呼ばれる症状によるショートパットの不調に苦しめられ、1987年にナビスコ選手権で3シーズンぶりに優勝した後は、さらに9シーズン後の1996年にメモリアル・トーナメントまで優勝がなかった。それに続く1998年のマスターカード・コロニアルで優勝したのが、現時点でのPGAツアー最後の優勝である。通算39勝は同ツアー歴代10位タイ。全米プロゴルフでは1度も優勝経験が無く、「キャリア・グランドスラム」の一歩手前の3冠王にとどまっている。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「トム・ワトソン」のニューストピックワード